« 愛読書!『真幸くあらば/小嵐九八郎』 | トップページ | Live! ゆず【ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO】@さいたまスーパーアリーナ »

オススメ!映画紹介『マッハ!弐』鑑賞

Mach2

CGやワイヤーも使わない生身のアクションで話題になったタイ映画『マッハ!』。

主演のトニー・ジャーが初めての監督にも挑戦しました。

アユタヤ王国による侵略が進むタイ。東の王国では家臣ラーチャセーナによるクーデターが起こり、国王とその妻が殺される。しかし、国王の息子のティンは逃げ延びる。
悪名高い山賊のリーダー・チューナンに助けられたティンは、山賊たちの住む山奥の村で生活し、ムエタイ、剣術、カンフーなどありとあらゆる格闘技を徹底的な教えられ、究極の戦士へと成長する。
チューナンはティンを自分の跡目にと考え、ティンもチューナンを父のように慕っていたが、彼にはどうしてもやり遂げなければならないことがあった。
両親を殺したラーチャセーナへの復讐を果たすべく、ティンはひとり乗り込んでいく・・・。

予告等では「ドラマなし、98%がアクション」という触れ込みでしたが、そんなことありませんでしたね。

両親の復讐という定番中の定番なドラマですが・・・。

確かに初恋のエピソードとかはとりあえず入れたというか、調理不足という印象でしたね。

終わり方も唐突に終わりましたし。

まぁ、滅び行く国の皇子な訳ですから、復讐を果たして生き延びるという設定は有り得ないのですが・・・。

アクションは見事でした。

時代劇ということで、ムエタイだけでなく、様々な格闘技を見せてくれます。

何と酔拳まで!

日本の居合いも出てきますが、アユタヤ王朝時代は日本と交易もあり、商人が往来していましたから、丸っきり出鱈目ということもないのですよね。

象の背中を飛び回る等、象を使ったアクションも見事です。

車とかは人間が調整できるけど、動物は予測できないから怖いですよね。

後半になればなるほど、アクションが冴え渡りました。

前作の『トム・ヤン・クン』は、可愛がっていた象を取り戻すためだけに、そんなに暴れ回るのかい?って疑問がありましたが、今回はストーリー、アクション共に満足いく出来だったと思います。

映画館ではあまりお会いできないような、ゴツイお兄さん達が多いのも楽しいです。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« 愛読書!『真幸くあらば/小嵐九八郎』 | トップページ | Live! ゆず【ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO】@さいたまスーパーアリーナ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32949938

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『マッハ!弐』鑑賞:

» マッハ!弐 [LOVE Cinemas 調布]
映画『マッハ!』の主演俳優トニー・ジャーが自ら監督・主演・原案を務めた同作第2弾。ただし第2弾とはいっても内容的につながりはない。CGもワイヤーも使わないガチンコアクションの迫力が売りの作品だ。監督と原案には前作『マッハ!』のアクション監督を務めたパンナー・リットグライが共同で参加している。ムエタイだけでなく中国拳法、武器、果ては日本の居合いまでもが登場するアクションシーンは圧巻。... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 22時22分

» 「マッハ!弐」超絶技健在!悪役顔が惜しい [soramove]
「マッハ!弐」★★★★ トニー・ジャー、プリムター・デットウドム、ソラポン・チャートリー出演 パンナー・リットグライ、トニー・ジャー監督、98分 、 2010年1月9日公開、2008年、タイ (原題:ONG-BAK2)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「トニー・ジャーという名前もだいぶ覚えた、 最初の『マッハ!』の笑えて痛い予告編は強く印象に残った、 前売りを買うとムエタイの技... [続きを読む]

受信: 2010年1月19日 (火) 23時27分

« 愛読書!『真幸くあらば/小嵐九八郎』 | トップページ | Live! ゆず【ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO】@さいたまスーパーアリーナ »