« ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『過速スキャンダル』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『機動戦士ガンダムUC』鑑賞

Uc

新作DVDのプレミアムレビューに行って来ました。

原作は『亡国のイージス』等の福井晴敏氏で、気になる存在でした。

宇宙世紀0096。建設中の工業用スペースコロニー・インダストリアル7で、父を知らずに育ったバナージ・リンクスは、母親の死後、会ったことのない父親の薦めでアナハイム・エレクトロニクス工業専門学校に入学する。その境遇から自分は周囲とズレていると感じていたバナージは、偽装貨物船で密航してきた少女オードリー・バーンを助ける。彼女が抱えている問題の大きさを察知したバナージは、彼女のためになりたいと強く思うようになる。
コロニーにネオ・ジオンの残党が潜入し、モビルスーツ同士の戦闘が始まった時、バナージは学校の理事長であり、ビスト財団の当主ガーディアスから稼動試験中の純白のモビルスーツ・ユニコーンを託される。
地球連邦、ネオ・ジオンの残党、そしてビスト財団。様々な人々の思惑が絡み合う中、バナージはユニコーンと『ラプラスの箱』を巡る争いに巻き込まれてゆく。

全6話のエピソード1は、主人公のバナージが運命の少女・オードリーと出会い、ガンダムに乗り込むようになるまで、という1話目らしい分かりやすい展開。

冒頭に西暦から宇宙世紀に切り替わる前夜、カウントダウンの最中に起きたテロから始まり、ラプラスの箱に対する興味を抱かせる。

周囲との違和感を感じているバナージは、最初からニュータイプとしての資質を感じさせる登場の仕方で期待が持てます。

ミステリー的な要素としては、オードリーの正体、ガーディアスのバナージを見つめる眼差しの意味などあると思いますが、分かりやすい描写ですね。

モビルスーツもZ、逆襲のシャアの流れで、ザクを進化させたようなサイコ・マシーンのクシャトリヤが圧倒的なパワーで暴れまくります。

ザク=負けキャラという図式を崩しているのが、面白い。

ガンダムが登場するところで終わるので、エピソード2の冒頭、初陣のバナージがクシャトリヤに対してどんな闘いをするのか、楽しみですね。

DVDは3月12日にリリース予定。

そして、秋に完成予定のエピソード2では、シャアの再来と言われるフル・フロンタルが登場。

声はもちろん池田秀一氏!

ファーストガンダムからのレギュラー出演として、ブライト・ノアとカイ・シデンも登場。

ブライトの声、鈴置さんしか考えられないのだけど、誰が代打するのだろうか・・・。

2週間の限定上映ですが、満席でした!

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『過速スキャンダル』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33468437

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『機動戦士ガンダムUC』鑑賞:

« ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 | トップページ | オススメ!映画紹介『過速スキャンダル』鑑賞 »