« Jリーグ2010!第1節・大宮アルディージャvsセレッソ大阪@NACK5スタジアム大宮 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『パレード』鑑賞

Parade

吉田修一氏の小説を行定勲監督が映画化した青春群像。

藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都という、若手演技派の共演で、期待が高かったのですが・・・。

4人の男女がルームシェア生活を送る都内の2LDKマンション。ニュース番組では、近所で起きた連続暴行事件が連日報道されていた。
映画会社勤務の直輝、雑貨店で働くイラストレーターの未来、大学3年生の良介、人気俳優と恋愛中の琴美。リビングに集まった4人が繰り広げるのは良介の恋愛相談。会話が一段落すると一同は思い思いの行動へ解散していった。
数日後、酔っ払った未来が連れ込んだ金髪の美少年サトルが、部屋に住み着くようになる。しかし、未来はサトルが連続暴行事件の犯人ではないかと疑っていた。
一方、隣りの部屋が買春宿ではないかと疑った良介は、潜入捜査を実行するが、占い師だったことが判明。咄嗟に直輝の名で占ってもうが、その結果は「あなたは変化を求めて世界と戦っているが、その戦いは世界が完全に有利」というものだった。
ある日、出勤途中にサトルを見かけた直輝は彼を尾行するが、行動に疑問は持つものの、何の証拠も得られなかった。しかし、翌朝、直樹のところへ「サトルが大切なビデオを勝手に消去したから追い出せ」と、未来が怒鳴り込んでくる。リビングでは琴美から妊娠を告白され、恋人の丸山に伝えて欲しいと頼まれる。そして、良介は、片想いの女性と付き合うことになったので、田舎に戻って働きたいと相談する。直輝は、誰もが自分を頼ってくることをグチるのだった・・・。

観る前からハードルを上げてしまった感じはする。

次から次へとエピソードは出てくるのだけど、ときめかない。

連続暴行犯は誰だろう?というサスペンス的な部分は、全くないというか、こういう描き方をしたら犯人は自ずと分かってしまう。

しかし、実はそれが狙いなのかもしれない、と思えてきた。

一見、ごくごく普通の男女である4人。

でも一緒に生活しながら、それぞれがバラバラに悩みや闇を抱えながら、干渉し合わないのがルール。

そこに飛び込んできた男娼という美少年。

一番、危険の香りがする彼は、やりたいことをやって、言いたいことを言う。

やがて、彼が一番まともに見えてくる。

そうして、犯人よりも住人達の方が不気味に見えてくる。

ラストシーン。温泉旅行の話で盛り上がっていたところに帰宅した犯人に「あんたも行くよね」という彼らの無表情が怖かった。

原作物の脚色には定評のある行定監督だけど、今回のはどうだったのかな?

なぜかこの原作は読んでいないので、評価できないけど。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★)

|

« Jリーグ2010!第1節・大宮アルディージャvsセレッソ大阪@NACK5スタジアム大宮 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/34278057

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『パレード』鑑賞:

« Jリーグ2010!第1節・大宮アルディージャvsセレッソ大阪@NACK5スタジアム大宮 | トップページ | オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 »