« オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 »

愛読書!『すべては海になる/山田あかね』

Umininaru

年末に読んでいた本です。

著者が監督し、佐藤江梨子、柳楽優弥主演で映画化された原作小説。

二十七歳、独身の夏樹は、大手の書籍店で働くようになってから5年が経つが、いまだにアルバイト扱いのまま。彼女は17歳のときに援助交際の経験があり、今でも人間関係がうまく築けないでいた。寂しさを紛らわすため、既婚者や出版社の営業の男性と付き合うが、心の隙間は埋まらない。
ある日、夏樹は店で中年女性の万引きを目撃する。大学教授の妻である彼女の家を訪れた夏樹は、高校生の息子・光治と出会う。学校でのいじめに耐えながら、気丈に崩壊家庭を立て直そうとする光治に、夏樹は強く心を惹かれる。

すごく痛い作品でした。

援助交際をしているという意識のないまま援交をしていた女性は、大人になっても、愛のない男との割り切った関係を持っている。

書店員による書評が広告文句に使われるとか、万引きGメンとか、出てくる小ネタが結構リアルなので、有りだなぁ、と思いながら、読んでいました。

もう一方で、愛のない家庭で懸命に生きる少年。

登校拒否することを拒否する、という独自の哲学を持っているのが、ユニークであり、自分に似ている部分も感じました。

正反対な二人は共鳴し合い、メール交換とたまに会うだけのデイトするという、実にプラトニックな関係のまま、最後まで進んでいくのが、素敵に思えました。

ラストは京急で三浦海岸に行くのですね。

久しく行っていないので、暖かくなったら、行ってみたいなぁ、と思いました。

主演が好きな俳優の2人だけに、映画館で観るのが楽しみです。

|

« オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32857972

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『すべては海になる/山田あかね』:

« オススメ!映画紹介『アサルトガールズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『アバター』鑑賞 »