« オススメ!映画紹介『トランスポーター3 アンリミテッド』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『96時間』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『グッド・バッド・ウィアード』鑑賞

Good_bad_weird

昨年の秋、韓国のチングと東京で会った時に、「韓国で『ノム・ノム・ノム(奴・奴・奴)』という映画が流行っている」と聞いていました。

カンヌでも招待作品として上映された韓国ウエスタンという新しいジャンル。

1930年代、様々な民族と人種が入り乱れ、混沌としていた満州。
清王朝の埋蔵金の隠し場所を示すと言われる宝の地図をめぐって、金のためなら手段を選ばない賞金ハンターのパク・ドウォン、一番でないと気が済まないギャングのボスのパク・チャンイ、間抜けなコソ泥のユン・テグが、大陸横断列車を襲撃する。
お互いの正体も知らぬまま戦いを繰り広げる3人だったが、そこに中国の闇市場の商売人や日本軍まで入り乱れ、四つ巴どころか、五つ巴の騒動に発展していく。

観る前は、ウエスタンというのがいまいちピンと来なかったのですが、なるほどこういうことですね。

日本が満州、朝鮮半島を統治していた時代の中国の荒野を走る列車と馬達。

そこにはバイクや、来ている服も現代っぽいアレンジとかもあって、混沌としています。

日本での公開というと、どうしてもイ・ビョンホンがクローズアップされてしまいますが、これはソン・ガンホの映画でしたね。

新しいアクションスターの誕生かと思いました。メチャクチャやってくれます。

お調子者で細かい演技が絶妙でした。

クールな賞金稼ぎを演じたチョン・ウソンは、格好良かった。

女の子なら、惚れちゃうだろうなぁ。

で、ビョンホンなのですが、味方も切り捨てる冷酷なギャングという役なのですが、タイミング的に『GIジョー』の直後だったので、被ってしまい、インパクトが弱かったかも。

最初は大富豪からの依頼で動いていたものの、途中から個人的な感情から動きだす。

ものスゴク、小っちゃい理由で。

まぁ、その辺の心理描写を演じられるのが、彼ならではのところなのでしょうが・・・。

でも、評論家達は、悪役を演じ初めて、演技の幅が広がった、と絶賛していますね。

個人的には、テグの相棒の弟分で登場したリュ・スンスが良いですね。

力が抜けてて、コミカルだし、彼が出てくるだけで、和みました。

それから、日本軍の描き方というのが、なるほどなぁ・・・と思う部分もありました。

楽しめることは間違いないのですが、観る前の期待値が異常に高くなっていた部分があるのかなぁ・・・。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『トランスポーター3 アンリミテッド』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『96時間』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31260863

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『グッド・バッド・ウィアード』鑑賞:

» グッド・バッド・ウィアード [LOVE Cinemas 調布]
『甘い人生』のキム・ジウン監督が西部劇を作ってしまった!「ムチャクチャデイイノダ!」をキャッチコピーに1930年代の満州を舞台で繰り広げられるハチャメチャなアクションが売り。主演は『私の頭の中の消しゴム』のヨン・ウソン、『G.I.ジョー』が記憶に新しいイ・ビョンホン、そして『グエムル -漢江の怪物-』のソン・ガンホ。予告編を観て以来楽しみにしていた期待作です! ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 22時38分

« オススメ!映画紹介『トランスポーター3 アンリミテッド』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『96時間』鑑賞 »