« 新大久保【南大門のり巻き】 | トップページ | オススメ!映画紹介『THE 4TH KIND フォース・カインド』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』鑑賞

Nodame_1

先週末のスペシャルの再放送を観てしまったら、「これは映画館で観るべきだ!」と思ってしまいました。

プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋真一は、師であるシュトレーゼマンが若い頃に指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となることが決まった。
早速、フランクとオケを偵察しにいく千秋だったが、バラバラな演奏と全くやる気の感じられない団員の態度に愕然とする。老舗のオケではあるが、近年は資金不足のため、リハもままならず、多くの団員が辞め、公演も観客が集まらない、という悪循環が続いているらしい。しかも、頑固者のコンサートマスター・シモンは、千秋に協力的ではない。
一方、【のだめ】こと野田恵は、フランク、ターニャ、黒木と共に、コンセルヴァトワールの進級試験を控え、日々練習に励んでいた。そんな中、コンセルヴァトワールに千秋の幼なじみの孫Ruiが転入してきて、波乱の予感が・・・。
準備不足の中迎えたマルレ・オケの公演会当日。千秋には思いもかけない恐ろしい結末が待っていた・・・。

前半は【のだめ】ワールド全開。

千秋に公演を手伝って欲しいと言われて有頂天になる妄想や、パリのど真ん中での天敵・ゆうことのバトルなど、CGを多用して、Popな雰囲気が満載でした。

でも、全体を通した感想は、パリやウィーンを中心としたヨーロッパ・ロケのせいもあってか、シックな印象がありました。

特に本物のホールでの演奏会は見ごたえありです。

これは絶対に映画館の音響の中で聴いて欲しい。

サントラ、買いたくなりました。

この作品でコメディエンヌとしての才能を爆発させた上野樹里ですが、【のだめ】という特異なキャラクターの中で、乙女チックに恋したり、泣いたり。

特に、最後の方では愛する男(の才能)にさえ嫉妬する、アーティストとして宿命みたいなのを織り交ぜないといけないから、大変だなぁ、と感心しました。

のだめと千秋は、後編でどうなっていくのか、非常に楽しみですね。

TVドラマの時は朝ドラの直後で顔を知られた程度の福士誠治君の黒木がクローズアップされていますね。

サイドストーリーとしてのベッキー演じるロシア人ピアニストのターニャとのラブストーリー、と言っても、ターニャの一方的な片想いだけど、も気になりました。

ベッキーの視線がウザイ位に熱いので、早く気付いてやれよ!、と言う感じでした。

日本のR☆Sオケはラストにチョロっと出てくる程度。

峰(瑛太)と清良(水川あさみ)も、後編で動きがあるみたいです。

忘れちゃいけないのが、今回から登場のなだぎ武さんの演じるフランス人テオ。

ご存知の通り、【のだめ】の外国人キャラは吹き替えになるのだけど、当然彼は吹き替えではなく日本語で演じています。

しかし、口調ははじめから吹き替え風という、持ちネタに近い演技(?)が笑えました。

デュランとは違う味付けになっているところは流石ですけどね。

正直に言ってしまうと、今回は本当に最後の後編に向けたつなぎの部分は大きいと思う。

それでも、ここで描かれる恋愛も、人間的な成長も、そして、ラストへ向けた振りも、見逃すのは勿体ない出来栄えです。

テロップが流れた後、後編の予告編が流れますので、席、立たないで下さいね。

後ろの席の青年が「4月まで待てない!」と言っていたのが、印象的でした。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« 新大久保【南大門のり巻き】 | トップページ | オススメ!映画紹介『THE 4TH KIND フォース・カインド』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

日本インターネット映画大賞事務局です。
在2009年の映画ベストテンを選ぶ「日本インターネット映画大賞」の投票受付中です。
投票締切は1/14(木)です。
投票をお待ちしております。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2009年12月25日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32678698

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』鑑賞:

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [LOVE Cinemas 調布]
原作は二ノ宮知子の同名漫画。というよりももはや大人気TVドラマ『のだめカンタービレ』の最初で最後の映画化といったほうが良いだろう。上野樹里や玉木宏以外にもテレビシリーズのメンバーが勢ぞろい。監督はTVドラマの演出も手がけた武内英樹。製作はフジテレビにこの人ありの亀山千広。ストーリー的にはスペシャルドラマ『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』からの続きとなる。... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 23時22分

» のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編> [美味−BIMI−]
のだめ見てきました〜〜〜! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった〜。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実に増えたでしょうね〜〜〜。 今回楽団として出演しているのは、半数がブルノ・フィルハーモニー管弦楽団。 映画館の大音響で聞くクラシックは、感動ものですよ〜^^v。 最後はちょっと悲しくなっちゃいましたけど、ね・・・。 頑張れ!のだめ!っ... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 23時24分

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」クラッシック音楽が好... [soramove]
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」★★★★☆オススメ 上野樹里 、 玉木宏出演 武内英樹監督、121分 、 2009年12月19日:公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「のだめ(上野樹里)はパリで学園生活をし、 相変わらずのはじけっぷりだ、 前編の主役は千秋(玉木宏)で、 伝統はあるものの崩壊寸前の オーケストラ(マルレ・オケ)の指揮者に就... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 07時52分

« 新大久保【南大門のり巻き】 | トップページ | オススメ!映画紹介『THE 4TH KIND フォース・カインド』鑑賞 »