« 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 | トップページ | オススメ!映画紹介『笑う警官』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『なくもんか』鑑賞

Nakumonka

【脚本・宮藤勘九郎&主演・阿部サダヲ】ならば、面白くないはずがない。

しかも、共演が瑛太君と竹内結子とくれば、間違いない、と映画館へ向かった。

幼い頃に父親に捨てられた祐太は、東京の下町・善人通り商店街の【デリカの山ちゃん】の店主に引き取られ、実の息子のように育てられた。母親のお腹の中にいた弟の祐介とは、お互いの顔も知らずに生きてきた。
大人になった祐太は、頼まれごとをされると断ることができない、究極のお人好しだったが、商店街の顔として、【山ちゃん】を行列のできる超人気店に成長させていた。
一方、祐介は、赤の他人である金城大介との兄弟漫才【金城ブラザーズ】として、超売れっ子芸人になっていた。
そんなある日、10数年振りに【山ちゃん】の一人娘・徹子が帰ってくる。子供の頃はデブで不細工だったが、別人のような超美人に変わっていた。そんな徹子を問い詰めることなく笑顔で温かく迎え入れた佑太は、初代店主の「デブじゃなきゃ、嫁にもらって欲しい」という遺言を受け、めでたく結婚することになる。
そして、戸籍謄本から【金城ブラザース】の佑介が、実の弟であることを知ってしまう。

もう次から次へとクドカン・ワールド炸裂!

阿部サダヲ、ズル過ぎる!面白い。

でも、まぁ、○○○ちゃんネタは、他のドラマとかでもやった役なので、もういいかなというのはありましたが・・・。

瑛太君は、お笑いの時と私生活の部分でギャップがあって、ある意味で一線置いたポジションにいる感じがして、それが合っていた。

竹内結子は、とにかくキレイでした。

ここまでキレイなら整形美人でも許しちゃう的な美しさです。

ドラマとかでも突っ込みっぽい感じの役が多いのですが、ややクドカンのノリとは違う感じはしましたが・・・。

このところ「主役じゃない主演」ってポジションが増えてますね。

軽い認知症の女将さんのいしだあゆみさんのはじけっぷりは見事!

白髪になってもモテ男の父親役の井原剛志さんもオイシイ役でした。

短い時間で、笑いあり、笑いあり、でも最後にホロリとさせて、笑わす、というエンターテインメント振りは流石です。

肩肘張らずに楽しめる映画なら、絶対にオススメですね。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 | トップページ | オススメ!映画紹介『笑う警官』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32314488

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『なくもんか』鑑賞:

» なくもんか [LOVE Cinemas 調布]
脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの『舞妓 Haaaan!!!』チームが再集結した作品。下町で惣菜屋を営む超お人好しの主人公一家とその背景を描いた人情喜劇だ。共演には『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内結子、『釣りキチ三平』の塚本高史といった若手と、井原剛志、いしだあゆみといったベテラン勢が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 21時40分

« 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 | トップページ | オススメ!映画紹介『笑う警官』鑑賞 »