« オススメ!映画紹介『G.I.ジョー』鑑賞 | トップページ | Live! J-WAVE LIVE 2000+9(最終日)@国立代々木体育館 »

オススメ!映画紹介『南極料理人』鑑賞

Nankyoku_ryori

大河ドラマ効果なんですかね?

もの凄い広い客層でした。

しかも、僕が観た回(と次の回)は、立ち見でした。

昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンも、アザラシもいなければ、ウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。
官庁や企業、大学などの研究施設から派遣され、日々研究に励む8人の南極越冬隊員。
海上保安庁出身の西村も単身赴任でやって来た料理人。
孤立無援の僻地で、おにぎりや味噌汁、ラーメンといった毎日の食事や、時にはフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など、絢爛豪華な高級食材を使って、男ばかりの隊員たちに創意工夫をこらした料理をふるまう。
やがて、彼の料理は隊員たちの心を癒していく。

極寒の地で、家族や恋人と離れ離れで寂しくて、しかし、心がほっこりと温かくなるような、不思議な映画でした。

主演の堺雅人の本当は葛藤だらけなのに、穏やかな表情で料理を創るシェフが良く似合っていた。

そして、気象庁出身の隊長を演じたきたろうさんの反則に近いコメディアン振りに笑ってしまった。

この極限状態すら楽しんでいるようなドクター役の豊原功補も可笑しかった。

そして、海上保安庁の同僚の嶋田久作、宇梶剛士もズルイ。笑ってしまった。

俳優達の演技も間違いないが、出てくる料理がとにかく美味しそう。

伊勢海老のフライはどうかと思うし、朝っぱらから蟹もキツイけど・・・。

おにぎりと豚汁、そして、何よりラーメンが食べたくなりました。

と言うか、映画館を出たら、当然のようにラーメン屋にいました!

実際に南極越冬隊に参加した西村淳さんのエッセイが原作ということで、原作も読んでみたくなりました。

本編中の何気ない一言が、スタッフロールの間まで続きます。

これは、たとえ立ち見でも観るべし!

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『G.I.ジョー』鑑賞 | トップページ | Live! J-WAVE LIVE 2000+9(最終日)@国立代々木体育館 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30970425

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『南極料理人』鑑賞:

» その時なにが起こったか!日航123便 御巣鷹山墜落事故 [日航123便 御巣鷹山墜落事故の真実]
日本航空123便(JA8119) 乗員乗客524名のうち520名死亡!御巣鷹山墜落事故の真実 [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 22時09分

» 南極料理人 [LOVE Cinemas 調布]
実際に南極観測隊の調理担当でドームふじ基地で越冬した西村淳のエッセイを映画化。主演は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人。他にも現在『山形スクリーム』が公開中の生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功輔ら個性的な俳優が出演。監督はこの作品が商業長編デビュー作となる沖田修一。越冬隊の毎日を、ユーモラスに描いたハートフルドラマです。... [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 23時07分

» 「南極料理人」西村君、ハラ減ったよ! [soramove]
「南極料理人」★★★☆ 堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補主演 沖田修一監督、125分、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「海上保安庁の料理担当である西村は、 南極ドームふじ基地に派遣される。 食べることくらいしか楽しみのない観測隊員のため、 毎日毎日食事を作り続ける、 料理を作り、食べるシーンが全編の半分くらいの まさに南極ドー... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 07時54分

« オススメ!映画紹介『G.I.ジョー』鑑賞 | トップページ | Live! J-WAVE LIVE 2000+9(最終日)@国立代々木体育館 »