« オススメ!映画紹介『クロッシング』鑑賞 | トップページ | Jリーグ2010!第9節・川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ@等々力陸上競技場 »

オススメ!映画紹介『プレシャス』鑑賞

Precious

サンダンス映画祭でグランプリに輝き、アカデミー賞でも話題になった問題作。

1987年のニューヨーク・ハーレム。16歳の少女クレアリース・プレシャス・ジョーンズは、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きていた。
自分の父親の二人目の子供を妊娠したプレシャスは中学校を退学処分となり、フリースクールに通い始める。
代替学校【イーチ・ワン・ティーチ・ワン】で、自分と同じように悲惨な境遇にある仲間たちや女性教師レインと出逢い、読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、ひたむきに人生の希望を見出していく。

公開に先駆け主役のガボレイ・シディベが来日し、インタビューに答えている映像を幾度か見ました。

アメリカの街中で良く見かけるような大柄な女性。

俳優になる気なんて全くなかった彼女が、正にはまり役といった感じ。

自分に自信が持てなくて、生きる意味の分からなかった少女が、母親として強く生きる意志を固めていく。

新聞記事で読んだのだけど、キャンペーンで各国に行ったが、必ず「NYのハーレムだから起こった悲劇」として取り上げられたけれど、日本だけがその手の質問がなかったそうである。

ビジュアル的にあの街にピッタリはまるけど、別にどこの国の、どこの街に起きても不思議のないストーリーではある。

助演女優賞を獲得したモニークが演じる母親メアリーは、プレシャスを虐待する悪役であるけど、すごくかわいそうな女性で、肯定することは出来ないけど、ある意味では彼女も被害者なのかもしれない。

実は訳アリな素顔を隠し、プレシャスと表裏一体な要素も持ちながら、正反対な理知的な女性として描かれるレイン先生を演じたポーラ・パットンは魅力的でした。

スーパースターというオーラーを消して、ソーシャルワーカーという地味な女性を演じたマライア・キャリー、プレシャスに興味を持つ男性看護士を演じたレニー・クラヴィッツも良い味出しています。

客層は幅広かったですが、コミカルなセリフとかもあって、どなたでも楽しめるのではないかと思います。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『クロッシング』鑑賞 | トップページ | Jリーグ2010!第9節・川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ@等々力陸上競技場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/34445294

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『プレシャス』鑑賞:

» 映画「プレシャス」自分には、この映画の意味が分かりませんでした [soramove]
「プレシャス 」★★★☆ ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン主演 リー・ダニエルズ監督、109分 、 2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アカデミー賞助演女優賞をモニークが受賞した作品、 おおよそ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 21時31分

« オススメ!映画紹介『クロッシング』鑑賞 | トップページ | Jリーグ2010!第9節・川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ@等々力陸上競技場 »