« ラグビー2010春!関東代表vs九州代表@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャーロック・ホームズ』鑑賞 »

愛読書!『怪盗探偵山猫/神永学』

Yamaneko

『心霊探偵八雲』シリーズの神永学氏の幻のサスペンスが文庫化。

現代のねずみ小僧か、はたまた世紀の大泥棒か?
痕跡を残さず金を盗み、ついでに窃盗に入った先の悪事を暴く謎の人物【山猫】。
出版社社長が殺された。現場には【山猫】が窃盗に入ったというしるしがあった。
しかし、世間をにぎわすこの怪盗の信条は「人を殺めないこと」のはず。
被害者の元部下だったライターの勝村は事件を追い始める。

肩肘張らずに、スルッと読めました。

自分を記者として育ててくれた元上司の死の真相を探りたいライターと、無実の罪を着せられた怪盗が手を組んで事件を解決する。

警察の動きが妙に早くて、ろくな捜査もせずに、山猫の犯行ということになってしまう。

この辺りは、『笑う警察官』が話題になった後だけに、警察が事件の裏に絡んでいるんだろうなぁ、というのは推測できてしまうのだけど・・・。

勝村の大学時代の先輩で刑事のさくらとの淡い恋も、良い雰囲気を出している。

文庫発売を機に、続編の準備に取り掛かることになったのだとか。

【山猫】でつなぐのか。

勝村とさくらのコンビでつなぐのか。

それとも、新しいストーリーを勝村に追わせるか・・・?

期待してしまいます。

|

« ラグビー2010春!関東代表vs九州代表@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャーロック・ホームズ』鑑賞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/34167566

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『怪盗探偵山猫/神永学』:

« ラグビー2010春!関東代表vs九州代表@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『シャーロック・ホームズ』鑑賞 »