スポーツ

新宿FACE

書く機会を逃していたのですが、先日、新宿歌舞伎町のド真ん中にある新宿FACEというところに行ってきました。

実はここ、元はライブハウスのリキッドルームがあったところなんですが、最近ではプロレス興行なんかに使われているそうなんです。

そうなんです。

友人に誘われて、プロレスを観てきました。

思い出してみたら、両国国技館へ新日本プロレスを観に行ったのが9年前でした。

今回観たのは新日、全日といった大手の団体ではなく、いわゆるインディーズ系の小さなプロレス団体の主催試合だったのですが、これが結構面白いんです。

集まってくるのはムサイ男子ばっかりなんだろうなぁ、と思っていたのですが、以外に若い女子が多いのでビックリ!

全身白塗りの選手とか、超巨漢選手、覆面レスラーとかは、いかにもインディーズっぽくて、ユニークでした。

1メートル60センチ級のちびっ子選手が複数参戦していて、その対戦はメチャクチャ、ハイスピードで、アクロバティックで、何度も「オ~!!」と声を上げて、観ていました。

サイズ的に大手の団体ではデビューが難しいかもしれないだけに、真剣だし、楽しくて仕方ないって感じが好感持てました。

試合終わりに入口前で次の興行のチケットを販売している選手に握手してもらったのですが、背は小さいのですが、手は分厚くて、硬かったですね。

でも、近くで見ると、身体中、引っ掻き傷が一杯で、チョット痛々しい。

元ライブハウスだけあって、ドリンクチケットが付いてくるのもなんか不思議です。

会場もリキッドルームのまんまで、カウンター席とかも残っていましたしね。

東京には他にも会場があるのですが、新宿FACEでも月に何度も興行されているみたいなので、定期的に観にいくのも、面白いかもな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

judo!! 嘉納治五郎杯東京国際柔道大会2008ワールドグランプリ

今日の午後は会社を半休して、柔道観戦に行って来ました。

柔道を生で観るのは、何年振りだろう。

でも、柔道は昔からすごく好きで、何しろ大学の体育は柔道を選択した位ですから。

得意技は大外刈りです。

って、自分の話は置いておいて・・・。

えー、今日は男子の60kg級、66kg級、女子の78kg級、78超級の4階級が行われました。

男子66kg級には、アテネ、北京の五輪二連覇中の内柴正人選手が出場します。

どうせならウッチーの試合が観たいなぁ、と思ったら、半休するしかなかった。

なぜって・・・。

昨日、フェンシングの日本選手権もやっていたけど、五輪フィーバーで引っ張りまわされてりゃ、練習なんか出来てないわけでしょ。

ウッチーと言えば、肘の手術したりもしたし、今回の大会は、協会から盛り上げ役に頼まれて出場する感じで、決勝まで残れないんじゃないかなぁ・・・と。

で、1回戦は香港の選手とだったんだけど、1分も掛からずにあっさり押さえ込みで一本だったのですよ。

あれっ?ウッチー、切れてる・・・?

66kg級は、昨年の世界選手権優勝のブラジル・デルリ選手や北京銅メダルのキューバ・アレンシビア選手の出場する予定だったのだけど、キャンセルされていました。

代わりという訳ではないけど、北京では60kg級で金メダリストの韓国チェ選手が階級を上げて出場。

モンゴルからも特別招待選手としてツァガンバータル選手が出場していて、彼がウッチーの二回戦目の相手。

ずっとポイント1つリードしていたのだけど、残り1分というところで、おやっ、って感じで落ちてました。

決め技は、谷落としだったそうです。

んーーーー、残念。

まぁ、それでも今回は出場してくれたことに意味があるというか、また復活してくれるでしょ。

信じていますよ。

で、優勝したのは、60kg級から階級を上げて参加のベテラン・江種選手でした。

さて、ケガでリハビリ中の天才・野村の不在で、若手にチャンス到来の60kg級。

制したのは、秋元希星選手、筑波大4年生。

軽量級はスピードがあって面白いけど、何か、細いよなぁ・・・。

66kg位になると、ズングリしているけど。

会場で見た有名人は、山下先生、篠田新監督、キャスター・井上康生&大橋アナ、応援に来ていた塚田真希、そして、プロ格闘家・秋山成勲選手!

そうそう、韓国選手の勢いは凄かったんだけど、応援が更に凄かった!

