« オススメ!映画紹介『パラノーマル・アクティビティ』鑑賞 | トップページ | Abercrombie & Fitch 銀座店に行ってきました »

オススメ!映画紹介『ゴールデンスランバー』鑑賞

Golden_slumber

中村義洋監督が『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』に続けて3回目の伊坂幸太郎ワールドの映画化に挑戦。

首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃亡劇を、ビートルズのナンバーに乗せて描いていく。

野党初となる金田首相の凱旋パレードで賑わう仙台の街。
宅配便ドライバー・青柳は、大学の旧友・森田と数年振りの再会を果たしていた。しかし、様子のおかしい森田は「お前は首相暗殺犯に仕立てられる」と鬼気迫る調子で、青柳に訴え始める。
その瞬間、突如ラジコンヘリが首相の頭上で爆発。衆目の中、暗殺事件が発生したのだ。
近くの路上に車を止めていた二人の前に、突然警官が現れ、青柳に向かって拳銃を構えた。すると車が炎上し、森田は死亡。意味がわからないままひた走り、青柳は逃げ出した。
テレビでは、青柳が暗殺現場にいたことを証言する目撃者や、防犯カメラに映ったラジコンを購入する青柳の映像などが次々現れ、青柳は見えない力によって無実の暗殺犯に仕立てられていく。
警察庁警備局の佐々木に追い詰められた青柳だったが、元恋人の樋口や後輩のカズなど、仲間たちの協力により窮地から救い出されていく。

すごい面白い!

今回、原作は読んでいかなかったのだけど、伊坂ワールド満載で、原作では脇役の視点でも脇道をきちんと描いているのだろうことは想像つきました。

逃げる青柳と助ける樋口に的を絞ったことで、まとまり感はありました。

中村組では『ジェネラルルージュ』でも共演した堺正人と竹内結子が、前作とは立場を逆転したような配役というのが面白かった。

多分、こっちの方がキャラクター的にはハマッているのだと思います。

好きだけど、将来的に「よくできました」どまりだから、別れましょうという樋口の感性、分かります。

とにかく、物理的にも、精神的にも近くにいる二人が、すれ違い続けるという展開も面白かった。

中村組の常連・濱田岳君の殺人鬼キルオ、良かったですね。

最初は作り込みすぎかなって思えたのですが、気味の悪さが出てました。

劇団ひとりは、弟分的な青年を好演している。

物語のきっかけとなる森田役の吉岡君は、出てきたと思ったら死んでしまうので、もったいないなぁと思ったら、回想シーンで長髪の大学生として登場。

全く違和感なく、20代前半に見えてしまうのが、不思議でした。

一番印象的だったのは、伊東四朗さんが演じた青柳のお父さん。

マスコミの取材に対して、息子を「信じている」のではなく、「知っている」と話している姿には涙が出てきました。

さて、映画館を出た時、相武紗希のファンの中学生グループが前を歩いていたのだけど、「意味分かんねぇ」と話していました。

「黒幕は誰だ」とか、「どうして青柳なんだ」とか考え始めちゃうと、ドツボにはまりそうですよね。

ビートルズの『ゴールデンスランバー』は、もう解散せざるを得ない状況で、何とかして4人をつなぎ止めようとしたポールが作った曲と言われている。

そして、この作品の主人公たちのグループも4人。

僕達の帰る場所。

青柳たちは、大学時代のあの頃かもしれない、と話しているけど、そんな郷愁感みたいなのは、すごく共感できました。

これは僕らの世代の映画のような気がしました。

それから、原作は読んでいないけど、姉妹編とも言える『魔王』は読んでいて、暗殺された首相がイメージとムードで野党から首相に成り上がっていく過程を知っていたのは、やや強みだったかもしれません。

なぜか一番大きい箱ではないので、満席状態になっていました。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『パラノーマル・アクティビティ』鑑賞 | トップページ | Abercrombie & Fitch 銀座店に行ってきました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33251310

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ゴールデンスランバー』鑑賞:

» 「ゴールデンスランバー」とりあえず逃げろ! [soramove]
「ゴールデンスランバー」★★★★ 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之主演 中村義洋 監督、139分 、 2010年1月30日公開、2009年、東宝 (原題:ゴールデンスランバー)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← この映画にリアリティなんて求めてはいけない。 「宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、 そんなに簡単に人を信じるなという言葉を 久し振りに会った友人から言... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 07時47分

« オススメ!映画紹介『パラノーマル・アクティビティ』鑑賞 | トップページ | Abercrombie & Fitch 銀座店に行ってきました »