« トップリーグ09-10第6節!東芝vs近鉄@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 2) »

Live! THE BOOM 20th Anniversary 【My Sweet Home FINAL】@渋谷C.C.Lemonホール

日付は既に昨日となりましたが、盛り沢山な土曜日、最後のイベント。

原宿のホコ天から飛び出したバンドが、聖地・渋公に帰ってきました!

土曜日の17時開演。

3時間超になるのでは、と期待と覚悟を胸に会場入り。

オープニングのビデオが終わって、照明がつくと・・・、

何と、舞台中央で4ショットで並んでいました。

1曲目はツアーと同じ『ALL OF EVERYTHING』でスタート。

この後も『この街のどこかに』、衝撃のデビュー曲『君はTVっ子』、『そばにいたい』と、ファイナル公演だからと言って、ツアーと違うことはしないんだなぁ、という感じでした。

後の方でも「立ち話も、何だから座ってよ」って、まんまなMCありましたけど。

場内の雰囲気も最初から最高潮!

2階席の隅ずみまでスタンディングで歌い、踊っていました。

しかもピッタリ合っている!

やっぱり20年って、スゴイなぁ、と実感しました。

ここでツアーの『帰ろうかな』に替えて、最新アルバム『四重奏』からの新曲『数えきれない人の中で』を投入してきました。

最近、ラジオって、あまり聴かないのだけど、どこかのFMスタジオの前を通った時にたまたま流れてて、気に入っていた曲なのでした。

続いて、『からたち野道』でしっとりと。

ここで、前述の「立ち話も、何だから」と座っての演奏でした。

最近の取材で今回のアルバムは非常に穏やかで、シンプルで、分かりやすい、という指摘を受けるという話をしていました。

小さな小舟で海へ漕ぎ出し、海の下の方は大きく蠢いているけれど、今は正に海の表面は非常に穏やかな凪の状態だと例えていました。

新作から『First Love Song』、『風をなぞるように』は、まさにそんなタイプの2曲です。

続いて、一番のオススメ『月さえも眠る夜』。

この曲の時は「スタンディング派」と「座って聴きたい派」に別れると思うけど、僕は断然にスタンディング派です。

そして、今夜もこのドラマティックな展開の曲に、痺れました。

20周年の火蓋を切った『夢から醒めて』辺りから、後半戦に加速していくのですが、今日は、この後のMCが長かった!

デビュー当時のエピソード達。

ライブハウスのオーデション(いわゆる「昼の部」)で落とされるのが怖くて、路上に出た話。

誰一人、立ち止まってくれない中、一人の女性がしゃがみこんで聴いてくれたこと。

翌週には、彼女が友達を連れてきてくれたこと。

そうやって輪が広がって、ボランティアでスタッフが増えたこと。

そのスタッフがライブハウスに掛け合って、怖い「昼の部」をなしに、【エッグマン】の夜の部に出演したこと。

下北沢の自室で曲を作って、宮沢ブレイクした瞬間のこと。

メンバーに聴かせたかったけど、皆、忙しくて、なかなか時間が取れなかったこと。

YAMAちゃんは、デビューして収入が減ったこと。

トッチーは、道路開発の設計担当だったこと。

TAKASHIは、職を転々としていたこと。

いつまで続くんだろうと思えたエピソード達は、全てこの曲を紹介するためのもの。

そう、『星のラブレター』でした。

皆、燃えてました。

この後は、THE BOOMと行く世界の旅。

『神様の宝石でできた島』、『berangkat -ブランカ-』、『真夏の奇蹟』、『24時間の旅』。

好きな流れです。

しかし、ここでも『おりこうさん』から始まる、初期スカメドレーがなくなってる!

本編のラストは『島唄』。

一時期、この曲を封印しようと思っていた話。

久し振りに沖縄に行って、自決した女学生の生き残りの方のガイドを受けて、語り継ぐことの大切さを再確認した話。

この世にMIYAがいなくなったとしても、歌い継がれたいし、一生懸命歌い続けたいと決意表明があったのでした。

アンコールは『20 -twenty-』、『風になりたい』、『不思議なパワー』。

ここでハプニング!

舞台の一番前で観客を煽っていたMIYAが、ステージから落ちました!

しかも、舞台の縁で腰を打ってしまいました。

痛そうだけど、最後まで歌いきりました。

そして、Wアンコール。

「新アルバムは感謝の気持ちが強すぎると言われてるけど・・・

その通りです!」と開き直りとも言える発言の後、

「さっき今は凪の状態だって言ったけど、21年目は暴れるぜ」

と、宣言してくれました!

「これまでは俺が連れてってやる、って感じだったけど、これからは同じ歩幅でね」とも。

いやぁ、楽しみですね。

ラストの『My Sweet Home』にキレイにつなげました。

深々と長い長いお辞儀をして、名残惜しそうに舞台を後にしたMIYA。

腰を強打していなかったら、「もう1曲」コールしたかったんですけどね。

気が付けば、やっぱり3時間でした!

今夜はいっぱい「ありがとう」と言ってもらったけど、

本心はこちらから「ありがとう」と届けたい。

そして、これからも、ずっと・・・。

|

« トップリーグ09-10第6節!東芝vs近鉄@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 2) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31827764

この記事へのトラックバック一覧です: Live! THE BOOM 20th Anniversary 【My Sweet Home FINAL】@渋谷C.C.Lemonホール:

« トップリーグ09-10第6節!東芝vs近鉄@秩父宮ラグビー場 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 2) »