« オススメ!映画紹介『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』鑑賞 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 1) »

Live! 森山直太朗ツアー2009【どこまで細部になれるだろう】@NHKホール

ツアーファイナルの追加公演です。

人見記念講堂のチケットは取れず、待ちに待ったという感じ。

3階のセンターというステージから一番遠いとこでしたが、聴かせる系の直太朗なら、席はどこでも関係ないかなぁ、ということで。

アルバムのリリースを伴わないツアーだったので、開演前はどんな感じなのかなぁ・・・、と期待と不安の入り混じった状態でした。

意外に新曲が多かったですね。

まず、『どれだけ細部になれるだろうのテーマ』のコーラスワークの良さに、ゾクッとしました。

続いて、新曲で『故郷』。

『君は五番目の季節』、『生きとし生ける物へ』と、普段のLiveならハイライトとなる曲が、ここで登場。

照明が茜色だったり、ノスタルジックで、牧歌的な感じのアレンジが心地良かったです。

割と大人な演奏でしたよね。

いつもなら神憑り的な『生きとし』も、淡々とした感じでした。

MCの後、『明けない夜はないってことを明けない夜に考えていた』。

何気に好きです。

「要は眠れなかっただけなんですけどね」とは直太朗の弁。

中孝介君に贈った『花』、定番の『夏の終わり』。

高音の響きが良い感じです。癒されます。

日替わりの弾き語りコーナーは、本人の立っての希望で屋根の上という設定でセットが組まれました。

新曲の『優しさ』、会場からのリクエストで『星が綺麗な夜だから』。

「本当の優しさは席を譲ることじゃない」って、また飛ばしますなぁ、御徒町凧氏。

さて、今回、観たい聴きたいというイメージを具現化した【スーパー森山直太朗】と名乗る謎の金髪青年が登場していました。

ネタ振りは上手くて、笑ったのだけど、良い感じの流れをブッタ斬ってましたね。

何しろ20曲ないセットリストで3時間近くなってましたから・・・。

ギター2本での『高校3年生』。

ギターとピアノで『愛し君へ』。

この歌、好きなんだよなぁ。

「朝になって君がいなくなったら怖いから、眠った振りをする」って、かわいいよね。

でも、男だから、分かります。

そして、新曲の『涙』。

リハーサル中に生まれて、セットリストにないのに入れてみて、育ててきた曲だと紹介していました。

どこかで聴いたことのあるような、懐かしいメロディが印象的です。

「事務連絡です。10月21日発売します。」とのことでした。

さて、ここまでは割りと大人しい目な選曲でしたが、ここからラストスパートで一気に盛り上げていきます。

僕の中の森山直太朗を決定付けた『太陽』は、軽快なバージョンで楽しかった。

リクエストコーナーで「それ、後でやるよ」と、軽くネタバレされたのは『風曜日』。

「今年はやる予定ないから」と言いながら、物販コーナーでタオルを売っていた『Q・O・T』。

やっぱり、今年も皆でタオルを振りました!

「来年もまたやろうね!」by直太朗でした。

ゆずの『栄光』と共に、オリンピックを思い出す。『今が人生』。

♪今が人生、今が人生、今が人生・・・と、連呼しました!

この曲、好きです。

そして、ピンスポットの下で歌った『生きてることがつらいなら』で本編終了。

アンコールは、本日5曲目の新曲『グルグルバーニャ』。

そして、定番『さくら(独唱)』を熱唱。

「また戻ってくるのがめんど臭い」と、そのままWアンコール。

これはファイナルならではのプレゼント。

アマチュア時代の『手紙』をマイクなしの肉声で披露しました。

以前も『さくら』をマイクなしで披露したことがありますが、音響バッチリのNHKホールならではですね。

「聴こえる音は意味がないから、心で感じて」というようなことを言っていましたが、3階席まで、しっかりと届きましたよ。

もっと聴きたい曲はあったけど、ベストな選曲だったと思います。

会場で改めて思ったのだけど、ママの世代のファンも多いし、何気に男子も多かった。

MCでも、

「女子、盛り上がってる?」

「いぇい!!」

「黄色いねぇ。じゃあ、男子は盛り上がってる?」

「おおぅ~(明らかに低音)」

的なやり取りもありましたので。

なかなか充実した金曜日でした。

新曲がどういう形でCDになるのか、楽しみですね。

|

« オススメ!映画紹介『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』鑑賞 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 1) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

通りすがりすいません…
あの「男子いいか?」の後の「うおぉお~っ」は実は御徒町さんが発しているのです。
では失礼しました(笑)

投稿: 名無し | 2009年10月17日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31812741

この記事へのトラックバック一覧です: Live! 森山直太朗ツアー2009【どこまで細部になれるだろう】@NHKホール:

» PA音響機材機器レンタル情報ネットナビ [PA音響機材機器レンタル情報ネットナビ]
PA音響機材機器レンタル情報ネットナビの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 11時32分

« オススメ!映画紹介『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』鑑賞 | トップページ | 第22回東京国際映画祭(Day 1) »