« ラグビー2009秋! 日本代表セレクションマッチ@熊谷ラグビー場 | トップページ | 愛読書!『駐在刑事/笹本稜平』 »

オススメ!映画紹介『引き出しの中のラブレター』鑑賞

Hikidashi_loveletter

こういう感じの映画って、最近増えましたよね。

ネットでの評判も良かったし、常盤チャンの結婚祝いを兼ねて、遅ればせながら鑑賞してきました。

久保田真生はJ-WAVEのパーソナリティ。父と仕事のことで喧嘩になり、絶縁状態のまま、2ヶ月前に父は他界。そんな彼女に、生前の父が自分に宛てた手紙が届けられるが、開くことができずに、引き出しの中にしまってしまう。
ある日、番組に北海道函館の高校生・直樹から「笑わない祖父を笑わせたい」という一通の手紙が寄せられた。一瞬、父の姿を重ね合わせる真生は言葉に詰まるが、この手紙が切っ掛けとなり、リスナーそれぞれが心の奥底にしまいこんだ『想い』を、ラジオを通じて届けたいとスペシャル番組を企画する。
【引き出しの中のラブレター】とタイトルが付けられ、真生をパーソナリティとしたプログラムが進み始める。九州から一人上京し、四苦八苦するタクシー運転手。シングルマザーとして生きる決意した女性経営者。年上の彼女との恋愛に悩む青年医師。そして、その他のたくさんのリスナーのために。
ラジオを通じて届けられた想いは、人々の間に奇跡を起こすことができるのか?

主人公の真生は、ラジオパーソナリティとしての明るさや華もあるけど、親とケンカしていたり、恋人と上手くいっていなかったりと落ち込んでばかりのくせに頑固な面があって、自分の声はリスナーに届いていないんじゃないかと、自分に自信を持てないでいる、ごくごく普通の女性として描かれています。

強烈な個性じゃなくて、等身大の女性を演じさせたら常盤ちゃんは上手いですね。

物語の中心となる函館の高校生役は林遣都君。

これまでの「天才役をやらせたら」という冠はなく、こちらもごくごく普通の高校生。

肩に力の入っていない自然な感じで演じていて、こういう役もこなせるんだぁ、と感心したのでした。

無口な祖父役の仲代さんは、当然ながら渋い!

そして、世話焼きのオッちゃん役の鶴ちゃんは美味しい!

この手の映画の場合、それぞれのエピソードを楽しめば良いのですが、FBHの岩尾君のタクシーに、産気付いたオセロの中島さんが乗るのは予告で知っていたので、それ以外にもリンクがあるはずだ、と観ていました。

結構、意外なところで、でも、納得できるリンクが張られていましたね。

やられました。

真生の親友役の本上まなみの役は、そういう風に観ている観客を煙に巻く、ミスリードのためのキャラクターとも言える。

非常に思わせ振りな行動、セリフが多いです。

しかし、そんな彼女にも、やっぱりリンクがあるのでした。

ところで、真生は何度も東京⇔函館間を往復するのですが、J-WAVEって取材費を出してくれるのかなぁ、とサラリーマンっぽい疑問を抱いてしまいました。

関西の自宅には帰省していないみたいだから、貯金を持っているのかもしれませんが。

タイトルロールの終わりまで、しっかりドラマは続いていますので、注意して下さい。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★)

|

« ラグビー2009秋! 日本代表セレクションマッチ@熊谷ラグビー場 | トップページ | 愛読書!『駐在刑事/笹本稜平』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32121034

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『引き出しの中のラブレター』鑑賞:

» 引き出しの中のラブレター [LOVE Cinemas 調布]
『3年B組金八先生』や『ブラックジャックによろしく』などで監督を、『白い影』や『花より男子ファイナル』などではプロデューサーを務めた三城真一監督作品。主演は「20世紀少年」の常盤貴子。共演に『DIVE!!』の林遣都、オセロの中島知子、フットボールアワーの岩尾望、仲代達矢、八千草薫、豊原功補など若手からベテランまで豪華な顔ぶれが揃う。複数のエピソードがラジオ放送を中心に絡み合う感動のヒューマンドラマです。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 22時57分

« ラグビー2009秋! 日本代表セレクションマッチ@熊谷ラグビー場 | トップページ | 愛読書!『駐在刑事/笹本稜平』 »