« オススメ!映画紹介『マッハ!弐』鑑賞 | トップページ | 【新宿三丁目】麺創房 玄 »

Live! ゆず【ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO】@さいたまスーパーアリーナ

さいたまスーパーアリーナに行ってきました。

ゆずのアリーナツアーのさいたま初日。

なんとアリーナ!

しかもかなり前の方!

肉眼でもしっかり二人の表情を確認できる距離でした。

ゆずのライブというと日産スタジアムで物販が長蛇の列で大変な目にあったことがあったので、14時過ぎに着くように家を出たのですが、さすがにすんなり買えました。

でも、かなり人はいましたけどね。

室内というか、アリーナの可動式座席の裏に店が出ていて、風を凌げるのは有り難かったですね。

プログラム、タオル、サイリウムを購入。4,800円でした。

サイリウムは、オレンジでした。

電気が落ちた瞬間、無茶苦茶きれいでした!

さて、ライブの方ですが、まだファイナルまで何ヶ所か残っていますが・・・。

新作の『FURUSATO』を聴いた時、『シシカバブー』や『いちご』が入っているものの、非常に内省的な歌が多いなぁ、と思ったのですが、そこに昔の曲を混ぜることで非常にバランス良かったですね。

1曲目は、まさかの選曲!

僕の好きな曲って、岩沢君リードの曲が多いのですが、その中でも飛びっきりの曲でした。

シングル曲が並んで、岩沢君リードの『Re:スタート』、『二つの言葉』。

3曲目で岩沢君が首かしげたので、調子悪いのかなと思ったら、そんなことなく声、出てましたね。

メチャクチャ癒されました。

次の『健太郎のお姉ちゃん』では、観客の中から選ばれた人の名前を入れて歌ってもらえるコーナーがありました。

カメラさん、美味しすぎ!

♪片想い~のところで、一緒に来ていた友達の男子のアップ狙い!

会場アンケートでも「ゆずが切っ掛けで付き合ったカップル」って多かったので、そうなると面白いですよね。

「あの時の会場での演出が縁で・・・」みたいな報告があったりして。

ここで小休止。

モニターに映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のパロディが。

そして、企画第2弾のBack to the ゆずメドレーのコーナーに突入!

いくつかバージョンがあるみたいなのですが、1998年バージョンでした。

2枚目のミニアルバムを発表後、1stシングル『夏色』で注目を集め、1stフルアルバムがスマッシュヒットと最も飛躍した年のメドレー。

どの曲もライブでお馴染みなので、メドレーでチョットずつなのが勿体無くもあり、でも聴けて嬉しいという感じでした。

ここからは新作からの曲が続きます。

悠仁のアフリカでの映像が流れて、その体験を通して生まれた曲が、更に意味を持って聴くことが出来ました。

MCで、悠仁から一昨日33歳の誕生日を迎えたとの報告がありました。

岩沢君からはプレゼントでパジャマをもらったのだとか。

ちなみに、悠仁は、半年前の岩沢君の誕生日に、岩沢君の実家に勝手に遊びに行って、ご両親の声を録音した目覚まし時計を贈ったのだとか。

携帯になって番号を覚えられなくなったが、岩沢君の実家の電話番号を覚えていたとか、路上時代のポケベルの話とか、ウダウダ感を残しつつ、『スーパーマン』へ。

昨夏のアンセムだった『いちご』では、いちごダンサーズとEXILE風ダンスもあり、一気に加速。

モニターには、ある大物美人歌手が4年振りに登場!

セクシーさに磨きをかけていました。

そして、やって着ました『夏色』!

花道が左右に2本あったので、「バカヤロー」は2回だな、と思っていましたが・・・。

見事に大失敗!

ご当地モノで「煎餅」を入れたかったのらしいけど、ゴロが合わず、自らやり直し。

「バカヤロー!ノープランだぁ!」と切り出し、「サン、サン、33才」で見事につなぎました。

楽しかったです。

この流れでの『嗚呼、青春の日々』は泣けましたね。

チョット、色々なものが頭を横切って、気が着いたら涙がこぼれてました。

盛り上がりが一気に引いて、年末にも亡き父への想いを熱唱した『逢いたい』、そして、新・人生の応援歌『虹』。

この辺も最近の鉄板ですね。

アンコールは、誰かの「せーの」の掛け声で18,104人のバースディ・ソング。

右から左から、後ろから前から、何度も何度もリフレイン。

再登場の悠仁も「すごい嬉しかった」と素に戻って言っていました。

更には「生きてて良かった」とまで。

全員でタオルを広げて、投げると本当に虹が出来たようで、きれいでしたね。

そして、そう言えば、今日はまだこれやってなかったね、の定番ソング。

オー・ラスの『みらい』は、エンディングが『はるか』のエンディングにつながるバージョンでした。

すごくスムーズで、同じ曲に聴こえました。

お別れの挨拶は、「1つ言い忘れていたことがありました。明けましておめでとうございます」と、ある意味「ゆず」らしい挨拶となったのでした。

楽しくて、感動して、追加公演もチケット申し込めば良かったかな、と少々反省しつつ。

MP3で心のふるさとの唄を聴きながら、僕の故郷である東京へ向かうのでした。

本当にありがとう。

そして、誕生日おめでとう。

|

« オススメ!映画紹介『マッハ!弐』鑑賞 | トップページ | 【新宿三丁目】麺創房 玄 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33011260

この記事へのトラックバック一覧です: Live! ゆず【ARENA TOUR 2009-2010 FURUSATO】@さいたまスーパーアリーナ:

« オススメ!映画紹介『マッハ!弐』鑑賞 | トップページ | 【新宿三丁目】麺創房 玄 »