« 【外苑前】北海道らーめん 無双 | トップページ | オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『おとうと』鑑賞

Otouto

山田洋次監督が久し振りに撮った現代劇。

吉永小百合と笑福亭鶴瓶が扮する姉弟を中心に、笑わせて、泣かせて、考えさせる、これぞ日本映画、という作品ではないだろうか。

東京の私鉄沿線にある高野薬局。早くに夫を亡くした吟子は、女手ひとつで一人娘の小春を育て上げ、義母と三人で暮らしていた。小春の結婚式の前日、大阪で役者をしている弟・鉄郎に宛てた招待状が、宛先不明で戻ってきた。吟子の夫の十三回忌法要で酒に酔って大暴れしたのを最後に音信不通になっていたのだ。
式の当日。和やかに始まった披露宴の最中に鉄郎が現れる。長兄の庄平に「酒を飲むな」と強く釘を刺されるが、二人が目を離した隙に酒を飲み、大暴れをして結婚式を台無しにしてしまう。新郎家から文句を言われた庄平は、鉄郎に絶縁を宣言するが、吟子は大阪に帰る電車賃を渡して見送った。
しかし、この事件の余波もあり、小春の結婚生活は長くは続かなかった。
夏の日、鉄郎の恋人という女性が高野家にやって来る。鉄郎直筆の借用書を見せられた吟子は、店を改装するための預金を彼女に手渡してしまう。数日後に、フラッと現れた鉄郎の不誠実な言動に、今度は吟子も絶縁を言い渡す。それ以来、鉄郎の消息はぷっつりと途絶えてしまった。
鉄郎の話題が上がることもなくなった頃、大阪の警察から鉄郎が救急車で病院に運ばれたと連絡が入る。

吉永小百合さんと鶴瓶師匠の姉弟の関係が素敵です。

大人になっても役者志望の風来坊で、酒癖、女癖、ギャンブル癖の悪い、どうしようもない弟だけど、見捨てることは出来ず、世話を焼かずにいられなくなってしまう姉。

ネタの1つとして登場する寅さんとさくらの兄妹を姉弟に置き換えただけとも言える。

小百合さんのしっかりしてるけど、ちょっぴり天然入っている姉、母、嫁というのが、可愛らしかった。

『ディア・ドクター』で主演男優賞を取りまくっている師匠ですが、来年はこの作品で助演男優賞いけるんじゃないですか?

山田監督が描きたいことが一杯詰まっていて、やや詰め込み過ぎかなという印象も受けました。

それでも消化不良を起こさないのが、山田マジックということではないでしょうか。

バツイチの娘役の蒼井優ちゃんの新しい恋の相手となる加瀬亮君演じる誠実な大工さんや、小日向さん、石田ゆり子が演じる民間ホスピスを営む夫婦は、実在のモデルがいるそうです。

いつも軟弱な感じの役が多い加瀬君が、非常に爽やかで男らしい青年を演じていました。

ホスピスは後半に登場するのですが、想像していたより時間的に長いんですよね。

でも、死というものを前向きにというか、真っ直ぐにとらえている。

加藤治子さん演じる義母の老いという問題も、シーンを追う毎に、ごくごく自然に、でも確実に、表現されていて、ドキッとしました。

唯一、医者だった吟子の夫と鉄郎の担当医の青年医師を近藤公園が演じているのですが、セリフに「似てるやろ」というのがあるだけで、進展はなかったけど・・・。

寅さんシリーズや大阪芸人など縁の深い俳優が1シーンずつカメオ出演しています。

国民的アイドルグループのリーダーは、出ていること知らなかったので、驚きました。

師匠と一緒に番組のMCをしたことありましたね。

前は彼の主演映画に師匠がチョイ役で出ていたので、その恩返しなのかな。

映画は高野家の3人が囲む食卓で始まり、食卓で終わる。

似たようなシチュエーションで、似たような会話なのだが、3人の鉄郎に対する思いが微妙に変化している。

最初に書いたけど、日本映画らしい日本映画でした。

年配の方が多いけど、若者も決して少なくはなかったです。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« 【外苑前】北海道らーめん 無双 | トップページ | オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33380517

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『おとうと』鑑賞:

» おとうと [LOVE Cinemas 調布]
名匠・山田洋二監督が10年ぶりに送る現代劇。1960年に公開された市川崑監督の『おとうと』にオマージュを捧げた作品だ。主演は『母べえ』に続く山田洋二作品の吉永小百合。共演に『ディア・ドクター』の笑福亭鶴瓶、『百万円と苦虫女』の蒼井優。他にも加瀬亮、小林稔侍、森本レオ、笹野高史ら若手ベテランともに実力派がずらりと揃った。... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 22時10分

« 【外苑前】北海道らーめん 無双 | トップページ | オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 »