旅行・地域

ベトナムフェスティバル2010

代々木公園で開催されていた

ベトナムフェスティバルに行ってきました。

去年、気が付いた時には終わっていたので、

今年はネットでチェックしていました。

先日、同じ場所でやっていたブラジルフェスから一転、

アジアンな雰囲気でした。

アオザイを着た女性がお出迎え。

スタッフの着ていた赤に黄色字のTシャツも、ベトナムっぽい。

フードコーナーの一番手前はタイやインドネシア料理でしたが、

奥に入るとフォーや生春巻き等のベトナム料理の屋台。

テーブルは既に人が溢れていました。

まず、ココナッツカレーと揚げ春巻きを食べました。

サツマイモ系でした。

ドラゴンフルーツは凍らせているらしく、シャーベットみたいでした。

ベトナム風お好み焼き。

卵にエビ、モヤシ、ネギに、魚醤をかけて、美味しかったです。

マンゴビアと言うのもありました。

マンゴジュースに生ビールを注ぐだけですが。

マドラーでかき混ぜると消えちゃいますが、泡が黄色かったです。

物販コーナーも、食材とか、伝統小物、衣装など、

結構にぎわってました。

ステージのイベントも目白押し。

日本生まれのベトナム人ラッパーのラップは格好良かった。

トルンという竹で出来た木琴ような伝統楽器の演奏。

ベトナムの曲だけでなく、アイリッシュや日本の曲もありました。

涼やかな音色に癒されました。

GYPSY QUEENという日本のバンドがホストになり、

日越アーティストが共演していました。

ナムクウンという男性とホー・クイン・フォンという女性。

バラードとダンスナンバーという感じで、香港明星っぽいのかな。

ベトナム語自体が広東語に語感が近いし。

日本からは氏神一番!!!

あのキャラ、久々に観ました。

イカ天の頃だから20年位ですよね。

残ってるのが、BEGINと浜崎兄貴と彼って、何か笑える。

『お江戸』を『ハノイ』に変えて歌ってました。

そして、ダイアモンド☆ユカイ!

マイクパフォーマンスが格好良かった。

AKB48が今みたいになる前に対抗馬となっていたアイドリング!!!。

そのメンバーで日本生まれのベトナム人フォンチーが、

サポーターというか、メインパーソナリティ的なポジションで進行。

彼女も1曲だけベトナムの有名な曲を歌ったのですが、

その時にだけ、いかにも男臭い青年が声援を送っていました。

料理以外でベトナムに触れる機会ってなかなかないので、

楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

逗子海岸を散策する【2010年、夏】

もう1日、逗子ネタです。

音霊にはトイレがなくて、数十メートル離れた公衆トイレまで行かなければなりません。

開演前と合間合間のトイレ休憩中に撮影した写真を公開します。

湾岸通りの高架を抜けるとまず目に付く赤い奴。

1596

キマグレンの歌にも『天国の郵便ポスト』なんてのもありましたが。

『絵葉書専用』だそうです。

同じ型の奴が海の家の方にもあります。

レスキュー用のサーフボードって、海っぽくないですか?

1597

青い海に黄色が映えます。

真っ黒に日焼けしたパトロールの皆さん、お疲れ様です。

夏は始まったばかりですが、大きな事故がないことをお祈りします。

逗子海岸って、横須賀が近いせいか、外国人が多いですね。

楽しみ方はそれぞれだけど、ワイワイ騒いでいて、楽しそう。

1603

風があったので、波打ち際を歩くのは、気持ち良かったです。

確か去年の公演でMIYAが言っていたのだが、

ステージからは海に太陽が沈む様子が拝めるそうだ。

太陽に背を向けている観客は見ることは出来ないのだけど

1613

この写真の太陽もかなり低くなって、逆光気味だけど・・・。

今度はオレンジ色に輝く空を見てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜名湖ガーデンパークを散策する

