« Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ | トップページ | 【新宿三丁目】ビフテキあづま »

トップリーグ09-10!プレイオフ・ファイナル 三洋電機vs東芝@秩父宮ラグビー場

今日も秩父宮です。

トップリーグチャンピオンを決するファイナル。

チケット売り場(東芝側の引換所?)が、長蛇の列になっていました。

ほぼ満杯じゃないですか?

まぁ、指定席が所々ボコッと空いているのは、きっとサントリーファンが購入していたのですね。

僕は来ましたけど。

三洋のキャプテン霜村と北川智規がインフルエンザで欠場というニュースが流れていました。

「何、この肝心な時に」という思いはありましたが、かと言ってアスリートは無闇に注射とかできないだろうから、コンディション管理は大変なんだなぁ、とも思いました。

試合の方は、ファイナルに相応しい、まさに凄まじい熱戦でした。

先週、サントリーをその気迫で退けた東芝は、今週も強気に攻めまくった。

しかし、リーグ最少失点の三洋電機のディフェンスは固かった。

前半は、数少ないチャンスにPGを選択した東芝が6-0とリードして折り返した。

今日はトニー・ブラウンのキックの精度が良くなかったのが、気になりましたね。

なかなか陣地が進めない。

それでも、ワンチャンスで逆転できる範囲なので、後半に先に動いた方が有利と読んでいたのですが・・・。

後半も、東芝が攻め、三洋が守るという展開だった。

しかし、攻めても攻めても、返されてしまう。

残り10分。CTBの入江に代えて、前キャプテンの榎本を入れると、三洋の猛攻タイムと突入する。

故意にモールを崩したということで、HO湯原がシンビンで退場。

フォワードが1人足りないところで、もう1度同じ反則をすれば、ペナルティ・トライもあり得るという状況。

それでも、東芝は姿勢を崩さず、ついに前半の6点を守り通して、二連覇を達成した。

勝利者インタビューでスクリーンに大きく映し出されたキャプテン廣瀬の左目の下は、内出血で青く腫れていた。

まさに死闘だった。

インタビューでは、去年は優勝しながら、色々あって、瀬川監督を胴上げすることが出来なかった、今日漸く出来る、というような内容のやり取りがあった。

出来すぎと言えばそれまでだが、その思いの強さが結実したのだと思う。

リーグ戦を無敗で勝ち上がり、今日もこれと言って敗因のない三洋電気は悔しいでしょうね。

そして、更に強くなるに違いない。

三洋電機の日本選手権は20日秩父宮での準決勝から。

順当にいけばサントリーと、リーグ戦での同点の決着を付けるところから始まる。

勝ち上がってくれよ~!

来週は大阪遠征する予定です!

|

« Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ | トップページ | 【新宿三丁目】ビフテキあづま »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33196746

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ09-10!プレイオフ・ファイナル 三洋電機vs東芝@秩父宮ラグビー場:

« Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ | トップページ | 【新宿三丁目】ビフテキあづま »