« オススメ!映画紹介『なくもんか』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみに微笑む雨』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『笑う警官』鑑賞

Waraukeikan

僕の最初の映画体験は、アニメと角川映画だと思っている。

多くの話題作を世に送り出したプロデューサー角川春樹氏が、12年振りにメガホンを取った作品。

佐々木譲氏の原作は以前に読んでいましたが・・・。

北海道警察では不祥事が続いていた。生活安全課の刑事による覚醒剤の横流しや、道警幹部による裏金が噂され、現役警官が証言台に立つ「百条委員会」が道議会で可決されたばかりだった。
そんな、ある朝、札幌市内のアパートで女性の変死体が発見される。被害者は元・ミス道警の婦警だった。殺人事件として捜査が始まるが、早い段階で容疑者として挙げられたのは、1年前まで交際していた巡査部長の津久井だった。しかも、捜査本部からは異例の射殺命令までもが出される。
佐伯警部補は、警察上層部の素早い動きに違和感を覚えていた。津久井は、ある事件の捜査でコンビを組んだ津久井は佐伯の盟友だったのだ。
佐伯は、同僚の婦警・小島やその部下で新人警官の新宮など、信頼できる仲間を集め、秘密裏に事件の捜査を開始する。
そして、明日開かれる「百条委員会」で証言台に立つ予定の警官が津久井であることが判明し、彼らは道警内部の闇に踏み込んで行くことになる。

実話をベースにしているノンフィクション小説の原作ですが、更にエンターテインメント性を推し進めた作品になっていました。

監督の好きなジャズが流れているということもあって、昔の作品である『キャバレー』にも通じるハードボイルドっぽさを狙っていると言うのか・・・。

大森南朋と松雪泰子の、バツイチ同士の、大人な男女の微妙な恋愛感情とかは、まぁ、良いのですけど・・・。

ノンキャリvsキャリアの構図というか、事件の黒幕とかは必要あったのだろうか。

どうでも良いのだけど、大森君、髭なんて生やしちゃうと、麿赤児さんにそっくりですね。

津久井を演じた宮迫も完全に役者していて良いのだけど、出来れば電話の声だけで押し通して欲しかったかなぁ。

佐伯の情報屋の一人として、片足の不自由なパチンコ屋店員役で松山ケンイチがカメオ出演。

(その割りに目立っていたが・・・。)

監督の中では「松ケンは『大和』でブレイクした」というのがあるみたいですね。

小説の方では続編が出版されて、その後の佐伯、津久井、小島が描かれています。

映画の方も続きがあるような終わり方をしていますが、設定をいじってしまった分、小説通りに続けるのは無理があるかもしれませんね。

「ヒットしなかったら、映画界から撤退」と言っているみたいですが、別にそこまでしなくても、と思う次第であります。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『なくもんか』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみに微笑む雨』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32302211

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『笑う警官』鑑賞:

» 笑う警官 [LOVE Cinemas 調布]
原田知世の『時をかける少女』以来12年ぶりの角川春樹監督作品。原作は佐々木譲による同名小説。無実の罪を着せられた警察官を救うために立ち上がった刑事たちの活躍を描いたクライムサスペンスだ。主演は『ハゲタカ』の大森南朋。共演に『クヒオ大佐』の松雪泰子、「20世紀少年」の宮迫博之、他にも矢島健一、鹿賀丈史、大友康平と個性派俳優が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 22時22分

« オススメ!映画紹介『なくもんか』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『きみに微笑む雨』鑑賞 »