« ラグビー09-10!日本選手権第2回戦@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 【外苑前】北海道らーめん 無双 »

オススメ!映画紹介『インビクタス 負けざる者たち』鑑賞

Invictus

クリント・イーストウッド監督。

マット・デイモン。

そして、ラグビー。

僕の好きな要素が満載で、予告編を観た時から絶対に観ると決めていました。

反逆罪で逮捕され、監獄で27年間を過ごしたネルソン・マンデラは、釈放された後、1994年に南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任する。しかし、彼は国民の間に人種差別と経済格差が未だに残っていることを痛感する。
そんな中、翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。白人スポーツのラグビーはアパルトヘイトの象徴的なスポーツだったが、監獄で看守達が自国スプリングボクスを熱狂的に応援し、黒人の収監者は相手国を応援していることを知っていた。スポーツを通して国民の意識を変えることができると信じるマンデラは、主将のフランソワ・ピナールを茶会に招待し、互いに協力していくことを誓う。

いやぁ、ちょっと冷静に観られなかったですね。

モーガン・フリーマンのマンデラ大統領は、顔立ちがちょっと違うけど、同化して見えてきてしまう。

本当の意味での平等ってことを知っていて、しかもユーモアのセンスもある。

マット・デイモンも、演じているのは彼なんだけど彼じゃないないような、まさに主将ピナールになりきっていた。

体型も全く変わっていたしね。

フランカーという華はないけど仕事人というポジションの主将というのが、良いですね。

同じリーダーシップでも、大統領とはやや違う。

二人の発するセリフの1つ1つが素晴らしくて、泣けてきた。

でも、予告編でポイントとなると思っていたセリフがなかった・・・。

ピナールが大統領に収監されていた牢獄を訪ね、「なぜ酷い目にあっても、赦せるのだろうか」と思いを馳せる。

多分、その部分はフィクションなのだろうけど、映画的で印象深い。

大統領の警備は、白人と黒人の混成チームで、徐々に仲間意識が芽生えていくのも、言葉よりも態度だったり、表情で表現していて感動的だった。

ワールドカップ会場に入れなかった黒人の少年が、試合展開と同時に、白人の警官と近付いていったり・・・、挙げていったら限がないなぁ。

ラストに流れる、『ユニオン』のアンセムは、試合会場で耳にするのとは、別アレンジで新鮮でした。

何度でも観たい作品ですね。

DVDが出たら買うと思います。

個人的な思い出では、95年のワールドカップ前後は、ジャパンの追っかけやってた頃です。

熊谷、菅平の合宿には、ピッタリ帯同していました。

南ア大会でのNZ戦の145-17は、映画でも語られる伝説ではあるけれど、新聞で知ったんだな。

懐かしい。

試合のシーンで、キックオフが短すぎて(本来は5mラインの点線を超えないとセンタースクラムになる)、あれ?と思ったのだけど、ショートキックだったのは間違いないらしい。

ワールドカップのビデオを観て、確認してみたいと思いました。

因みに、キッカーを演じていたのは、監督のご子息だとか・・・。

さて、マンデラ大統領の偉業の中のほんの1年余り、しかもスポーツを通じて人の心を動かすという点のみにスポットを当てた作品なので、もしかすると反対意見もあるかもしれない。

彼が引退後の南アフリカは、彼が目指した複数の民族が融和した『虹の国』という構想が崩れ、黒人政権であることが却って失業率を釣り上げ、犯罪も増えているらしい。

今年開催されるサッカー・ワールドカップが無事に成功してくれることを祈らずにはいられない。

(満足度:★★★★★、オススメ度:★★★★☆)

|

« ラグビー09-10!日本選手権第2回戦@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 【外苑前】北海道らーめん 無双 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33371525

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『インビクタス 負けざる者たち』鑑賞:

» インビクタス 負けざる者たち [LOVE Cinemas 調布]
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデラ元大統領たっての願いでもある名優モーガン・フリーマンと、「ボーン」シリーズのマット・デイモン。また一つ名作が生まれる。... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 21時37分

« ラグビー09-10!日本選手権第2回戦@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 【外苑前】北海道らーめん 無双 »