まるで韓国のホームで観ているようで、日本の応援は完璧に負けていました・・・。

久々だったこともあって、なかなか楽しめました。

また機会があったら、観に行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCフットサル選手権2008壮行試合!! 日本vsウクライナ

Img_1510GW2日目の今日も原宿です。

国立代々木体育館で、フットサル日本代表のアジア選手権の壮行試合が開催されました。

対戦相手はウクライナ。

フットサルのワールドカップに2大会連続で出場を決めたばかりの強豪らしいです。

日本はタイで行われるアジア選手権で4位以内に入れば、ワールドカップに出場できます。

過去6年間連続で決勝進出し、一昨年(2006年)にはアジア王者に輝いた、我等がジャパンですが、今日は勝って、弾みをつけて臨んで欲しいですね。

Img_1513

P1060241

日本代表が小兵が多い中、ウクライナは体格の良い選手が多いですね。
いわゆるヨーロッパ系のイケメン顔が並んでいます。

どうしても知っている選手(比嘉リカルド選手、藤井健太選手、金山友紀選手)に注目してしまうのですが、スペインリーグで活躍する小野選手の動きの良さや、逆転ゴールを決めた岸本選手の勝負強さなんていうのも観ていて、楽しめました。

まぁ、そこは外さないでしょ、ってドフリーのシュートを外した場面、いくつかありましたけど・・・。

とりあえず、2-1で勝利!

P1060271

P1060299

P1060307

アジア選手権での優勝、そしてワールドカップでの上位進出、ウクライナと再戦とかになったら、嬉しいですね。

本日の来場数は4,800人だそうです。

こんなもんかなぁ、という部分と、昨今のフットサルの人気を考えれば、もっと入ってもよさそうなものです。

サッカーに比べて、まだまだ宣伝不足なんでしょうか・・・。

結構展開がスピーディで、スペースが多いから球出しの選択しがあって、レシーバーの走りが間に合うと、思わず「上手い!」って、声が出てしまう。

Fリーグの選手も観戦に来ていたようですが、観客との距離が近いというか、割と気さくな兄チャンが多いのも特徴ですよね。

僕は好きなんだよなぁ・・・。

P1060328

P1060330

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京から韓国へ!エールを送ろう!

GW初日。

前に少し書いたのだけど、本当ならば、韓国の地に飛んで行きたかったのだが、会社の行事やら、家庭の事情やらで、結局は東京におります。

本日は仁川でラグビー日韓戦が、今日と明日の2日間、済州島で柔道アジア選手権が開催された。

ラグビーは、39-17で日本が勝ったみたいですね。

ファースト・トライは、有賀剛ちゃんだったみたい。

ザワもゴール!

青木と篠ちゃんも先発出場、尾崎も途中出場したみたいですね。

観たかったなぁ・・・。

柔道では、100kgの桂治(アジア選手権は欠場)、90kgの一本釣り泉ちゃんは、オリンピック代表決定したみたいですね。

明日は、ウッチー(内柴君)が登場。

アテネの時もアジア選手権で勝ち残って、金メダルまで登り詰めただけに、頑張って欲しいなぁ。

東京からエールを送ります。

ガンバレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京への道!柔道ニッポン候補発表!

ゴールデンタイムに柔道体重別選手権の試合中継が放送されていたので、観ていました。

井上康生クン、良かったね!
代表発表は、29日の日本選手権まで持ち越しだけど、勝って、候補に残れて良かった。

谷亮子の初戦で見せた切れはスゴイですね。
投げられた、と思ったら、投げ返してた。

決勝では、技を掛けさせてもらえず、負けてしまいました。

彼女に勝つにはああするしか方法がないのかもしれないけど、勝った彼女に悪いが、あそこまで引かれると、観ていても面白くないのだけど・・・。

それでも、谷選手は代表決定!

「ママでも金」、達成して欲しいですよね。

アトランタの年の冬。たまたま通りかかった東京体育館での試合を観て以来、ずっと応援していた野村忠宏クン。

4連覇の夢は破れたのは、残念。

しかし、『ジャンク』での発言は楽しみ・・・かも。

そして、そして、ウッチー、おめでとう。

アテネの時から応援していて、偶然に有賀剛ちゃんのお友達ということを知り、実際に府中で見かけて、親近感を持っていたウッチーこと内柴正人選手が優勝しました。

(試合は昨日なので、朝刊で確認しました。)

北京代表だぁ・・・と思ったら、世界選手権でアッキーが負けたので、日本まだ派遣資格持ってなかったのね。

アジア最終予選、ガンバレ!

って、それって、いつ、どこでやるの?

調べてみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ第32節! FC東京vsガンバ大阪@味の素スタジアム

Img_4952Jリーグも残すところ3試合。
「今年の観戦も今節が最後かなぁ」と、飛田給に行ってきました。

味スタはやっぱりきれいで良いなぁ。
駅から遠くないというのも【○】です。

1位の浦和を勝ち点5差で追いかけるガンバ大阪。
次節はもう一つの優勝争いに加わっている鹿島が浦和と直接対決だもんだから、残りは全て勝たなければいけません。

なのに・・・。

前半からFC東京の方が押し気味で、前半終了間際にマグがゴールを決めて、1点先制するも、何となく勝てる気がしなかったんですよね。

Img_5022案の定、後半もFC東京ペース。

微妙なプレイで茂庭がレッドカードになり、人数的には優位に立ったはずなのに、ガンバ側に全く動きが見られなかった。

茂庭のファールですが、丁度、僕の座っていた席の目の前で起きました。
本人も抗議していましたが、全く故意ではなかったし、危険な感じもなかったので、「へっ?何?」って感じでした。

Img_5023このレッドカードで、むしろ、FC東京の方が、今野が最終ラインまで下がってディフェンスが固くなって、フォワードに攻めようという姿勢が感じられました。

今野、良いですね。
前半からディフェンスにしろ、パスにしろ目立ってました。

ガンバは、マグにしても、バレーにしても、二川にしても攻めているのだけど、最後の最後が決まらない。

やっぱり、実はそんなに好きではないのだが、ケガで欠場した安田のような突貫ボーイが必要なのかなぁ。

Img_5027シジクレイ、智、加地君のバックス陣も懸命に守っているのだが、今日は綻びが目立ちましたね。
加地君が逆サイドや、前線に飛び出してしまうと、右サイドはがら空きになっていましたね・・・。

そして、ルーカスに同点弾を浴びせられました。

西野監督は選手交代のタイミングが遅いのかもしれませんね。

そりゃあ、スタメンが90分間ずっとベストなパフォーマンスが出来れば、それに越したことはないけど。
寺田やマグは疲れているようにも見えました。

Img_4945どうせ出すのだったら、竜二にしろ、家長にしろ、もう少し早く投入しても良かったのではないでしょうか。

FC東京が、早め早めに交代させて、後半にペースを上げていったのとは、好対照でした。

大阪のサポーターはストレートですよね。
試合終了後に、選手が挨拶に行くと・・・。

「こらぁ、ボケ~ェ。西野ォ、謝りに来んかい、ワレ~ェ。」だよ!

竜二の目にウッスラ涙が浮かんでいた(ように見えた)のが、印象的でした。

次節、鹿島が浦和と引き分けてくれたら、連勝で優勝の望みがあるのか・・・。

浦和がアジア・チャンピオンになって、来年のACLには天皇杯準優勝チームとして出場が決まっているけど、やっぱりJでもそれなりの成績を残してもらいたいですからね。

残り2試合は西日本なので観戦には行けないけど、彼等を信じて、東の街から応援しています。

Img_4929Img_4942Img_4951Img_4990Img_4992Img_4997Img_5069Img_5081Img_5083Img_5085Img_5087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ第31節! ガンバ大阪vsJEF千葉@大阪・万博記念競技場

Img_4728さて、東大阪市から北に向かって電車を乗り継ぎ、やって来ました万博記念公園。

関東の人間なのに関西のサッカーチームのファンをしていると、必然的にアウェイの試合しか観られないのです。
「一度で良いからホームの試合を観たい!」と、この強行軍のツアーを思い立ったのです。

しかし、結局は1時間以上かかってしまい到着したのは15時15分過ぎ。
事前にメイン側自由席のチケットを買っていたのですが、最終的に完売になったらしく、ホーム側はほぼ満席。
仕方なくアウェイ側に座ることにしました。
しかし、こちらも詰めなければ座れない状況でした。

しかし、ホームだとスゴイですね。
ゴール裏のアウェイ・サポーター席以外は、ブルーに染まっていました。

Img_4710でも、ちびっ子サッカー軍団からは、千葉の選手が練習に出てくると、一斉に「マキィー」って声援が聞こえました。
ちびっ子にとっては、地元大阪より日本代表なのかな。

でも、巻選手が人気あるのだけは良く分かりました。

さて、ガンバのスタメンは先日のナビスコ決勝と同じ面子。
水曜日の天皇杯でJ2山形相手に延長でも勝負がつかずPKで辛勝したというだけあって、本日もイマイチかなぁ、という展開でした。

