« オススメ!映画紹介『PUSH 光と闇の超能力者』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『イングロリアスバスターズ』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『曲がれ!スプーン』鑑賞

Magare

『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が、製作集団【ROBOT】と共に、『サマータイムマシーン・ブルース』に引き続き、劇団「ヨーロッパ企画」の演劇を映画化しました。

クリスマス・イブ。喫茶店【カフェ・ド・念力】では、日頃は能力を隠しひっそりと暮らす本物のエスパー達が集い、自らの能力を思う存分披露し合うエスパーパーティーが開かれていた。
一方、超常現象バラエティ番組『あすなろエスパー』のAD・桜井米は、番組企画でエスパーを探して全国行脚の旅に出ていた。視聴者からの情報を頼りに日本全国を旅して回るが、行けども行けどもインチキばかりで、テンションが下がり気味。
ディレクターからの帰京命令が下った米が、最後の取材場所として立ち寄ったのが、【カフェ・ド・念力】だった。
自分達の超能力がばれてはならぬ、と必死エスパー達。その上、集まった仲間の中に贋エスパーが紛れていたことが発覚!
果たしてエスパー達は、米に自分達の能力がばれることなく、帰すことが出来るのか!?

面白かった。

長澤まさみって、こういうコメディで、天然系のキャラの方が似合うかもしれませんね。

発見でした。

この作品、単独で観ても十分楽しめるのですが、これから観るという方は、事前に『サマータイムマシーン・ブルース』、『UDON』を観てから、映画館に向かうことをオススメします。

この3本の共通点は、舞台が監督の故郷・香川県(らしい)というところ。

『サマータイム』の大学のSF研究会の面々が、まず、超常現象の取材対象、たい焼き屋のクレーマーのトリオ、ケーキ屋のアルバイト、そして、全てを見届ける【神】の象徴として登場します。

彼らは『UDON』でも同様に登場しているのですが、物語と関係ないところで、必死にリンクを探しながら、クスクスしてました。

UFOを呼ぶ男が三代目魚武濱田成夫で、自作の詩を叫ぶとい設定も、何とも不思議な雰囲気でした。

【カフェ・ド・念力】にやって来るエスパーさん達、地味ですよね。

5秒間時間を止めるとか、家電以外の電子機器の操作とか。

と、書いたけど、この2つが欲しいと思いました。

演劇畑の超個性派俳優が、濃い演技を見せてくれます。

物語が巡り巡って、つながっていくのも気持ちが良かった。

劇団「ヨーロッパ企画」の舞台版『曲がれスプーン(「冬のユリゲラー」改題)』が、新宿紀伊国屋で再演するそうです。

土・日のチケットは完売ですが、平日の夜なら、まだ発売中のようです。

観てみたい、と思っています。

オススメしたいけど、独り占めもしたい小品でした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『PUSH 光と闇の超能力者』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『イングロリアスバスターズ』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32422927

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『曲がれ!スプーン』鑑賞:

» 曲がれスプーン [LOVE Cinemas 調布]
『踊る大走査線』の本広克行監督と亀山千広プロデューサーの名コンビが送る最新作。劇団ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」が原作の、シチュエーションコメディだ。主演は『群青 愛が沈んだ海の色』の長澤まさみ。共演に三宅弘城、志賀廣太郎、寺島進、松重豊となんとも玄人受けする個性派俳優が顔を並べている。超能力番組のAD桜井米が、エスパーを探して行き着いた先には…。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 23時24分

« オススメ!映画紹介『PUSH 光と闇の超能力者』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『イングロリアスバスターズ』鑑賞 »