« Live! BIGBANG【ELECTRIC LOVE TOUR】@横浜アリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『霜花店 運命、その愛』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『食堂かたつむり』鑑賞

Katatsumuri

小川糸のベストセラー小説を主演の柴咲コウが吹き替えなしで料理に挑戦して映画化。

観たのが昼跨ぎだったこともあったけど、とにかく出てくる料理が美味しそうで、お腹が空きました。

倫子は、田舎でスナックを営むシングルマザーの母・ルリコを嫌い、中学卒業後、東京の祖母の家に逃げ出した。そこで料理の手ほどきを受け、祖母の死後も、修業を積んでいた。しかし、店を持つための貯めていた全財産を恋人に持ち逃げされた倫子は、ショックで失声症となり、仕方なく実家に帰る。
倫子は村の農夫・熊さんの手を借り、実家の物置を改造して、食堂かたつむりを始める。その食堂は、お客は1日1組、決まったメニューはない。事前のやりとりでイメージを膨らませて、その人のために料理を作る。倫子の料理に癒された客達は、想いを叶えることが出来ると評判になっていく。
ある晩、スナックの常連客から、ルリコは初恋の人を想い続けていて、倫子は体外受精で処女のまま妊娠・出産懐胎と聞く。その直後、倫子はルリコからガンで余命幾許もないことを倫子に打ち明けられる。
担当医として再会した初恋の相手・谷口修一は、ルリコの余命を知りながら、彼女にプロポーズし、倫子はルリコのために結婚式の料理を作ることになる。

最近ポップな映像を売りにした作品って増えたと思う。

この映画もアニメーションを挿入したり、ミュージカル風の語りで時間を一気に進めたりという演出があった。

でも、核となる物語がしっかりしているので、そういう演出はなくても良かったのでは、と思ってしまいました。

これは好みの問題だと思いますが。

主人公が失声症でほとんどセリフのないという柴咲コウでしたが、あまり気にならずに観られました。

ドラマでも聾唖の音楽家とか演じた経験ありましたしね。

特技の料理の腕前を活かし、手際よく料理していました。

エピソードは一杯あるのだけど、最終的には母親の愛の偉大さというところに落ち着きました。

余さんのファンキーだけど、実は純情で照れ屋な母親は、後になって振り返ると、すごくかわいらしいなぁ、と思いました。

風呂場で癌を打ち明けるシーンとか、ある意味、格好良いです。

坊ちゃんがそのまま大きくなったような先生の三浦友和さん、倫子の味方となる農夫のブラザー・トムさん、助演女優賞を総なめする勢いの満島ひかりの屈折した同級生、倫子に片想いする常連客の田中哲司など、魅力的なキャラクターも面白い。

割と小さなシアターでの上映というのは、ややもったいない気もしますが・・・。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« Live! BIGBANG【ELECTRIC LOVE TOUR】@横浜アリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『霜花店 運命、その愛』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これに出てる、満島ひかりさんホントにすごいですね〜
賞いくつとってんだろ・・・
そんな彼女のことがくわしく載ってました♪
http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm
更に飛躍するには、一旦おちることが必要な人だそうです。

投稿: ヌガー | 2010年2月16日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33331110

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『食堂かたつむり』鑑賞:

» 食堂かたつむり [LOVE Cinemas 調布]
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。その料理には人の心を癒し軌跡を起こす力があった…。アニメやCGをふんだんに取り入れたファンタジックな映像に魅せられる。... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 22時32分

» 「食堂かたつむり 」もっと美味しそうな料理がたくさん見たかった [soramove]
「食堂かたつむり 」★★★ 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム主演 富永まい 監督、119分 、 2010年2月6日 公開 (原題:食堂かたつむり)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「失ったもの、 恋、家財道具一式、そして 声 残ったもの、 ぬか床とおばあちゃんのレシピ 評判のいい原作の映画化」 失恋がきっかけで声が出なくなった主人公(柴咲コウ)は、 貯金も家財道具も恋人に持ち... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 20時13分

« Live! BIGBANG【ELECTRIC LOVE TOUR】@横浜アリーナ | トップページ | オススメ!映画紹介『霜花店 運命、その愛』鑑賞 »