« オススメ!映画紹介『孫文 100年先を見た男』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『TAJOMARU』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『プール』鑑賞

Pool

『かもめ食堂』、『めがね』の制作スタッフが再結集。

人気脚本家の大森美香さんの初監督作品でもあります。

タイのチェンマイの郊外にあるゲストハウス。
4年前からそこで働く母・京子を訪ねて、大学卒業を目前に控えたさよがやってくる。
さよを空港に出迎えたゲストハウスで働く・市尾は、頼りなさ気だが、母娘を優しく見つめる青年。
京子が働くゲストハウスのオーナー・菊子は、捨て犬や野良猫を拾ってきては育てている。実は余命半年と宣告されてから、3年行き続けている。
そして、菊子が預かり、今は京子が育てている9歳の孤児のビー。
久しぶりに会う母に戸惑いを感じながらも、さよはそこに集う人々に心を開き始める。

この何かが起こりそうなのに、何も起こらず、淡々と時だけが流れていく、って感じは好きだなぁ。

これがダメな人は、開始即、居眠りタイムと思います。

風の音、鳥や家畜の鳴き声、陽の光・・・。

全てが優しく包んでくれる。

別にこれがチェンマイである必要は全くなくて、日本のどこかの田舎でも全然良いのだけど。

「空って、こんな色してたんだねぇ」って、見上げるもたいさん、加瀬君、モデルの伽奈さん、それだけで画になってました。

主演の小林聡美さんは、初代『金八先生』や『転校生』からずっと観て来た女優さん。

若い頃は、美人じゃないけど愛嬌があって、でも、ちょっと勝気な女の子って雰囲気だったのが、今ではすっかり肩の力の抜けた素敵な女優さんになっていました。

自由人な母親。

そうした方が良いと思ったら、迷わずそうする。

なかなか出来ない生き方ですが、彼女が演じると説得力がありました。

タイのお盆とかの風習であるコムローイが紹介されています。

竹と紙と固形燃料で、簡易的な気球を作って、願いを込めて、空に飛ばす。

コムローイ自身は、飛びながら燃えて、跡形もなく消えるのだそうだ。

旅情みたいなのは、ここと市場のシーン位なものでした。

予想以上に観客が入っているのか、パンフレットが品切れ状態でした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★★
 但し、『やっぱり猫が好き』が好きな人に限る)

|

« オススメ!映画紹介『孫文 100年先を見た男』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『TAJOMARU』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31453652

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『プール』鑑賞:

« オススメ!映画紹介『孫文 100年先を見た男』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『TAJOMARU』鑑賞 »