すみません。

もう1日、浜名湖ネタを引っ張ります。

ライブ当日は舞阪駅からシャトルバスが出ていたのですが、普通は弁天島駅から路線バスになるそうです。

花博終了後も、設備のいくつかを残して一般に開放している都市型の公園です。

まず、向かったのは南側にある「国際庭園」。

ここにはネパール、中国、韓国、タイ、イギリス等の伝統的な庭園様式を再現していました。

色彩豊な韓国庭園。

Img_3058

インドネシア庭園には、シヴァ神などの石像がいっぱい。

Img_3071

タイ様式の建物。入れないのが残念。

Img_3079

オーストラリアの家。玄関のベンチでボーッとしたい。

Img_3083

中国式の庭は落ち着きますね。

Img_3100

次は、ほぼ中央にある「展望塔」。

Img_3129

Img_3134

300円で360度のパノラマが楽しめます。

浜名湖大橋。

Img_3139

まっすぐな水平線。

Img_3135

水路の左にある建物が屋外ステージです。

水路側を開けて、ライブすることも可能だそうです。

Img_3137

公園内は花や草木でいっぱいです。

Img_3140

Img_3149

こんなオブジェもありました。

Img_3056

ちょっとした竹林もありました。

涼しげで、好きなんですよね。

Img_3144

一番奥にあるモネの庭を模したという「花の美術館」等、行けなかった施設もあったので、また機会があれば、今度はゆっくりと来てみたいと思いました。

もう少し暑くなったら、水遊びの広場で濡れてみたり、レンタルでサイクリングとかも良いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての磐田市

正直、サッカーでジュビロ磐田が出てくるまでは、ピンと来なかったはずです。

駅が既にジュビロだらけでした。

Img_2338

駅へと向かう階段もジュビロです。

Img_2342

しかし、駅前には驚いちゃいました。

ファミマ以外、何もなかった!

でも、こんなのや、

Img_2344

こんなのもあって、

Img_2343

サッカー王国っぽいですよね。

スタジアム(ヤマハ磐田事業所)へは、バスで10分程度です。

バスの初乗りが100円というのは安いなぁ。

スタジアムの最寄の西貝塚北という停留所まで160円でした。

バスに揺られて、駅前より国道沿いの方が開けていることを知りました。

食事できる店が並んでいました。

自販機や

Img_2340

カーブミラーも

Img_2345

ジュビロ仕様です。

ミラーには良く見ると人の姿が・・・。

(モザイクかけさせてもらいました!)

帰りはタクシー呼ぶか迷ったんだけど、路線バスを40分待つことにしました。

地元の人は歩いている人もいましたね。

清宮監督が試合後の記者会見で「来年もここでやりたい」と言ったみたいなので、今度は早めに磐田入りして、途中の食堂で食べてからスタジアム入りしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府駅前散策 【甲州ほうとう 小作】ほか

甲府って、ちょっとした都会ですからね。

観光と言っても、駅の近くだと武田神社位ですかね?

何度も来たことあるのに、石和温泉とかも行ったことないし・・・。

とりあえず、駅前の信玄公をパチリ。

Img_2320

なかなか格好良いですね。

折角なんで、郷土料理っぽいのが良いなということで、「ほうとう」を食べることにしました。

駅前の商店街の入り口にあった【甲州ほうとう 小作】さんへ。

Img_2321

ベーシックなのは、南瓜をメインにしたほうとうみたいなのですが、様々な種類のほうとうがありました。

新メニューで「カレーほうとうなんてのも有りました。

悩んだ挙句、オーダーしたのは、「猪肉ほうとう」2,000円でした。

本当は「鴨肉ほうとう」1,500円にしたかったのだけど、金曜日の夕飯が「鴨のパストラミ」だったのですよねぇ。

Img_2323

出てきたのが、こちら。

普通のメニューより一回り大きな鉄鍋に入っていました。

カボチャ、じゃがいも、ニンジン、山菜、細かく切った葱。

そして、猪肉。

出てきた時は若干コリッとした感触だったのだけど、鉄鍋の中で温められている間に柔らかく、香ばしくなっていきます。

じゃがいもが、メークインだったのか、型崩れせずにゴロっと存在していたのが、僕的には残念でした。

主役のはずの「ほうとう」の影が薄くなっていたかも・・・、。

超猫舌なので、食べるのに難儀しましたが、ものすごい満腹感でしたよ。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

さて、帰りのあずさでの、おやつタイムです。

改札横にある神戸屋ベーカリーの三種の豆パンとレーズンパン。

それと、山梨と言えばやっぱりワインでしょ、とカップワイン【蒼龍 甲州】。

Img_2327

ワインは美味しかったけど、やっぱり安物でもビンからグラスに入れて飲んだ方が美味しいですよね。

パンも、ピザとかチーズ系にすれば良かったと、少し反省しています。

次は(あるかどうか分かりませんが)、そうします。

本を読むつもりが、ほろ酔いで軽く瞳を閉じていたら、相模湖を通過していたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・喰い倒れの旅【鶴橋・つるはし まぐろ食堂】

