« 【新宿三丁目】麺創房 玄 | トップページ | オススメ!映画紹介『真幸くあらば』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『ソフィーの復讐』鑑賞

Sophie

主演のチャン・ツィイーがプロデュースも務めたラブコメディー。

国際派、大作のイメージの強いチャン・ツィイーのドタバタな演技が新鮮です。

女流漫画家のソフィーは、イケメン外科医のジェフとの2年の交際の末、ついに婚約にこぎつけた。しかし、女優ジョアンナの手術を担当したことから、心変わりしたジェフはソフィーに別れを告げる。
ソフィーはショックで引きこもりになり、結婚式を楽しみにしている母親にも破談を伝えられないまま、時間だけが過ぎていった。親友のルーシー、リリーが励ます中、ソフィーは結婚式までの2ヶ月間でジェフを取り戻し、その作戦を新作として披露することを計画する。
しかし、最初の作戦のためにジェフの仕事場を訪れたソフィーは、彼の面前で立て続けに救いようのないドジを踏みまくってしまう。
台湾出身の写真家・ゴードン主催のハロウィン・パーティで、仲睦まじいゴードンとジョアンナの写真を偶然に見つけソフィーは、ゴードンを自分の計画に引き込むことを思いつく。ゴードンも渋々ソフィーの計画に協力することになるが・・・。
果たしてソフィーはジョアンナから婚約者を奪い返すことができるのか?

まず、中国映画でここまでドタバタのラブコメが観られたことが、スゴイと思った。

韓国資本が入っているとは言え、香港映画を観ているよう。

女流漫画家が人気トークショーで、ヒット作のモデルとなった運命的な出会いを告白するという作りはオーソドックスな感じはします。

舞台になっているのが、大陸っぽくないのは、どの国の人が観ても、自分を投影させやすくする配慮でしょうね。

何よりも主演のチャン・ツィイーが実に楽しそう!

キュートで、セクシーで、彼女の持っている魅力、表情を、とっかえひっかえ、これでもかと連打する。

彼女、アクション物も良いけど、コメディーもイケるんですね。

リウ・イエと同級生という演技学校時代は主席だったというのも、伊達ではないのですね。

女性はファッションも参考になるんじゃないですか?

ライバル役のファン・ピンピンも絶妙。

高ビーな女優という古典的な敵役をイクとこまでイってる演技を見せます。

時代劇の衣装で走り回ったり、美人なだけに行動が滑稽で可笑しかったです。

中国公開時のポスターは、女優二人の対決というイメージなのですよね。

で、男優陣ですが、まず日本では大きく取り扱われている韓国俳優のソ・ジソブ。

正直に言って、資本参加した韓国での公開のためにキャスティングされた意味合いが強く、出番もそれほど多くありません。

期待が大きすぎると、ガッカリする方もいるかもしれません。

それでも、二人の美女の間で揺れ動く心情の変化は見事に演じています。

ゴードンを演じるピーター・ホーは、日本とも縁の深いタレントなので、彼をもっと大きく扱っても良いんじゃないですかね?

実際、彼の方がソフィーと絡んでいくことになるわけだし。

非常に性格の良い兄貴というイメージで、彼の魅力を引き出していたのではないでしょうか。

カップル、韓流のオバサマ&その旦那様、そして、チャン・ツィイー目当て(?)の男性と、結構バラエティに富んだ客層でしたね。

チャン・ツィイーは、次はどんな作品でくるのか、楽しみが増えました。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 【新宿三丁目】麺創房 玄 | トップページ | オススメ!映画紹介『真幸くあらば』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>主演のチャン・ツィイーがプロデュースも務めたラブコメディー。
監督がチャン・ツィイーに泣きついていなければ作られなかった映画です。ファン・ビンビンの役は、一般的なイメージ(高慢でワガママそう)のチャン・ツィイーのパロディーに見えます。タイプは違うのですが二人は中国女優の中でも飛び抜けて美しいと思います。映画の中では対立していますがファン・ビンビンとチャン・ツィイーは非常に仲が良いそうです。
また監督が言うにはチャン・ツィイーは仕事に関してプロフェッショナルで非常に、非常に、非常にIQが高いそうです。(非常にが3回も!!)だからプロデューサーとしても成功したのでしょう。
>チャン・ツィイーは、次はどんな作品でくるのか、楽しみが増えました。
次の作品がチャン・ツィイーにとって本命の作品で「雪花と秘文字の扇」です。これも自分でプロデュースします。デビューして10年、やっと本当に自分の撮りたい映画を作れるようになりました。近年増々スゴミが出てきたと思います。チャン・ツィイーとチョン・ジヒョンが”フルヌード”になると言う事で話題になっています。二人とも初ヌードです。原作読みましたが、すばらしく、チャン・ツィイーにとって最高傑作になる予感がします。物語の舞台、そして撮影は中国ですが言語は英語でハリウッド映画です。『ソフィーの復讐』とは全く反対でシリアスドラマです。見ている方が辛くなるような悲惨で残酷な映画です。

投稿: よし | 2010年1月18日 (月) 23時00分

SunHeroと申します。私も「ソフィーの復讐」観ました。素直に面白いと思いました。TB送信しましたので、よろしくお願いします。

投稿: SunHero | 2010年1月25日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33003688

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ソフィーの復讐』鑑賞:

» ソフィーの復讐 [LOVE Cinemas 調布]
『ホースメン』のチャン・ツィイーが送るラブコメディ。結婚1ヶ月前に振られた漫画家ソフィーが、恋人を取り戻そうと様々な作戦を展開する。共演に『映画は映画だ』のソ・ジソブ、『墨攻』のファン・ビンビン、『着信アリ2』のピーター・ホーが出演。脚本・監督はエヴァ・ジン。チャン・ツィイーのキュートなコメディエンヌぶりに注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 22時26分

» ソフィーの復讐 [非常完美 / Sophie's Revenge](2009中国韓国) [音楽ウェブロッジSunHero]
昨年夏、中国と韓国で相次いで公開になった「ソフィーの復讐」、雑音ばかりが聞こえてくる状況にヤキモキしながら、日本公開を待ち侘びていました。 [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 19時20分

« 【新宿三丁目】麺創房 玄 | トップページ | オススメ!映画紹介『真幸くあらば』鑑賞 »