« 愛読書!『悪人/吉田修一』 | トップページ | 2009年末の風景 in TOKYO »

オススメ!映画紹介『ウルルの森の物語』鑑賞

Ululu

動物と子役には大人は勝てないと言いますが・・・。

心臓の病気で母・夏子が入院することになり、昴としずくの兄妹は、夏休みの間、5年前に離婚した父・大慈の暮らす北海道で過ごすことになった。大慈は野生動物救命所の獣医をしていた。
慣れない生活に戸惑う兄妹だったが、大慈の妹でカメラマンの千恵や近所の牧場の拓馬も、兄妹を優しく見守り、美しい大自然や野生動物たちとの触れ合いを通じて、少しずつ寂しさを紛らせていく。
ある日、しずくは1匹の子犬と出会う。母親と離ればなれになった子犬に自分の境遇を重ねたしずくは、世話をすることを条件に飼う許可をもらう。しずくは子犬にウルルと名付ける。
そんな時、大慈の後輩で野生動物保護協会の長谷部家を訪れ、ウルルが絶滅したエゾオオカミの可能性が高いと告げ、しかるべき機関に預けるべきだと主張する。
昴としずくは、ウルルを母親オオカミに返すため、伝説のオオカミの国【ホロケシ】(アイヌ語で「オオカミの棲むところ」)を目指し、ウルルを連れて冒険の旅に出る。

北海道の雄大な自然とその中の野生動物たちと、純真に感動し、行動する子供達の映像は、やはり素晴らしい。

それでは大人はどうか。

【サスペンスの帝王】船越英一郎は、実在の獣医がモデルということで、割とクールに、丁寧に演じていたように思いました。

冒険する子供達を直ぐ後ろから見守る父親と野生動物の親子を重ねています。

一方の深田恭子の千代は、大慈家族に入り込もうと思えば入り込めるのに、そこは踏み込まない。

あくまでも見守っているというスタンスを守っている。

彼女を語りにするという方法もあるのかな、と思ったのですが、そうしてしまうとお子様には難しくなってしまうなぁ、とか色々考えてしまいました。

でも、騒動の発端は彼女だしなぁ・・・。

すごく微妙な匙加減のポジションの役だし、彼女なら有りかなと思わせてくれました。

そして、彼らを導く老狩人役の大滝秀治さんは絶妙。

ある意味、一番オイシイかも。

しかし、女子高生役で衝撃的に登場した桜井幸子と深キョンが、小学生の母と叔母だなんて・・・。

急に老けてしまったような気分になってしまいました。

老若男女、誰が観ても、引っかかる部分のある、正月映画らしい正月映画ではないでしょうか?

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 愛読書!『悪人/吉田修一』 | トップページ | 2009年末の風景 in TOKYO »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32749316

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ウルルの森の物語』鑑賞:

« 愛読書!『悪人/吉田修一』 | トップページ | 2009年末の風景 in TOKYO »