« 2009年末の風景 in TOKYO | トップページ | 新年の挨拶(2010年) »

2009年を振り返る

恒例となりました、ページ訪問数によるランキング。

今年1年間、どんなことがあったのでしょうか?

1 “みんなでドリする”Special Live@代々木体育館
2 ap bank fes '09(最終日)@つま恋
3 THE BOOM 【WE ARE THE BOOM !】@日比谷野音
4 「ISLAND MUSIC SESSION」@逗子・音霊SEA STUDIO
5 亀の恩返し(2日目)@日本武道館
6 ゆずプレゼンツ【音野祭2009】@横浜スタジアム
7 J-WAVE LIVE 2000+9(最終日)@代々木体育館
8 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '09』@夢の島
9 山崎まさよし【Walkin’in my shoes】@NHKホール
10 安室奈美恵『Best Fiction』@代々木体育館

11 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』
12 『ALTAR BOYZ』@新宿FACE
13 スガシカオ【FUNK FIRE '09】@新木場・studio coast
14 『鴨川ホルモー』@吉祥寺シアター
15 大城クラウディア【月下美人】@原宿アストロホール
16 THE BOOM【My Sweet Home】@戸田市文化会館
17 m-flo【MF10 we are one】@代々木体育館
18 新大久保【チング】500円ランチ
19 森山直太朗【どこまで細部になれるだろう】@NHKホール
20 『ROOKIES -卒業-』

21 『群青 愛が沈んだ海の色』
22 『母なる証明』
23 クラジクワイプロジェクト【Mucho MUSICA】@赤坂BLITZ
24 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』
25 『赤い城 黒い砂』@日比谷・日生劇場
26 『鴨川ホルモー』
    『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
    THE BOOM【My Sweet Home FINAL】@渋谷C.C.Lemonホール
    『南極料理人』
30 THE BOOM 【My Sweet Home】@横浜BLITZ

やはりライブが多いですね。特にフェス系。

THE BOOMが3位なのが嬉しいですね。

しかも4位には、MIYAの【寄り道・番外編】とも言える音魂が入っています。

これは意外。

クラウディアのデビュー・ライブも上位に入っていたりして、面白いランキングでした。

2010年も出来るだけライブ会場に顔を出したいですね。

1月は宮沢和史、ゆず、松たか子でスタートダッシュです。

今年は196本の映画を観ました。

まだ『アバター』等を観ていないので、昨日、今日で行っていれば、大台に乗っていたのですね・・・。

ピークは過ぎたと言え、韓流強しですね。

イ・ビョンホンは『GIジョー』が31位、『GBW』も34位でした。

これまでの傾向として、大作よりも「話題になっているけど、どうよ?」的な作品のアクセスが多いのですが、まぁ、そんな感じですかね。

そんな中で『ROOKIES』、『のだめ』といったビックヒットも多かった。

特に『のだめ』は1週間足らずですからね。まだまだ伸びそうです。

個人的には『母なる証明』、『ヴィヨンの妻』あたりがオススメです。

2010年も良い作品にめぐりあいたいですね。

スポーツ関係は低調でした。

今年はサッカー観に行けなかったしなぁ。

ラグビーも、サントリーがタイトル狙える位置についたものの、早稲田は敗退してしまいました。

2010年は、まずバンクーバー冬季オリンピックがあり、そして南アフリカでのサッカーワールドカップと、時差との戦いが待っていそうです。

最近ページを増やしているお店紹介と読後感想文。

お店紹介は新大久保エリアにアクセスが多いようです。

韓流ファンのネット普及率って高いのですね。

感心しました。

本の方は辻仁成氏、福井晴敏氏の人気が高いですね。

通勤時間が短いのでなかなか読み切れませんが、面白いものがあれば、紹介していきます。

2009年も残り数時間。

来年も宜しくお願いいたします。

|

« 2009年末の風景 in TOKYO | トップページ | 新年の挨拶(2010年) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32800503

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年を振り返る:

« 2009年末の風景 in TOKYO | トップページ | 新年の挨拶(2010年) »