« オススメ!映画紹介『グッド・バッド・ウィアード』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『ぶぶ漬け伝説の謎 裏京都ミステリー/北森鴻』 »

オススメ!映画紹介『96時間』鑑賞

96hours

製作など、関連作品の公開が続くリュック・ベッソンのプロデュース作品。

2007年の映画らしいので日本公開まで2年掛かったのですね。

笑いの要素を一切含まない、ハードなサスペンス・アクション。

政府の秘密工作員として多忙を極め、結果として家族を崩壊させてしまったブライアン。今は部隊を引退し、17歳に成長した娘のキムとの関係を修復するためにカリフォルニアに永住する覚悟を決めた。
ところが、初めての海外旅行でパリに訪れたキムは、何者かに誘拐されてしまう。その時、偶然にも携帯電話で話していたブライアンは、受話器の向こうから愛する娘の悲痛な絶叫が聞こえたとき、地獄の果てまでも犯人を追い詰め、自らの手でキムを必ず奪還してみせると、心に決める。
幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、あらゆる危機に対処できる特殊なスキルを備えていた。通話記録から犯人がアルバニア系の人身売買組織だと判明する。彼等の過去の事例から、事件発生から96時間以内に見つけ出さなければ、被害者の救出不可能だという。
わずかな手がかりをたどって単身パリへ発ったブライアン。キムを救い出せるタイムリミットは刻一刻と迫っていた。

すごい緊張感の連続でした。

カーチェイス、ガンアクションは、いかにもリュック・ベンソン作品という感じで、ワクワクしました。

ブライアンを突き動かすのは、10年以上離れ離れだった娘のためなのだけど、ここまで来ると親バカにも程がありますよね。

幼い頃に言った「歌手になりたい」という一言を今も信じて、当代No.1の歌姫に「娘を歌手にするにはどうしたら良い」と直談判したり、普通しないのでは?

それから、あれだけ売人グループをバッタバッタと殺して、お咎めなしというのがスゴイ。

実際には、元同僚の妨害を受けるのだけど、それも重職についた友人がそのグループに一枚咬んでいて、その保身のために彼をマークしているようである。

他にも、中和薬はどこから持ってきたのか、「処女は扱いが違う」はずなのに、親友のアマンダは無残な状態になっているし、突っ込みところは沢山ありましたが、それも許しちゃうだけのパワーがありました。

リーアム・ニーソンが、渋かったです。

観客は男性客が多かったような気がしました。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『グッド・バッド・ウィアード』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『ぶぶ漬け伝説の謎 裏京都ミステリー/北森鴻』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31262451

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『96時間』鑑賞:

» 96時間 [LOVE Cinemas 調布]
『トランスポーター3』とならんで一挙に2本が公開されるリュック・ベッソン作品。といってもこちらは監督を『トランスポーター』等ではベッソンと共に参加したピエール・モレルに譲り、自身はプロデュースと脚本を務めている。主演は『スターウォーズ エピソード1』ほか数々の名作で知られる名優リーアム・ニーソン。リュック・ベッソンらしいサスペンスアクションに期待大大!... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 00時04分

« オススメ!映画紹介『グッド・バッド・ウィアード』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『ぶぶ漬け伝説の謎 裏京都ミステリー/北森鴻』 »