« オススメ!映画紹介『引き出しの中のラブレター』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あなたは私の婿になる』鑑賞 »

愛読書!『駐在刑事/笹本稜平』

Chuzaikeiji

『駐在刑事』って変なタイトルですよね。

交番の駐在さんが、刑事みたいに捜査することはありませんから。

取調中に容疑者が服毒自殺をしたことで、警視庁捜査一課から青梅警察署水根駐在所へ左遷させられた警部補の江波淳史。
警察という組織に縛られた世界で生きてきて、自責の念を背負う元刑事が、奥多摩の駐在所周辺で起きる事件において、人間として、自らの信念に基づいた捜査を貫き、自分自身を取り戻していく。

直属の上司が手柄を焦り容疑者に仕立て上げた女性を、自分の取調を最後に釈放するつもりだったのに、隠し持っていた青酸カリで服毒自殺を図られてしまう。

周囲の理解もあり、本来は妻帯者が赴任すべき山間の住居付きの駐在所に、バツイチの警部補が異動する。

しかし、登山の指南役となる池原父子や、事件が切っ掛けで親しくなる遼子、駐在所に顔を出す子供や老人たち、介護犬の訓練を受けている捨て犬のプールに囲まれて、人間として再生していく様子が描かれていく。

発生した事件の捜査本部に、必ず元上司が担当としてやって来て、捜査を混乱させるというお約束のパターンで、思わず突っ込みを入れたくなる、面白さがありました。

奥多摩の自然が事件の背景として描かれていくのですが、この作家、ヒマラヤや南極、海洋での冒険小説を多く手掛けていて、それらの取材を通して得た知識を作品に織り込んでいるので、非常にリアルな表現が多くなっています。

6つの事件が描かれていますが、彼らの後日談も読んでみたいと思わせる内容でした。

|

« オススメ!映画紹介『引き出しの中のラブレター』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あなたは私の婿になる』鑑賞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32119760

この記事へのトラックバック一覧です: 愛読書!『駐在刑事/笹本稜平』:

« オススメ!映画紹介『引き出しの中のラブレター』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『あなたは私の婿になる』鑑賞 »