« オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『時をかける少女(2010年版)』鑑賞

Tokikake2010

僕の中では『時かけ』と言えば、何と言われようが原田知世。

何しろアニメと特撮物以外で初めて観た映画が『時かけ』と『探偵』の2本立てでした。

前作からのファンも、2006年のアニメ版からのファンも楽しめるという前評判。

初日舞台挨拶付きで鑑賞しました。

2010年。高校3年生の芳山あかりは、母・和子が薬学者として研究を続けている大学に合格する。ある日、和子の幼なじみの吾郎が近所の洋館の老夫婦から託された昔の写真を和子に届けたことから、和子が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。
あかりが病院を訪れると、和子は一瞬意識を取り戻し、「1972年4月に戻って、初恋の人・深町一夫との約束を果たすのだ」と呟く。そんな母の代わりにタイム・リープをして、深町一夫にメッセージを伝えることを決意する。しかし、あかりがやって来たのは、1974年2月だった。
そこで出会った映画監督志望の大学生・溝呂木涼太に協力してもらいながら、あかりは深町一夫を探すことにする。

なかなか良かったですね~。

アニメ版では主人公を声だけで演じた仲里依紗ですが、実写版でも走る、走る、走る。

明るくて、元気で、人見知りもせずに、常に飛び跳ねているあかり。

アニメ版の真琴もとにかく明るく、能天気だったけど、あかりは母子家庭で育ったと言う少し暗い部分も持っている女の子です。

もう本当に等身大の女の子として仲里依紗が演じていました。見事!

そんなあかりの初恋の相手となる74年の大学生・涼太を演じた中尾君。

普段は弟キャラだったり、最近はヤンキー役が続いていたけど、純情だけど頼れるお兄ちゃん的な役を演じていました。

いやぁ、この二人のやり取りが可愛らしくて、微笑ましくて、キラキラしていました。

そして、74年の芳山和子を演じた石橋杏奈がまた良かったです。

いかにも現代っ子のあかりの茶髪に比べて、真っ黒な髪で、非常に奥ゆかしい古風な女の子のイメージ。

原田知世とは容姿が全く違うのに、土曜日の実験室のシーンのクオリティの高さに参りました。

仲里依紗はどちらかと言うとマニア受けする女優ですが、石橋杏奈はもっと王道に行くようなタイプのような気がする。

そして、現代の和子を演じたのは安田成美。

どうせなら知世ちゃんに演じて欲しかったけど・・・。

まぁ、ルックス的に彼女が高校生の母親役を演じるのは無理がありますよね。

映画の冒頭は研究に没頭する和子のシーンから始まるのですが、これが前作のラスト、オカッパ頭にパットを詰め込んで、女ッ気もなくたたずむ知世ちゃんに似ていなくもなくて、心を鷲掴みにされました。

若き日の両親の恋に応援するのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』しています。

とにかく楽しくって、でも切なさがあって、ラストの愛しい人を離れ離れになる悲しみまで・・・。

感情の触れ幅が大きくって、見応えがありました。

映画では未来人と関わった人たちの記憶が消されます。

だけど、心に残った感情は38年経っても消せません。

今回、涼太が大学の映画サークルで8mm映画を自主制作しているという設定で、記憶と記録というコントラストが印象的でした。

青春映画として、誰でも楽しめると思うし、今の中高生にこそ、観てもらいたいなぁ。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33758734

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『時をかける少女(2010年版)』鑑賞:

» 時をかける少女(2010) [LOVE Cinemas 調布]
言わずと知れた筒井康隆の不朽の名作を今再び映画化。母の代わりにタイムリープした主人公の切ない恋の行方を描いた青春ドラマだ。主演は2006年のアニメ版『時をかける少女』で主人公・真琴の声を演じた仲里依紗。共演に『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶、安田成美。監督はこれがデビュー作の谷口正晃が務める。いきものがかりがカバーした挿入歌『時をかける少女』を聞いて気持ちをタイムリープしたい。... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 23時02分

» 映画「時をかける少女(2010」桜並木を遠ざかる後ろ姿に涙 [soramove]
「時をかける少女 (2010」★★★☆ 仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高 主演 谷口正晃監督、122分 、 2010年3月13日公開、2010,日本,スタイルジャム (原題:時をかける少女 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「見るつもりはなかったが、 今月末で閉館するピカデリー1の大画面で 出来るだけ多く見たいと劇場へ。 大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、 入院中の... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 21時05分

« オススメ!映画紹介『ニューヨーク、アイラブユー』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『花のあと』鑑賞 »