« 渋谷【あかなす屋】 | トップページ | オススメ!映画紹介『さまよう刃』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『母なる証明』鑑賞

Mother

ポン・ジュノ監督、参りました!

『殺人の追憶』や『グエムル』のポン・ジュノ監督の久し振りの長編は、カンヌ映画祭【ある視点】部門に正式出品され、本国の韓国では2009年最大のヒット作品だそうです。

とある静かな町。漢方薬店で働く母は、一人息子のトジュンと二人暮らし。純粋無垢なトジュンの存在は、この上ない彼女の幸せだった。
ある日、ビルの屋上で女子高生の無残な遺体が発見される。数年ぶりの殺人事件にいきり立つ警察は、大規模な捜査を展開。数日後、現場の近くから、トジュンの名前が書かれたゴルフボールが見つかったことから、容疑者として拘束され、早期解決を狙う警察の杜撰な取調により、犯人にされてしまう。
母親は警察に無実を訴えるが、全く相手にされず、やむなく自分で真相を突き止めることを決意する。

正直、手放しに賞賛されるような物語の展開ではない。

まずは、冒頭に起こる大学教授によるひき逃げ事件からして、腹が立つ。

警察の描き方も、トジュンの取調では、知的障害者に対して、強引に拇印を押させてしまう。

「読めないなら、読み上げてやる」

「読めるさ」

って、トジュンの負けず嫌いな性格を知っているからできることだし。

別の容疑者としてダウン症の青年が出てくる等、一体、何なのでしょうね。

と、怒っている時点で、監督の術にハマッている自分に気が付くのでした。

そして、母親の愛。これは凄すぎる。

善とか、悪とか、道徳とかを突き抜けて、暴走していく。

キム・ヘジャの鬼気迫る演技に圧倒されました。

母親にとっては、息子はいつまでも5歳の時のまま。

誰だって、きっとそう。

ましてや、母子二人、いつも息子を守って生きてきたのですから。

日本では、どうしても『ウォンビンの5年振りの復帰作』という取り上げられ方になっています。

でも、彼女の演技なしには、この母親の愛の大きさ、深さ、そして、愚かさは表現できなかっただろう。

で、ウォンビンですが、彼の演技が悪かったということではないのです。

いや、むしろ良かった。

トジュンという純粋無垢な存在を、時に全てを悟って行動しているかのような、正気を織り交ぜる。

パンツ一丁で母親の布団に入り、乳房を探す男の子。

顔の右側を手で覆い、キッとした表情で過去の記憶を語る青年。

そして、心の中に隠している狂気をチラリとのぞかせる。

微妙なサジ加減のできる俳優になって、帰ってきたなぁ。

このトジュンは、彼なしでは成立しなかったのでは、と思いました。

徹底的に美男子だったウォンビンも30代になって、色々な役に挑戦して欲しいな。

トジュンの親友の町の不良役でチングが出演。

イ・ビョンホンの少年時代を演じた少年が、「こういう役はもう彼に任せておけ」とばかりにチンピラしてました。

貧乏人をゆする嫌な奴だけど、親友としての温かみもある。

いい役者になったなぁ。

この後、この母子がどうやって生きていくのか、観てみたいと思ってしまいました。

『殺人の追憶』と同様、雨と夜の闇が効果的に使われていて、非常に似ている感じもしますが、描かれているテーマは全く異質なもの。

次はどんな映画で攻めてくるのか、次回作を早く観たいと思わせるポン・ジュノ監督なのでした。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« 渋谷【あかなす屋】 | トップページ | オススメ!映画紹介『さまよう刃』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32016718

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『母なる証明』鑑賞:

» 母なる証明/마더 [LOVE Cinemas 調布]
『殺人の追憶』、『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ監督が送るサスペンスミステリー。主演は“韓国の母”と呼ばれる国民的女優キム・ヘジャ。そして共演に5年ぶりに兵役から復帰したウォンビンが出演。殺人の罪を着せられた知的障害を持つ息子を助けるために、狂気ともとれる母の愛で真犯人を捜す姿を鋭く描いた作品だ。原案・脚本もポン・ジュノ監督が務めている。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 23時20分

« 渋谷【あかなす屋】 | トップページ | オススメ!映画紹介『さまよう刃』鑑賞 »