« 【渋谷】ラーメン千代松 | トップページ | Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ »

ラグビー09-10!トップチャレンジ第3節@秩父宮ラグビー場

来シーズンのトップリーグ昇格を掛けて、関東・関西・九州各リーグの上位チームが戦うトップチャレンジ。

NTTコミュニケーションと豊田自動織機の試合を観てきました。

先週、豊田自動織機がマツダを下し、両チームともトップリーグ昇格を決めているのですが、トップチャレンジの1位は、日本選手権に出場できるとあって、熱い戦いを観ることが出来ました。

先制したのは、豊田自動織機。

ニュージーランダーのSO・ウィリアムスから繰り出されるパスを軸に、バックスで回していく。

そして、フォワードなのに、バックス並の走力で突破する選手が一人。

何と、斉藤祐也。

こんなところにいたのですか!

明大からサントリーに入社後、欧州チャレンジし、帰国後は一時期、神戸製鋼にいたけど。

相変わらず、でかくて、速かった!

しかし、NTTコムもSO・君島君のキックで陣地を稼ぎ、ペナルティキックで細かく刻んでいく。

そして、CTBのJPネルの突破が光っていました。

後半に、元オーストラリア代表のFB・ジェラードを導入してからは、ビックプレイ連発で凄かったですね。

ジェラードが入ってからは、栗チャンはCTBの位置でプレイ。

果敢にタックルに入っていたけど、後半20分位で肩を痛めた様子。

既にバックスは全てのリザーブを導入していたので交代できず、最後までプレイを続行していましたが、大丈夫だったのでしょうか?

試合後、お嬢さんを担いだり、普通にしていましたが、少し心配です。

最後の方は豊田自動織機も猛攻しましたが、38-35の僅差でNTTコムが日本選手権出場となりました。

東海大に勝てば、トヨタ自動車か神戸製鋼の勝者と対戦。

豊田自動織機とのフォワード戦では、ラインアウト、モール共に、NTTコムに分がありましたが、トップリーグの上位陣とはこうは簡単に試合させてもらえないでしょうね。

それでも、君島君のキックがどこまで通用するか、最終兵器のジェラードを何処で投入するか、楽しみではあります。

10-11シーズンは、サントリーだけではなく、NTTコムにも注目です。

明日はプレーオフ・ファイナル。

先週書いたように三洋電機を応援するつもりでしたが・・・。

会社の営業部のエライ方に「日曜日は観に行くの?府中さんはウチの大得意先なんだから、東芝を応援してね」と頼まれてしまいました。

で、結局は東芝を応援するつもりです。

明日は、曇りだけど気温は高いそうなので、試合は観やすいかもしれませんね。

|

« 【渋谷】ラーメン千代松 | トップページ | Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/33185796

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー09-10!トップチャレンジ第3節@秩父宮ラグビー場:

» トップリーグ チャレンジ(NTTコムvs豊田自動織機) [DEEP猛虎会]
試合全体の話は、後ほどの投稿に載せるとして、激しい後半戦の模様を写真とともにお伝えします。 ====== 日時:2010年1月30日(日)14:00開始 場所:秩父宮 対戦:NTTコミュニケーションズ(イースト1) − 豊田自動織機(ウエスト1) ====== 後半戦は、両チームが2トライを挙げて、乱打戦?の予感がします。 さらに差を広げようと攻め込むNTTコム。 Nコムが追加トライを挙げて、38対21と大きくリード! 完全に安全圏内だとおもっていま... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 20時26分

» NTTコムがラグビー日本選手権に進出! [DEEP猛虎会]
トップリーグへの昇格を決めた2チームの対戦。 ====== 日時:1月30日(日)14:00 場所:秩父宮 対戦:NTTコミュニケーションズ(イースト1)   −   豊田自動織機(ウエスト1) ====== 省エネモードのつまらない試合になるかと思ってましたが、日本選手権への進出をかけて白熱したいい試合になりました。 まずは、ボールを圧倒的に支配する豊田自動織機が先制トライ。 ウィリアムス(背番号10)が試合全体をコントロールして、NTTコムにはまずい展開です。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 20時29分

« 【渋谷】ラーメン千代松 | トップページ | Live! 松たか子『Time for music』@中野サンプラザ »