« オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 | トップページ | ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 »

愛読書!『イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊』

Img_2913

迷コンビの田口・白鳥シリーズの第4弾。

今回は日本の権力の中心地・霞ヶ関に乗り込んでの大暴れです。

東城大学医学部付属病院。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼び出され、無理難題を押し付けられようとしていた。
今回は、厚生労働省で行われる医療事故調査委員会への出席を依頼された。依頼元は厚労省の火喰い鳥・白鳥圭輔。
そこで田口の目にしたのは、崩壊の一途を辿る医療行政そのものだった。
そして、もう一人。官僚に闘いを挑もうとする一人の男の姿があった。

一応、宝島社の『このミステリーがすごい!』シリーズとしての出版ですが・・・。

ここまで来るとミステリー的な要素は皆無ですね!

ある意味でスゴイ!

現役の医師でもある作者の医療、特に死因究明という人間の未来にとっては必要な(はずなのに蔑ろにされている)ものに対する、意見がズバッと出ていて、普通の医療小説と言っても良いのではないでしょうか。

田口、速水、島津の同級生トリオの後輩の彦根がある意味では主人公。

先輩である田口を良い様に後ろで操作しながら、舞台を有利な方向に誘導し、満を持して登場するのであった。

今回のグッチー、何だかカワイソウ・・・。

エピソードの1つとして語られるのは、「県境に捨てられた変死体は、たった数十メートル違うところで発見されただけで検死の対象となるか、ならないか」という事実。

だからと言って、死体を運んでから救急車を呼ぶ白鳥はどうかと思うけど・・・。

クロニカルの1つとして、様々な作品のエピソードがリンクします。

セリフとして登場する、ピンク衣の氷姫が潜入捜査している北の産院の話も、既に小説化されて単行本としては発売されています。

姫の活躍も楽しみですね。

次々に刊行される関連作品が楽しみで仕方ありません。

|

« オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 | トップページ | ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33421235

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊』:

« オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞 | トップページ | ラグビー09-10!日本選手権準決勝@秩父宮ラグビー場 »