実際、千葉の方が攻めている時間が多かったし。
シジクレイ、加地君ともに細かなミスはあったものの、しっかりを守ってくれていました。

少ないチャンスをバレー、マグノとシュートを放つのだけど、ことごとく入らない。
マグノのシュートなんて、キーパーも前に出てきてしまって、ガラ空きだったのに・・・。
サポーターからは「今日はゴールに見放されたか!?」って声も挙がっていました。

Img_4771しかし、後半13分。
ゴール真ん前でボールを受けた遠藤ヤットがシュートするかと思ったら、やさしいパス。
「こんなところで、また・・・」と、諦めかけた瞬間にバレーがシュート。
ゴーーーーール!!

やりました!
この一発を待っていたんです!
ブルーが揺れています!

3分後に、ヤットが今度は自陣からのロングパスをバレーが合わせて2点目ゲット。
これで少し安心して観ることができる・・・。

Img_4812しかし、改めてフィールドを見ると、ガンバはヤット、加地君、安田、途中出場の竜二。
ジェフ千葉も巻は途中交代したものの、羽生、水野、途中出場の水本と何気に豪華なタレントがそろっています。

こうなると、彼を観るしかない!!
最近、最もお気に入りの男。
ガンバ、8番・家長昭博。

川渕キャプテンも「試合に出られないなら、海外で修行してくるべき」と言う、ニッポン期待の未来のスター選手。
なのに、なぜかJリーグで観たことがほとんどない。
(31節中27試合出場ということなので、単に僕が観た試合にだけ出ていないということなのだけど・・・。)

累積で北京五輪予選のベトナム戦に行けないから、Jリーグに出て欲しい、と大阪入りした部分は多分にあるのだけど・・・。
西野監督は、今節も彼に出番を与えてくれなかった。
チョット、いや、かなり、フラストレーション。

Img_4714Img_4738Img_4774

Img_4741Img_4793Img_4804

とりあえずホームで勝って良かった。
優勝も首の皮1枚でつながったし・・・。

明日、フロンターレがお疲れモードのレッズを負かしてくれたら・・・。
今節だけは川崎の応援しちゃいます。
期待してますよ。

そして、来週は味スタで東京FC戦。
チケットの準備もOKです。

大阪モノレールは予想していたより混雑しておらず、予定していたのより早い新幹線に乗ることが出来ました。
駅弁も、ビールにツマミも、買う時間はなかったけど・・・。
代わりに、このレポをまとめる時間が出来て良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマザキナビスコカップ決勝!川崎フロンターレvsガンバ大阪@国立競技場

Img_4304ヤマザキナビスコカップの決勝@国立競技場です。

よく考えたら、Jリーグで優勝決定の瞬間に立ち会うのは初めてのことでした!

そして、どちらが勝っても、初優勝!
盛り上がっています。

友人は川崎側で、僕はガンバ側でバラけて観戦しておりました。
しかも、なぜか試合開始直後から急に携帯の電源が切れて、連絡がつかなくなってしまった・・・。

Img_4314試合前は「ガンバが優勢かな」なんて話していましたが、ガンバはここ数試合は良いところがなく、対するフロンターレは大量得点、しかもジュニーニョ以外の選手が活躍しているのが、気になるところです。

国立競技場も4万人以上が詰めかけ、サポーター軍団の声援がスゴイことになっていました。

両チームともプラカードを使っていましたが、一面スカイブルーのフロンターレ・サポーターに対し、紺、白、黒でクロスを作ったガンバ・サポーター。
キレイでした。

前半はどちらのチームもゴールを決められず、一進一退の好ゲーム。
今日は決戦なので、得点がなければ、延長戦、さらにはPKまであるのかな、と覚悟をしつつ、ドキドキしていました。

Img_4378均衡を破ったのは、後半10分。
ガンバ大阪の金髪・安田がこぼれ球を押し込んで、先制点をあげました!

これが唯一の得点となり、そのまま安田がMVPに選ばれました。
昨日の前夜祭でニューヒーロー賞の受賞もあったそうで、W受賞です。

Img_4382

いやぁ、しかし、安田のコメント聞くと、19歳とは言え、かなり頭悪い子の発言ですねぇ。
ガンバ側だから微笑ましく聞いていられるものの、川崎サポーターにしてみたら「っざけんなよッ!!」って感じだろうなぁ。

でも、対面の川崎の森勇介選手はメチャクチャ足が速いっすね。
これだけは完全に抜かれていました。

個人的には、今日はジュニーニョの一人旅を全く許さなかったシジクレイ、絶好調の在日コリアン・鄭大世を徹底マークした加地君のディフェンス陣の健闘を称えたい!

