« オススメ!映画紹介『クリーン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『プール』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『孫文 100年先を見た男』鑑賞

Road_to_dawn

中国の革命家である孫文。

歴史上は余り知られていない、革命前年に亡命していたマレーシア・ペナンを舞台にした、サスペンスになっていました。

1910年。9回目の武装決起に失敗し、マレーシアのペナンへ亡命した孫文。清朝政府は、彼に多額の懸賞金を懸けた。
命を狙われた孫文は、ペナンの富豪華僑の家に身を寄せ、革命資金の調達を続けていた。
そんな中、かつて医者としての孫文を看護士として支え続けてきた女性、陳粹芬と再会を果たし、束の間の愛を確認する。
華僑の娘・タンロンは孫文に興味を抱き、行動と共にすることになるが、彼女の婚約者のルオは孫文暗殺を企てる清朝の密偵だった。
孫文は革命の命運を賭け、資産家たちを集めての演説に臨むのだが・・・。

歴史背景がイマイチ分かりづらいのだけど、孫文という男の魅力は十分に理解できる。

ウィンストン・チャオは、『宋家の三姉妹』でも孫文を演じているので、ビジュアル的には安心してみていられました。

「中国という患者を看る医者であり、治療法は革命」とか、印象的なセリフも多かったです。

また、看護士の粹芬との愛は切ないですね。

革命が終わったら一緒になることを約束しながら、史実ではこの後、離れ離れで死んでいったそうである。

ただ、革命家の愛人とは言え、女性が暗殺者をピストル一つで追いかけるのは、どうかと思いましたが・・・。

この辺はフィクションな世界なのかなぁ、と思いつつ、観ていました。

高飛車なお嬢様を演じたアンジェリカ・リーは、美しいアジア女性ですね。

段々と角が取れて、素敵なレディになっていく過程を見事に演じています。

彼女とルオの恋も切なかったですね。

最後の演説のところでは、暗殺者から孫文を守れるか、誰が仲間で敵なのか、サスペンスタッチでなかなか見ごたえはありましたが・・・。

史実では生き残って革命が成功する訳ですから、答えは分かっているのでした。

割と観客層の年齢は高めの男性が多かったかな。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『クリーン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『プール』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31405918

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『孫文 100年先を見た男』鑑賞:

» 孫文-100年先を見た男- [LOVE Cinemas 調布]
辛亥革命で有名な孫文、彼が革命を成功させる直前、マレーシアでの様子を描いた作品。主演は『宗家の三姉妹』でも孫文役を務めたウィンストン・チャオ。共演に『THE EYE』の主演を務めたアンジェリカ・リー、チェン・ツイフェンが出演している。監督はアンディ・ラウ、イーソン・チェンが主演した「兄弟」のデレク・チウ。久しぶりの中国映画です。... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 21時55分

» 韓国人のボーイフレンド・男友達を作る方法 [安い韓国語会話教室に行くより格安な簡単韓国語勉強法講座/独学学習入門[超らく韓国語マスター術]福永亜由美]
[続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 22時08分

« オススメ!映画紹介『クリーン』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『プール』鑑賞 »