« Live! J-WAVE LIVE 2000+10(8月14日・前半戦)@国立代々木体育館 | トップページ | トップリーグ10-11プレシーズンマッチ・東芝vsサントリー@東芝府中グランド »

Live! J-WAVE LIVE 2000+10(8月14日・後半戦)@国立代々木体育館

後半戦はflumpoolから。

若手の中で最も動員力のあるバンドとして紅白にも出場したけど、

知っているのは演奏した曲も合わせて、3~4曲。

ボーカルの声が細くて、心配になりましたが、

喉を痛めて、復帰したばかりだそうですね。

舞台を左右に汗だくになって走り回り、

若いって良いなぁ、と観ていました。

ラス前の位置でユニコーンが登場!

絶対トリだと思っていたので、意外でした。

復活後のシングルで満を持して民生がメインの『裸の太陽』。

ボーカルをEBI君、テッシー、阿部Bと変えながら、

民生は『与える男』、『命果てるまで』と渋いところで攻めてくる。

完全にホーム状態なので、それでも十分に盛り上がるのだけど。

『命果てるまで』で、カメラ目線の川西さんの笑顔を抜くもんで、

民生が「何で沸いているの?何映ってんの?」と気にしだす。

「この人がカメラ目線で何かやってるの?映すなよ。」と抗議。

しかし、その後もスイッチャーさんは絶妙なタイミングで抜いてたね。

阿部Bの『Wao!』は聴くたびに『マイ・シャローナ』聴きたくなる。

一番の盛り上がりは『大迷惑』!

そうそう、これだよ!と大暴れしてしまいました。

ユニコーンで帰ってしまった人、結構いましたね。

事情はそれぞれだけど、チョット残念でした。

さて、トリは2年振り2回目のSuperfly。

CMやドラマ主題歌など、ハードな楽曲がズラリ。

MCは育ちの良さそうなお嬢さんなのに、

歌を歌うと、何処からそのパワーが出てくるのでしょうか?

しかも、熱唱というより、少し余裕を持っているところがニクイ。

本気出したら、何処まで行くんだろ?

『Wildflower』やNHKのサッカーWC杯の『タマシイ・レボリューション』。

格好良いですね。

でも、個人的には出世作『愛をこめて花束を』のような、

ミディアム~スローなナンバーを聴いてみたいなぁ。

同じイベントでも、出演者が違うとこうも違う。

しかも、バンド対決っぽくて、コラボが1つもなかったのもスゴイ!

2日間の参加でしたが、音楽って最高だなって、改めて思いました。

|

« Live! J-WAVE LIVE 2000+10(8月14日・前半戦)@国立代々木体育館 | トップページ | トップリーグ10-11プレシーズンマッチ・東芝vsサントリー@東芝府中グランド »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/36168210

この記事へのトラックバック一覧です: Live! J-WAVE LIVE 2000+10(8月14日・後半戦)@国立代々木体育館:

« Live! J-WAVE LIVE 2000+10(8月14日・前半戦)@国立代々木体育館 | トップページ | トップリーグ10-11プレシーズンマッチ・東芝vsサントリー@東芝府中グランド »