テセには何度か上手いってプレーを見せつけられたけど、ジュニーニョに至っては、「マジ、ヤバイ」ってのは1回位だったので・・・。
表彰式での外国人選手たちの喜びよう、やっぱ、違いますよね。
シジクレイ、面白かったです。

Img_4403それから、遠藤ヤット-中村憲剛の司令塔対決も楽しみにしていたのですが・・・。

ヤットは本当に視野が広くて、「何でそこにスペースがあるのが見えるの」って絶妙なパスを出していたのだけど、「ここは自分でいっちゃえ!」ってとこでも、やっぱりパスなんですよね。

その点、憲剛は自分でも蹴っちゃうのが魅力なのだけど、今日は余り切り込む機会がなかったかな・・・。

てな訳で、今日のところは引き分けということで。

Img_4402代わりというわけではありませんが、今日はガンバ10番二川選手が気になりました。

背が低い選手が多いガンバにあっても、二川選手は168cmだそうですね!

確かなテクニックに裏付けされた攻撃的MFということで、常にボールに絡んでいました。

小っちゃい選手が活躍すると、子供達の夢にもなるから、頑張ってもらいたくなっちゃいますよね。

Img_4435

まずはタイトルを1つゲットしました。
リーグ戦の方はレッズに離され、かなり厳しい状況にありますが、この幸運を残りの試合でも持続して、最後まで駆け抜けて欲しいなぁ。

P1050314P1050316Img_4285Img_4292Img_4310Img_4320Img_4337Img_4338Img_4366Img_4388Img_4419Img_4443Img_4447Img_4448Img_4450Img_4457Img_4461_2Img_4462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦! 鹿島vsG大阪@カシマサッカースタジアム

Img_3971久し振りに鹿島スタジアムに行ってきました。

いやぁ、遠かった。

一番速くて安いのが、京成線で成田経由ってことだったのだけど、新宿を出たのが9時半で、スタジアムに着いたのが13時。
ちょっとした旅行ですね。

帰りは臨時の東京駅直行バスで2時間でしたが・・・。

Img_3991ガンバの試合が観たい、と言うのはあるのですが、今日のお目当てはイタリアから帰国して、Jリーグ後半戦のアントラーズ快進撃の立役者、小笠原選手を観たかったんです。

いやぁ、満男、良いですね。
普段なら加地君やヤット選手に注目してしまうんですが、今日は気が付くと満男を目で追っていました。

海外では契約更新や移籍先がなく、不本意だったかもしれませんが、フィジカルとか強くなったのかな?
無駄ではない、いい体験してきたんだな、と感じました。

FKから直接ゴールも決めて、ガンバのユニフォーム着てるのに、心で拍手してしまいました。パチパチ!

Img_3979ACLとかもそうですが、ホーム&アウェイの合計得点で競うのに、アウェイの得点が2倍って、なんか不思議ですよね。

今日の試合は3-2で鹿島が勝ったのに、第1戦が1-0でガンバが勝っていて、1勝1敗で合計点が3-3なので、アウェイ2得点のガンバが決勝進出ですからね・・・。

ACLで浦和がアウェイで城南一和と2-2で引き分けて、決勝進出ムード濃厚というのも理解しました。

Img_4035マグノアウベスのケガが治り、控え選手に入っているとは言え、もう一人のブラジル人バレーも欠くFW陣。
今日は、播戸竜二の気合が入りまくっていたのは、良く分かりました。

また、セットプレイに、ディフェンダーのシジクレイが参加して、ゴールを決めるなど、とにかく勝ちたい、という意志が伝わってきましたが、今日のガンバは、このところのリーグ戦の不調のまんまに、あんまりしっくり行っていませんでしたね。
オリンピック予選に安田と家長を取られていることも関係あるのか、ないのか、ですが。

Img_4012それよりも、本山雅志選手の2ゴールなど、今日の鹿島は素晴らしかった。

鹿島って、ヤマザキナビスコでは、第1戦の敗戦から、第2戦で逆転勝利っていうパターンが多いらしいですね。
途中までは「僕の目の前で、決めちゃうか?」と、マジで不安になりました。
何しろ、あと1つ何かの大会で優勝すると、10冠達成だったらしいですからね・・・。

Img_4119何はともあれ、ガンバが決勝進出。

もう1戦は、川崎が4-2で横浜Fマリノスを完勝して、勝ち上がったとのアナウンスが流れました。

マリノス相手に4点ってスゴイな。
また、ジュニーニョ・ショータイム!だったのかな。

決勝は11月3日(祝)に国立競技場です。

観に行きたいなぁ・・・。
浦和じゃないから、さすがに国立は満杯にならないよなぁ・・・。
チケット争奪戦に、いざ出陣です!

