« 初詣 2010 | トップページ | オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『海角七号 君想う、国境の南』鑑賞

Kaikaku7

年末に鑑賞した作品です。

台湾では2008年に空前の大ヒット作。

台湾に駐在していた会社の後輩も「私も向こうで観ました。バカみたいに騒いでた。」と話していました。

台湾最南端にある恒春。台北でミュージシャンとして成功する夢に破れ、故郷の恒春に戻った阿嘉は、無気力な日々を過ごしていたが、郵便配達の仕事を与えられる。
働き始めた阿嘉は、宛先不明の郵便物の中に、日本統治時代の住所『海角7号』宛の小包を見つける。同封されていたのは、60年前に書かれた7通の手紙。敗戦によって台湾から引き揚げる日本人教師が、愛しながらも別れなければならなかった台湾人女性を想って船上で綴ったラブレターだった。
そんな頃、恒春では日本人歌手・中孝介を招いて催される町興しライブの前座バンドのオーデションが開催され、阿嘉も無理やり駆り出される。他のメンバーは、少女から老人まで年齢も職業も様々。即席の寄せ集めで練習もままならず、やる気のない阿嘉の曲作りも難航し、日本人スタッフの友子とも衝突を繰り返す。ライブの日は刻々と近づいてくる。
バンドは無事にステージを努められるのか?
60年前の手紙は宛名の女性に届くのか?
南の空に虹がかかるとき、小さな奇跡が起こる・・・。

前半は、日本人教師のラブレターの格調高い日本語の響きとノスタルジックな雰囲気と、現代の若者たちの姿のギャップが激しくて、正直「これが台湾No.1作品?」と不思議な気持ちで観ていました。

怠惰な阿嘉は、配りきれなかった郵便物を家のダンボールに捨てている。

売れないモデルの友子は、人手が足りず通訳兼現場監督として働くが、いつも不満を抱えている。

ヤクザ風の市議会議長、少数民族の警察官、人妻に恋する自動車修理工、酒メーカーの販売員などが、コメディタッチに物語が展開していきます。

しかし、物語の真ん中に音楽があるのは強い。

正直、あれだけバラバラのメンバーが数日間でまとまる訳がないじゃん、とツッコミどころ満載だし、日本人の女子が台湾人の男子と恋に落ち、60年前の悲恋を投影させていく展開は、予想通りの展開である。

それなのに、最後のライブシーンでは、感動してしまっている。

シューベルトの『野ばら』も輝いて聴こえます。

すごく短い時間の中で、前半と落差をつけることで、後半に一気に盛り上げて、感動作にまとめ上げている、上手い脚本、演出である。

日本人教師と本人の二役で登場する中孝介の歌声も堪能できます。

この映画を観て、ますます台湾、行きたくなりました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 初詣 2010 | トップページ | オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32834372

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『海角七号 君想う、国境の南』鑑賞:

» 「海角七号 君想う、国境の南」人を想う気持ちは変わらない [soramove]
「海角七号 君想う、国境の南」★★★ ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介出演 ウェイ・ダーション監督、98分 、 2010年1月9日公開、2009年、台湾 (原題:海角七號)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「2008年に台湾で公開され、台湾映画興行収入の記録を塗り替えた大ヒット作。 台湾でのミュージシャンになる夢に破れた主人公は 故郷の台湾最南端の... [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 07時41分

« 初詣 2010 | トップページ | オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 »