前回の予告通り、まぐろを食べに行ってきましたよ。

つるはし・まぐろ食堂。

Img_2360

11時30分開店で、僕が鶴橋に着いたのは12時ジャストだったのですが、既に10人並んでいました。

それで10分位並んでいる間に、ずっと先の方まで列が出来ていました。

最近、テレビでやったみたいですね。

メニューです。

Img_2361

当然ですが、まぐろ尽くしです。

悩みましたが、赤身・中トロハーフ丼、1,350円に決めました。

Img_2362

親父さんの話しでは、「小が普通の店の大盛り」だそうだが、並を頼んだら、ご飯が見えない位、まぐろになっていました。

たたきも2枚のっています。

まずはトロを!と思ったら、ガリッ!

おかみさんが、「油はまだ凍ってるでぇ。口の中で溶かしてなぁ」だって。

早く言ってよ!

ということで、まず赤身の方から攻めることに作戦変更。

赤身でも十分に旨いです!

そして、そろそろ溶けた中トロを口の中に入れたら・・・。

とろけました。

食べる前は、1,350円は高いかな、と思ったけど、納得のお値段でした。

ご馳走様です!

<おまけ>

試合中にお腹空くといけないので、この前紹介したチヂミ屋の前にある「土井商店」さん韓国風海苔巻「キンパ」を買っていきました。

Img_2383

ここの店の海苔巻は、他の店より細めで、食べやすいですね。

おやつにもピッタリだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋ですねぇ~【散歩ノススメ】

11月に入った途端にすっかり秋になりましたね。

先日、府中に行った時、京王線の駅前の大国神社では七五三のお参り客が沢山いました。

Img_1974

Img_1975

でも、やっぱり縁日ですよね。

中学生の時、地元のお祭りの縁日を手伝っていました。

と、言っても、プロの方の屋台ではなく、町内会の屋台のね。

1年生の頃は、金魚すくいとか、ラムネだったけど、上級生になると氷屋、フランクフルトなどの調理物もやらせてもらいました。

そして、3年生の時は、一人で綿あめ屋を任されてました。

1日で蕎麦屋の師匠を抜いてしまったのですよ。

だから、縁日を見ると懐かしくなります。

Img_1984

この日は鯛焼(@\100)を購入。

皮がサクサクしていて、餡子はしっとり。

美味しかったですよ。

Img_1988

店のオッサンが、買い食い中の中坊に「そんなチョコバナナより、こっちの方がウメェぞ」って言っていました。

暦の上では立冬。

冬本番になる前に、チョットそこまで、近所を探索するのは如何でしょうか。

意外な発見、穴場な食堂を見つけたりなんかしちゃうかもしれませんよ。

Img_1991

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台発信のミュージックシーン

まだ押すかの仙台編です。

だって、週末をTIFFで過ごしたから、ネタがないんですもん。

てなことで、今回は時間があったので、駅前のLoftに入っているHMVへ行ってみました。

「別に仙台でCDなんか買わなくても」と言われる方もいるかもしれませんが、最近のヒットチャートを見てみると、仙台出身のミュージシャンが増えているのです。

例えば、『西遊記』の主題歌で注目されたMonky Majikや、映画『僕の彼女はサイボーグ』のHi-Fi Camp、Clubシーンで活躍中のFreeTempこと半沢武志など。

古くはハウンド・ドッグ、坂本サトルなんてのも仙台発信型でしたし、さとう宗之もそうでしたが、「最先端の音楽は仙台から」ということで、ディスプレイされているCDを見るだけでも、何か特徴があるのではないか、と睨んだ次第です。

で、試聴して選んだのが、次の2枚でした。

Sendaicollecompi

10月17日に開催されたファッションショー【仙台コレクション】のためにセレクトされた楽曲を集めたコンピレーション・アルバムです。

Daishi Danceや金原千恵子など最近のハウスシーンの王道から、島谷ひとみのリミックス曲まで、なかなか楽しい選曲でした。

そして、もう1枚は、仙台Hip-Hop界の最重要ユニット・GAGLEの新作。

Gagle_2

彼等は、メジャーレコード会社からもCDをリリースした実績があって、前作は試聴したことはありました。

1曲目のインスト曲、2曲目のイントロ部分を聴いたら、すっごい格好良かったので、今回はミニアルバムでお手軽価格ということもあり、購入してしまいました。

その他にも、仙台のミュージシャンのCDが、知っているミュージシャンから、未聴の新人まで、棚に陳列されていました。

旅先でCDショップに入って、東京では発掘できないような掘り出し物を見つけるのは、多分、僕のライフワークになるような気がしています。

もちろん海外旅行中でも、試聴&ジャケ買いで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台グルメ紀行 '08秋【旨味伝承 たん助】

