« 浜名湖ガーデンパークを散策する | トップページ | 2010 FIFA WORLD CUP 南アフリカ大会!【予選B組】韓国vsギリシャ »

Live! モノブロッコ【初ジャパン・ツアー2010】@恵比寿・LIQUIDROOM

この公演を知った時、仕事が早く終わればなぁ、程度でした。

何しろチケットを買ったのは、昨夜、ぴあステーションの閉店5分前でした。

MIYAのソロアルバムに参加したペドロ・ルイスが在籍するブラジル・リオデジャネイロ出身のストリート・パーカッション軍団。

ペドロ・ルイスのCDは、日本で発売した2枚を持っていたけど、モノブロッコとしては聴いたことはなかったのですが・・・。

メチャクチャ、楽しかったです!

リオのストリートで演奏しているというのでサンバを想像するかもしれませんが、確かに味付けはサンバですが、多彩な音楽を奏でます。

ロックやファンクだったり、ラテンやフォルクローレのような民族音楽だったり。

ラップやレゲェ、スティービー・ワンダーのカバーでR&Bも飛び出します。

もちろん、セルジオ・メンデスのような伝統的なブラジルのポップスも、レパートリーです。

メンバーもヨーロッパ系から、ドレッドヘアや太っちょの黒人、インディオの血が入っているような感じの青年まで色々。

良く観りゃ、いい年したオッサンが、汗だくになって、だけど超ピカピカの笑顔で歌って、踊っているのですからね。

これは楽しいはず。

今日は浅草サンバ・カーニバルのトップチームのパーカッション軍団も参加して、サンバを演奏しました。

やっぱりサンバはサンバ。

全然、別物ですね。

初めて聴いた曲でも、脚が、腰が、勝手に動き出してしまいます。

観客の中にも、サンバチームのメンバーが多かったみたいで、盛り上がりましたよ。

さて、スペシャル・ゲストとして登場したMIYA。

ペドロ・ルイスと共演した『AFROSICK』から『愛を失うほど』と『ブラジル人・イン・トーキョー』のポルトガル語バージョンを演奏。

MIYAZAWASICKやGANGA ZUMBAで散々聴いた曲だけど、格好良かったです。

原型を聴けた、って感じかな。

『ブラジル人』はスカの縦ノリです。

お約束の振りで踊っている人もチラホラ・・・。

でも、意外に少なかったかも・・・。

再登場では、浅草の軍団に混じって、パーカッションを叩いてましたよ。

ラストは観客スペースの真ん中で、もみくちゃになりながら、ストリート・ライブの真骨頂を見せてくれました。

終わるかなぁ、と思っても、まだ続いていく・・・。

スタッフも向こうの方が多かったみたいで、ビデオ係や取材の方も一緒に踊っていました。

終いには、観客のお嬢さんを口説いて、ビデオ撮ってなかったり・・・。

かなりフリーな雰囲気が、ブラジルっぽかったですね。

室内も良かったけど、晴れた昼間の海岸の開放感の中で聴いたら、気持ち良いだろうなぁ。

時間をかなり押したらしく、気が付けば22時を過ぎていました。

勢いでCDとDVDを買ってしまいました。

メンバーも着ていたツアーTシャツは、サッカーのユニフォームでも有名なATHLETA製!

欲しかったのだけど、サイズがなかった。

MIYAの着てたピンクとか、かわいかったですよ。

昔のCDも引っ張りだして、聴いてみよっと。

|

« 浜名湖ガーデンパークを散策する | トップページ | 2010 FIFA WORLD CUP 南アフリカ大会!【予選B組】韓国vsギリシャ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/35061388

この記事へのトラックバック一覧です: Live! モノブロッコ【初ジャパン・ツアー2010】@恵比寿・LIQUIDROOM:

« 浜名湖ガーデンパークを散策する | トップページ | 2010 FIFA WORLD CUP 南アフリカ大会!【予選B組】韓国vsギリシャ »