« Live! 宮沢和史【寄り道2009-2010】@九段会館大ホール | トップページ | よさこいソーラン節 »

ラグビー09-10 全国大学選手権決勝@国立競技場

どちらが勝っても初優勝という大学選手権決勝。

試合前は勢いから言って、東海大が来るのかなと思っていたのですが、両校共に気迫のこもった、拮抗した試合展開で、あっと言う間の40分でした。

今日の試合はタイムキーパー制だったのですね。

前半はロスタイムは?とか気にしちゃいました。

まずは帝京が先制。

バックスの展開勝負なら帝京の方が強いかもな、って思ったのだけど、後半はモールを押し込んでのトライもありました。

東海大はマイケル・リーチを中心に個のパワーで突破して、チームで攻め込んでいく。

有効でないキックの蹴り合いもあったものの、両校共にすごくバランスの良いチームだったのだなぁ、と改めて思いました。

最後、1点のビハインドを必死に追う東海大が攻めるのだけど、帝京大の鉄壁のディフェンスで守り切りました。

14-13で、ノーサイド。

歴史に残る名勝負だったのではないでしょうか。

去年、決勝で早稲田に負けて、悔しい気持ちのまま卒業した先輩、試合に出られない130人の仲間達、全てが力になった。

勝利インタビューで野口キャプテンが話していた。

大学スポーツの場合は、同じ学校というだけで、その年、その年で全く違うチームが出来上がる。

だけど、想いみたいなものは受け継がれていくのだとしたら、その分、帝京の方が最後の最後で勝利を引き寄せたのかもしれない。

ラグビーの試合を観て、こんなに純粋に楽しいと思ったのは、久し振りかもしれない。

『荒ぶる』も『北風』もなくても、大学ラグビーっていいなぁ、と思いました。

観客は結構入りましたけど、スコ~ンと空っぽのブロックもありましたね。

でも、稲穂マークのアディダスのコートは、何気に多かったですよ。

うん。やっぱり来年は荒ぶる』を聴きたいな。

帝京大学ラグビー部の皆さん、おめでとうございます。

そして、感動をありがとうございました。

|

« Live! 宮沢和史【寄り道2009-2010】@九段会館大ホール | トップページ | よさこいソーラン節 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32935810

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー09-10 全国大学選手権決勝@国立競技場:

» 実質的な優勝は早稲田だ [愛国を考えるブログ]
大学ラグビー選手権は帝京大学が優勝した。しかし、決勝のカードは東海大学との対戦だったのでつまらなかった。やはり早慶明が出ていればよかったのだ。そう思ってる方々に勇気付けたいと思いこのブログを書く。 そもそも帝京大学は対抗戦の4位である。そう、上には早慶..... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 08時49分

« Live! 宮沢和史【寄り道2009-2010】@九段会館大ホール | トップページ | よさこいソーラン節 »