毎度おなじみの仙台グルメです。

毎回、【喜助】さんなので、違うところにしようと思ったのですが、駅ビル内の【喜助】の隣りの店【たん助】さんに入ってみました。

Img_1964

オーダーしたのは、ゆでたんとたんシチュー。

まず、ゆでたんは、その名の通りたんを茹でたものに、長ネギを細かく切ったものとカイワレ大根が添えてあります。

酒の肴ですね。

Img_1960

たれは、からし醤油、わさび醤油、おろしポン酢から選べるのですが、わさび醤油をチョイスしました。

トロ~としていて、美味いです。

普通の焼きより好きかも。

これ、わさびを乗っけて、岩塩を付けるだけでも美味しいかも。

これで550円は安いです。

そして、メインディッシュのたんシチュー。

ずっと気になっていたんですよね。

デミグラスソースに、大きく切られた牛タンが数切れ入っています。

Img_1963

柔らかさでは、ゆでたんの直後に食べたので、インパクトに欠けた部分は正直あるのですが、舌のくせにこれだけの大きさのブロックであるということが、スゴイですよね。

こちらは麦飯にサラダとスープが付いて1,300円と結構良い価格ですが、美味しかったです。

やはり年に1度は仙台に来たいですね。

牛タン、最高です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台グルメ紀行【牛たん・喜助&駅弁】

折角、仙台に来たものの、日帰りなので慌しく、走って移動していました。

そこで、時間のない人でも楽しめるお店と駅弁を紹介しましょう。

Img_1571_2まず、仙台と言えば牛タンということで、駅前のビルに入っている【喜助(本当は「七」が三つ)】さん。

前回もこちらでランチをいただきました。

店の大きさは広くはないのですが、老舗らしく、芸能人のサインが並んでいます。

『ウォーターボーイズ』の矢口監督なんてのもあったのですが、その隣りにはボーイズの一人だった玉木宏君のサインも。

当時は、こんなに有名になるとは、正直思っていなかったです。

Img_1568牛タン定食が、麦飯、テールスープ付きで1人前1,500円。

塩、タレ、味噌から、チョイスできます。

今回は塩味にしてみました。

味噌ってのも惹かれるところあるので、次回はトライしてみようかな。

前に牛タンシチュー(900円)も食べたことがあるのですが、美味しかったですよ。

夜はお酒も飲めるので、茹で牛タン、牛タン・ソーセージ、焼きホヤ(これも宮城っぽいですよね)なんてメニューもあります。

今度は夜に来てみたいなぁ・・・。

駅前なので、最終の新幹線でも多分、大丈夫でしょう。

Img_1602さて、帰りは本当に新幹線に飛び乗ったので、駅弁を購入しました。

ウニ飯弁当とかもあって、時間がないなりに悩んだのですが・・・。

【女将のおもてなし弁当・宮城松島編】(1,100円)を購入。

この弁当、内容がとにかくスゴイんです。

Img_1604・菜の花と花小海老のお浸し
・牡蠣とほうれん草の柚子味噌田楽
・小海老とあさりのかき揚げ
 筍の藻華揚げ
 しし唐素揚げ
・飛龍頭 クコの実
・まぐろの竜田揚げ
・牡蠣マリネ
・牡蠣飯&鰻ご飯
・あさりと海苔の佃煮

どうですか?食べたくなったでしょう?

とにかく、牡蠣が好きなんですね。

そう言えば、松島の漁港で【焼き牡蠣食べ放題】があるって、TVで観たんですよね。

やっぱ、来るなら、泊まりだなぁ・・・。

さて、弁当とお茶を購入した人には携帯ストラップをプレゼント中なのだそうです。

が、たまたま在庫切れでした。

オバちゃんが隣りのキオスクに取りに行こうとしたのだけど、時間ないのでもらいませんでした。

チョット、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