« オススメ!映画紹介『抱擁のかけら』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニンジャ・アサシン』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『渇き』鑑賞

Kawaki

『JSA』や復讐三部作のパク・チャヌク監督が、カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。

韓国版のヴァンパイヤ+ラブストーリーを監督らしいコミカル&バイオレンスな味付けをした作品でした。

カトリックの神父サンヒョンは、病気の信者の命を祈りで救えないことを嘆き、致死率100%という謎のウイルスのワクチン開発の人体実験に身を捧げる。
生死の境を往来するも、輸血によって一命を取り留めた彼は奇跡の生還を遂げる。
教会に戻ったサンヒョンは、幼馴染のガンウと再会し、妻テジュを紹介される。テジュのあどけなさの中に潜む色気に、サンヒョンは心をかき乱す。病弱な夫と威圧的な義母との生活にくたびれていたテジュも、サンヒョンに惹かれていく。
サンヒョンの身体は輸血の影響からある異変が起こり始めており、ついに欲望を抑えきれず、サンヒョンとテジュは互いを求め合い、かつて体験したことのない快楽に溺れていく。
そして、2人は共謀してガンウの殺害を企てて・・・。

名優ソン・ガンホが、ヴァンパイヤと聖職者としての立場の間で苦悩する神父を演じています。

一度は欲望に負けるのだけど、必死に理性で押さえ込もうとしているのが、印象的。

一方、新人女優のキム・オクビン演じるテジュは、幸薄い健気な妻として地味に登場しながら、枷が外れた途端に、徐々に派手に、官能的になっていく。

抑圧から解放されたかったのか、初めからそうだったのか。

とにかくイクところまでイってしまうという、難役なヒロインを見事に演じている。

カン・へジョンが『オールド・ボーイ』でブレイクしたのと、重なると言って良いのかな。

楽しみな女優さんです。

個人的に好きな俳優であるシン・ハギュンも『JSA』でブレイクしたのでした。

『復讐者に憐れみを』以来のチャヌク作品。

病弱な亭主という役は、不気味だったし、非常に笑わしてもらいました。

韓国ドラマの母親といったらこの人のキム・ヘスクも良いのか、こんな役?的な演技で笑いました。

前作の『サイボーグ』はオモチャ箱をひっくり返したような楽しさだったけど、今回はグロテスクなのにコミカルという不思議な世界。

パク・チャヌク監督は、一体、何処に向かっているのだろうか?

でも、次回作にはまた期待してしまうのだろうな。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『抱擁のかけら』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニンジャ・アサシン』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33773405

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『渇き』鑑賞:

» 渇き/박쥐 [LOVE Cinemas 調布]
『オールドボーイ』のパク・チャンヌク監督の最新作。カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している作品だ。人体実験でヴァンパイアになってしまった神父が人妻と禁断の恋に堕ち、欲望と信仰の狭間で悩み苦しむさまを描く。主演は『殺人の追憶』等で知られる韓国の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オビン、キム・ヘスク。人間の本質を深くえぐった問題作だ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 22時17分

» シン・ハギュン 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
シン・ハギュン の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 04時37分

» 『渇き』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
俳優陣の身体を張った頑張りで、狂気の世界が生まれた。ヴァンパイアよりお化けより神様よりも女が怖い…。 [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 00時46分

« オススメ!映画紹介『抱擁のかけら』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニンジャ・アサシン』鑑賞 »