« オススメ!映画紹介『私出すわ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『大洗にも星はふるなり』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『きみがぼくを見つけた日』鑑賞

Kimi_boku

すごく切ない、不思議なラブストーリーでした。

遺伝子に異変で、時空を旅する【タイムトラベラー】の運命を背負うヘンリー。
6歳の時に、歌手だった母親の運転する車の中から突然に時空を越え、元の時間に戻った時に母親の車は事故で大破していた。その後も何度も事故の時間にやって来たヘンリーだったが、母親を救うことができず、常に孤独の人生を送っていた。
成人し、図書館司書となったヘンリーは、本を探していた美しい女性クレアに話しかけられる。彼女は幼い頃に、自宅の庭にやって来た40代のヘンリーと出会い、いつしかヘンリーに想いを寄せていた。そして、いつか同じ時代のヘンリーと再会し、2人は結ばれると信じていた。
しかし、2人の前に宿命が立ちはだかる。ヘンリーの時空移動は何の前触れもなく、過去、未来、どの時代のどこに飛ぶのかさえ、自分では選ぶことはできず、再び会えるのかどうかもわからない。
それでもクレアは、愛する人とともに生きようとする。

エリック・バナ、レイチェル・マクアダムスが、それそれの年代でメイクや服装を変えて、年相応に見せています。

きっと撮影は、肉体的にも、頭の切り替えも大変だったのだろうなぁ。

最初は時間軸がメチャクチャで、分かりづらいなぁ、と思って観ていました。

しかし、最後まで通して振り返ると、その時、その時の主人公の心情と行動が分かる上、そのタイミングで恋に落ちていく二人というのがきちんと描かれていたのではないでしょうか。

映画の原題は『タイムトラベラーズワイフ』。

物語はヘンリーを中心に動いていますが、クレアの一途で真っ直ぐな純愛に注目して観た方が、すんなりと胸に落ちてくるのかもしれません。

レイチェル・マクアダムスは、『きみに読む物語』や最近では『消されたヘッドライン』なんかに出ている新進女優ですが、半端なく美しいですね。

今後も『シャーロック・ホームズ』などの公開待機作があるようなので、期待しましょう。

それから、この映画、ブラッド・ピットが製作総指揮でクレジットされていることでも注目されています。

最近の出演作がタランティーノ監督やコーエン兄弟という路線ですが、プロデューサーとしてはアンジー主演の『マイティ・ハート』といい、社会派と恋愛物とシリアスな路線が続いています。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『私出すわ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『大洗にも星はふるなり』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32123776

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『きみがぼくを見つけた日』鑑賞:

» きみがぼくを見つけた日 [LOVE Cinemas 調布]
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナ。監督のロベルト・シュヴェンケよりむしろ、製作総指揮にブラッド・ピットが名を連ねることの方が意外か。タイムトラベラーに恋したヒロインの切ないラブロマンスだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 22時53分

» 当たる馬券だけ買えばいいのはわかってます [お得な競馬情報]
自慢じゃないが競馬が好きだ。思えば今までいくらつぎ込んだかわからない。ところが今じゃ連戦連勝!その極意とは・・・勝つための馬券はこうして探せ! [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 03時54分

» 在宅介護 [在宅介護]
在宅介護が今後、介護の主流になりそうです。在宅介護をやり遂げるために必要な在宅介護の知識やノウハウを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 09時58分

» 年末年始の国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
年末年始の国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない連休や年末年始も格安で購入できます。JAL・ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 10時19分

« オススメ!映画紹介『私出すわ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『大洗にも星はふるなり』鑑賞 »