« オススメ!映画紹介『おとうと』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊』 »

オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞

Valentinesday

ロスを舞台にバレンタインデーにまつわるカップル達を描くラブストーリー。

有名なだけで15名(実際にはそれ以上)の俳優のアンサンブルが楽しめます。

LAで花屋を営むリードは、一緒に暮らす恋人モーリーに朝一番でプロポーズをする。笑顔で婚約指輪を受け取る彼女だったが、リードが仕事に出かけるとモーリーは部屋の荷物をまとめて出て行ってしまう。
小学校教師・ジュリアは、バツイチの医師ハリソンとめぐり合い、幸せの絶頂にいた。出張サンフランシスコへ行く彼を、後からこっそり追いかけるつもりだったが、ハリソンは全く別の場所へと向かっていた。
出逢って50年を過ぎても変わらぬ愛を誓い合う仲睦まじい夫婦。ところが、妻のエステルは、夫のエドガーに重大な告白をする。
同じ会社で働く秘書リズと郵便係のジェイソンは、付き合い始めて2週間のカップル。彼女は誰にも言えないサイドビジネスに励んでいた。
皆がバレンタインデーを楽しんでいる中、毎年恒例の『バレンタインデーなんか大嫌いだ!パーティ』を開く有名アメフト選手のパブリシスト・カーラ。スポーツキャスターのケルビンは、電撃引退のスクープを狙って彼女に近付くが、彼女がバレンタインデーを嫌う本当の理由を知り、その存在が気になり始める。
飛行機にたまたま隣合わせた洗練された物腰が魅力的なホールデンと、11ヶ月ぶりに滞在許可が下り、一晩だけ大事な人に会い行く女性軍人のケイト。会話を交わすうちに惹かれあっていく二人だったが、共に意外な人が待っていた。
年齢も職業も、愛のかたちも様々な男女たちが織り成す愛の行方は?

これだけ豪華な面々が次々に出てくると、誰に絞って観れば良いのか、迷ってしまいますよね。

中には本筋に絡まない人もいますし。

僕はフラワーショップのオーナーのアシュトン・カッチャーに照準を合わせて観ていました。

結果から言うと、彼と彼の女友達の小学校教師のジェニファー・ガーナーを中心にするのが、正解だったみたいです。

彼の経営するショップに集まるお客さん達を中心に物語が展開していき、彼を仲介して繋がっていきます。

そして、二人とも幸せの絶頂で痛い失恋をして、大切なものに気付いていく。

映画としては固い線ではありますが・・・。

アン・ハサウェイの美人秘書は、かわいかったですね。

でも、彼女はあんな役で良かったのだろうか・・・。

ベテラン女優のシャーリー・マクレーンは貫禄たっぷり。

野外映画会で自分の昔の映画が映し出されているスクリーンの前で、まんまラブシーンを魅せてくれました。

注目は、ジュリア・ロバーツの姪のエマですかね。

出番としては多くないけど、かなりの美形で印象的。

日本では未公開作品が多いのですが、アメリカでは既にティーンのアイドル的存在だとか。

先日のグラミー賞で至上最年少で最優秀アルバム賞を受賞したテイラー・スウィフトも、この作品で女優デビュー。

『トワイライト』のテイラー・ロートナーとバカップルを演じます。

地上のバカ騒ぎとは一線を引き、大人の会話を楽しむのは、ジュリア・ロバーツとブラッドリー・クーパー。

二人とも格好良い。

恋が始まるのかなと思ったら、意外なオチをつける役回りだったのですね。

たまにはこういう映画も楽しいかなとは思いますが、内容的には非常に薄味な印象は否めません。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『おとうと』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33420638

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『バレンタインデー』鑑賞:

» 「バレンタインデー」豪華スター競演を2時間楽しむ [soramove]
「バレンタインデー」★★★☆ アシュトン・カッチャー、ジェシカ・アルバ、ジェシカ・ビール、パトリック・デンプシー、ジュリア・ロバーツ主演 ゲイリー・マーシャル 監督、119分、 2010年2月12日公開、アメリカ,ワーナー (原題:Valentine's Day )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 2月12日―14日の北米映画興行収入ランキングで、 5240万ドル(約47億2000... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 20時34分

« オススメ!映画紹介『おとうと』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊』 »