« 第10回東京フィルメックス・韓国映画ショーケース2009『執行者』 | トップページ | 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 »

ラグビー2009! 関東大学対抗・早慶戦@秩父宮ラグビー場

今年最後の三連休。

晴→曇→晴で、本日もラグビー日和。

11月23日は恒例のラグビー早慶戦。

久し振りにスタンドを埋め尽くしましたね。

着いたのがギリギリだったので、早スポもらえなかった。

(後で、手に入れたけど。)

世代的にTVドラマ『スクールウォーズ』の影響もあるけど、僕がラグビーを観るようになったのは高校生の時。

TVで観た雪の早明戦。

早稲田を応援して20年以上になりますが、現在の慶応の監督はサントリーの林雅人氏なので、強化の状況が気になる存在です。

元々がひたむきなタックルというイメージだけど、ディフェンスが固いのだろうなぁ、と。

早稲田は何人かが日本代表の選考に呼ばれて、代表入りしたSO・山中はリザーブスタートなので、その辺の影響も気になるところでした。

結果は、20-20のドロー。

特に前半に攻められて、13-13としたものの、慶応がトライ数で先行します。

早い時間にFB田邊が頭を打って退場したのは痛いですね。

代わりにスピードスターの11番中浜がFBに入り、ラインサイドを駆け抜けるというシーンがありませんでした。

逆に早稲田の株を奪う形で慶応のWTBに走られて、ラインが微妙にずれたのかもしれませんね。

後半は早稲田が攻めて、攻めて、攻めたけど、慶応のディフェンスを崩せなかった。

慶応の反則が続いて、桜岡レフリーが何度も注意していたので、「次に同じ反則を犯したら、認定トライか」というシーンでも、早稲田が自滅していました。

最後にSO・山中が登場して、スタンドは沸きました。

確かにキックやパスだけでなく、自ら前に突破することが出来る彼の「前が見えている」という目には可能性を感じます。

しかし、この時間帯は、防戦一方の慶応の消耗が最も激しかった時間帯。

山中のトライで同点にしましたが、それしか決められなかったのは厳しいですね。

今日の早稲田は「フォワードで攻める」という意思統一はあったみたいだけど、攻め切れていないのだから、固執せずに臨機応変に行っても良かったのでは。

山中のトライの後、僕は「山中、ドロップゴール」と叫んでいました。

ペナルティもらった時、確かに慶応は疲れていたけど、あそこはPG狙いだろうなぁ。

試合後、有田隆平が泣いていたのが印象的でした。

早稲田が優勝するには、次の試合で、帝京が慶応に勝って、早稲田が明治に勝たないといけないという、本当に首の皮1枚でつながった状態。

1位で通過しておかないと、正月に東海大と対戦する可能性が高くなりますからね。

12月6日の早明戦には、また沢山の学生に来場してもらって、今度は気持ち良く『紺碧の空』を合唱してもらいたいですね。

|

« 第10回東京フィルメックス・韓国映画ショーケース2009『執行者』 | トップページ | 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/32330027

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー2009! 関東大学対抗・早慶戦@秩父宮ラグビー場:

» ラグビー早慶戦 2009 [うぞきあ の湯]
フォワードが、ここ最近一番軽いのに、後半25分過ぎからトライにこだわって、 予想通り(まぁ、結果的に1トライ奪うことができたが)の展開で、 こんなことやってるから、今年のワセダは駄目だったんだと、やっと気付きました。 今年は3年ぶりにテレビ観戦。 今年は大勝しても強い気がしなかった筑波戦、 初めから勝てる気がしなかった帝京戦、 は、テレビで観戦して、 修正したかと思ったら、もしかしたら相手がものすごく弱かっただけの日体大戦はテレビ中継なかったけど、やはり前述したとおりだったのだろうか・・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 22時53分

« 第10回東京フィルメックス・韓国映画ショーケース2009『執行者』 | トップページ | 第10回東京フィルメックス・コンペティション『息もできない』 »