« 愛読書!『受命(Calling)/帚木蓬生』 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみがぼくを見つけた日』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『私出すわ』鑑賞

Watashi_dasuwa

森田芳光監督が主演に小雪を迎えて放つお金にまつわるドラマです。

民家の郵便受けに金塊が投げ込まれたことを、テレビのニュースが伝えている頃、東京から故郷・小樽に山吹摩耶が帰ってきた。
街で市電に乗った摩耶は、運転手をしている同級生の道上保と再会し、彼の高校時代から夢だった世界中の路面電車めぐりの資金を「私が出してあげる」と話し、後日、道上に摩耶から大金が届く。
高校の同級生の一人・魚住サキの夫が急死し、その通夜で顔を合わせる同級生たち。帰り道、川上孝の家を訪れる摩耶は、故障で将来を絶たれたマラソンランナーの川上に、海外での治療費を提供する。
さらに、平場さくらの希望に応じて寝室に置くミニ冷蔵庫と、夫が箱庭協会会長に就任するための資金を提供する。
次に、摩耶は養魚試験場で働く保利満の研究に資金提供をすることになる。しかし、保利が中国美女を伴って高級ホテルの一室へ入ろうとした時、摩耶が現れ、女を追い返してしまう。そんな摩耶に、溝口という男が「邪魔をするな」と警告する。
最後に、社長夫人から、お水の女に出戻ったサキに、大金の出所を問い詰められ、アパートの押入れから、サキのために残しておいた5枚の金塊を差し出す。
摩耶からお金を受け取った友人たちの夢や希望は、どうなっていくのか。

主人公である摩耶に現実感が全くないのが、小雪のミステリアスな部分にピッタリでした。

何の意図でお金を差し出すのか。何処から得たお金なのか。

そういった疑問に全く答えを見せることなく。

彼女のお母さんは植物人間状態なのですが、その病室が近未来的な印象もある不思議な空間で、面白かったです。

そして、この映画の主役はある意味では、摩耶からお金をもらった友人たちにあるのではないだろうか。

例えば、世界の路面電車を訪ねる旅を計画する道上は、その旅行のレポートを会社に提出する約束をし、有意義に使用しようと計画している。

しかし、最初は返そうと言っていた妻は、そのお金を遣う快楽を知ってしまい、受け取った金以上の借金を作ってしまう。

男達が割りと素直に有意義に使おうとしているのに対し、女達は大胆にパーッと行ってしまうのも対照的ですが、特徴を捉えていると思いました。

小池栄子が演じるさくらだけが、こんな家で大金なんて有っても仕方がない、と、寝室に冷蔵庫があれば、夜中に台所まで行かなくても飲み物が飲めたら、何て幸せなんだろう、と実に現実的なところが面白かったです。

『間宮兄弟』に出演した北川景子が、チョイ役(本当にどうでも良い役)で1シーンだけ登場します。

タイトルロールでも、「友情出演」扱いでなく、普通に脇役として小さく名前が流れていくのが、笑えました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« 愛読書!『受命(Calling)/帚木蓬生』 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみがぼくを見つけた日』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32072889

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『私出すわ』鑑賞:

» わたし出すわ [LOVE Cinemas 調布]
織田裕二版『椿三十郎』の森田芳光監督が1996年公開の『(ハル)』以来13年ぶりのオリジナル脚本で送るヒューマンドラマ。登場人物のお金に対する価値観や使い方を通して人間の生き方を問いかける問題作だ。主演は『ラスト・ブラッド』、『カムイ外伝』の小雪。共演に『砂時計』の井坂俊哉、『まぼろしの邪馬台国 』の黒谷友香、『僕の初恋をキミに捧ぐ』の仲村トオルといった多彩な面々が顔を揃えている。... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 23時07分

» 自己破産 [お金雑談どっとこむ]
自己破産 節税 などなど、お金について考えなければならないあなた!!! http://poors.sns.fc2.com/ このサイトをぜひ見てください。(もちろん参加は無料です) [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 02時21分

« 愛読書!『受命(Calling)/帚木蓬生』 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみがぼくを見つけた日』鑑賞 »