« オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 | トップページ | トップリーグ09-10第13節!サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »

オススメ!映画紹介『銀色の雨』鑑賞

Silver_rain

浅田次郎氏の短編小説の映画化。

この作家の映像化率も高いですね。

米子市の高校生・和也は、新聞店に住み込み、働きながら学校に通っている。中距離ランナーとして陸上部に在籍し、働きながら学ぶ『青少年の鏡』として表彰されたこともある。しかし和也はそんな自分を嫌悪し、無力感、焦燥感、将来への不安を抱いていた。集金の金額が足りないことを店主にとがめられた和也は、店を飛び出してしまう。
米子駅をふらついていた和也は、かつて母親のスナックで働いていた菊枝と再会する。和也は、彼を弟のように気にかけてくれる菊枝の一人暮らしのマンションに転がり込む。
元日本チャンピオンのプロボクサー・章次は、東京から故郷の米子を目指していたが、母の住む美保関に戻るのを躊躇していた。
米子で不良少年だった章次は昔の仲間に襲われるが、その現場にいた菊枝に助けられ、菊枝のマンションでの3人の共同生活が始まる。
互いに影響し合う彼らの心に、次第に変化が表れる。章次が不器用ながら大切なものを守り抜こうとする姿を見た和也は、ある事実を知る。

米子という地方都市を舞台にしたことで、何処か懐かしく、ノスタルジックな雰囲気が溢れていた。

すごく盛り上がるということはない、地味な作品ながら、人と人とのつながりみたいなのが、心地よく伝わってくる。

賀来君は、普通の高校生らしさを持っている。

獅童ちゃんは、いつになく寡黙で不器用な男を、力まず演じている。

そして、前田亜希ちゃんが、いきなりスナック勤めの水商売の女として登場するのが、ある意味で衝撃的でした。

まだ、高校生役が似合うと思っていたからなぁ。

章次の両親を演じた品川徹、佐々木すみ江さんが印象的でした。

サンドイッチマンの2人は、少し微妙かな・・・。

こういう設定の展開の場合、嘘臭くなってしまいがちだけど、地方の狭い世界としたことで、あるかもしれないと思わせますね。

米子で本格的なロケをしたのは始めてらしいです。

やや年配の方が多かったけど、観に行くのなら、少人数でじっくり、どっぷり観ていただきたいです。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 | トップページ | トップリーグ09-10第13節!サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32886048

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『銀色の雨』鑑賞:

» 銀色の雨 [LOVE Cinemas 調布]
浅田次郎の同名の短編小説を映画化。鳥取県米子市を舞台に年齢も職業も全く違うけれども実は1本の糸で繋がっている男女3人が出会い、それぞれの心の傷を乗り越えて行く様を描いた作品。主演は『ごくせん THE MOVIE』の賀来賢人。共演に「レッド・クリフ」の中村獅童、『最終兵器彼女』の前田亜季。他にも濱田マリやお笑いコンビ・サンドウィッチマンも出演している。監督は『銀のエンゼル』の鈴井貴之。... [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 21時21分

« オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 | トップページ | トップリーグ09-10第13節!サントリーvs三洋電機@秩父宮ラグビー場 »