P1050097P1050101P1050107Img_3993Img_4005Img_4019Img_4022Img_4026Img_4031Img_4053Img_4064Img_4099

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F.LEAGUE 2007 第3節/ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ@駒沢公園室内球技場

本当ならば、今頃、釜山にいたはずなのですが、なぜか自宅のパソコンの前にいます。

飛行機のチケットは予約していたのですが、最終的に発券ギリギリでキャンセルしたのでした。

テレビで映画祭の映像を見たら、やっぱ無理しても行けば良かったのかな、とか寂しくなってしまいました。

そんなわけで三連休を東京で過ごすことになり、何しようかなと考えていたわけですが、Jリーグ(柏vsG大阪)のチケットは既に完売ってことで、今年から開幕したフットサルリーグを観に行くことにしました。

駒沢公園、久し振りです。
5、6年振り?
何か、記憶よりもキレイになっていたので、驚きました。
(そんなに変わってないか?)

P1040918フットサルって、そんなに詳しくないし、どっちが強いのか知らないし、選手も名古屋は比嘉リカルド選手、町田は金山友紀選手の日本代表選手は知っているのだけど・・・。

まぁ、何とかなるでしょう。

P1040908あっ、町田の甲斐修侍選手って、聞いたことある。
何でだろう?
町田はギャラリー2がサポーターカンパニーになっているので、店でポスターとか見たことあったかもしれないな。
・・・多分。

1,800人以上の来場があり、あまり大きくない体育館は一杯になっていました。
一応、町田のホームってことなのですが、サポーターは名古屋の方が多くて、不思議でした。
東京は下部のチームが沢山あるから、サポーターが少ないのかな・・・?

P1040932開始早々、名古屋の北原亘選手が放ったシュートを町田のディフェンスがクリアミスして、オウンゴール!
何となく名古屋側に座ったのだけど、盛り上がっています。

フィールドは狭いけど、インターセプトしやすいし、抜けるので、パスしたら、ずっーと奥まで走りこんでボール待っていて・・・。
サッカーとは別物ですね。
攻守が絶えず入れ替わって、面白かったです。

20分ハーフと言っても、ペナルティやサイドラインを割った時、ケガの治療の時間は時計が止まります。
短い時は1秒、長くても1、2分で切れるので、結局40分間位かかるのかな。

P1040971ペナルティも細かくて、ユニフォームの上着がパンツから出ていただけで注意されていました。
選手の入れ替えは自由なのですが、待機中の選手はビブスを着ていて、それをバトン代わりに交代するのですが、タイミングが狂って、同時にフィールドに入ってしまって、イエローカードを受けていました。

また、町田のブラジル人監督が、サイドアウトの審判に対して主審に文句を言ったらしく、イエローを出したら、あわや乱闘という雰囲気になり、退場になってしまいました。
何を言ったんだろう・・・。

6つ目のペナルティから、相手チームにPKが与えられる、というルールがあったりして、紳士のスポーツみたいですね。

P1040998町田がゴレイロをベンチに下げ、フィールドプレイヤーを5人投入したパワープレイで猛追します。
フィールドプレイヤーのパンツの上に、ゴレイロのユニフォームを着るので、かなり目立ちます。

攻めて攻めまくりましたが、残念ながら、先制した名古屋が4-2と逃げ切りました。

名古屋のキャプテン・北原亘選手、10番・ボラ選手、9番・森岡薫選手、14番・山田ラファエル選手あたりが気になりました。

試合後、観客にサインをしていたリカルド選手が、一人の男性と話し込んでいたので、誰かと思ったら、ヴェルディのラモス瑠偉監督でした。
握手攻めにあってましたよ。

外に出ると、駒沢公園でR&B歌手のAIが撮影に来ていました。
ロープが張られていて、遠巻きで見ただけですが、だからこそ、ルックスはキレイだな、という感想で終わりました。
話し声とか、テレビと同じか、聞いてみたかった・・・。

P1040910P1040944P1040953P1040965P1040988P1050001P1050013P1050014P1050012

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