« オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『渇き』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『抱擁のかけら』鑑賞

Houyou

ペドロ・アルモドバル監督が贈る究極の愛の物語。

2008年、マドリード。脚本家のハリー・ケインは、かつては本名のマテオ・ブランコの名前で映画監督をしていたが、14年前のある事件をきっかけに視力を失い、名前を変えて生きてきた。事情を知るエージェントのジュディットと彼女の息子・ディエゴが、ハリーの生活や仕事を手助けしている。
ある日、ライ・Xという男が脚本の依頼でハリーを訪ねて来る。「父の記憶に復讐する息子の物語」と聞き、ハリーは「自分向きではない」と断るが、彼が実業家エルネスト・マルテルの息子であることに気が付く。ハリーはディエゴに過去の話を語り始める。
1994年、マテオはコメディ映画の準備をしていた。エルネストの愛人だったレナは女優になる夢を追いかけるため、オーディションを受けに来る。マテオは彼女を一目見るなり心を奪われ、映画の主役に抜擢する。撮影中に恋に落ちた二人はリゾート地へ駆け落ちする。しかし、マテオが製作を中断した映画が完成したという広告や、プレミア上映での酷評記事が出ていることを知り、確認のためにマドリードに戻ろうとしたマテオとレナを引き裂く事故が起こってしまう。

主演のベネロペ・クルスの魅力満載の映画でした。

会長秘書という普通のOLとして登場し、愛人となり、女優となり、最後は愛に生きるオンナになる。

女優時代には色々なウィッグを被り、色々なファッションを見せます。

ある意味で対極にあるように思われる、オードリー・ヘップバーン風の髪型と衣装というのが、意外といけていました。

監督とは4度目の映画なので、非常に伸び伸びと奔放に演じていました。

ベネロペみたいな情熱的な女性が目の前にいたら、皆、メロメロになっちゃうだろうなぁ。

年老いた愛人が最後の相手となる彼女に執着するのも、分からなくはない。

それが悲劇になるのだけど。

現代のパートでは、ハリー、ジュディットとディエゴの関係が絶妙。

レナのことで多少わだかまりもあったけど、一番しっくりいく二人が形成する擬似家族。

でも、本当は・・・。

愛を失って、死んだまま生きてきた映画人が、真実を知って、再生する物語。

割と好きだな、こう言う感じ。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『渇き』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33772604

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『抱擁のかけら』鑑賞:

» 抱擁のかけら [LOVE Cinemas 調布]
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。他にも『宮廷画家ゴヤは見た』のホセ・ルイス・ゴメス、『チェ 39歳 別れの手紙』のルーベン・オチャンディアーノが出演している。... [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 23時58分

« オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『渇き』鑑賞 »