« 愛読書!『空をつかむまで/関口尚』 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '09』@東京・夢の島陸上競技場(1) »

オススメ!映画紹介『セントアンナの奇跡』鑑賞

St_anna

黒人と白人の戦いを描いてきたスパイク・リー監督が、第2次世界大戦中に実在した黒人兵だけのバッファロー部隊を題材にした戦争映画です。

1983年のNY。定年間近の真面目な郵便局員が、切手を買いに来ただけの男性客の頭にいきなり銃弾を打ち込んだ。彼の名はヘクター。犯行に使われた銃は、古いドイツ製のルガーだった。
更に、彼の部屋からは、行方不明になっていた歴史的に貴重なイタリア・フィレンツェの彫像も発見される。
この謎を解くカギは、1944年のイタリア・トスカーナ地方にあった。
ヘクターは通信兵として、黒人だけの部隊の一員として派兵されていたのだった。
1人のイタリア人少年を助けた、4人の黒人兵たちの運命が語り始められる。

観る前は2時間40分は長いかな、と思ったのですが、観終わってみると、それほど長さはきにならなかったかなぁ。

これまでの監督作品的に言えば、アメリカ兵であってアメリカ兵でない黒人部隊を描く、というのは一つのテーマだと思います。

白人からは、人道支援活動に熱心だった「(ルーズベルト)大統領夫人の軍隊」と呼ばれ、救援を無視され、全滅の危機に瀕している。

回想シーンでも、訓練基地近くの喫茶店では入店を拒まれると言った、ありがちなエピソードも描かれていました。

それよりも、黒人差別というものを知らず、一人の人間として接するイタリアの田舎の人々との心の交流の方が印象的でした。

この辺りは、オバマ大統領の熱烈なサポーターである監督が、人種を超えた交流の実現という、未来を託したものとして受け取ることが出来ます。

頭は悪いが心優しい大男や、4人の中では上官になる青年の不器用さとか、彼への対抗心もあって、彼が一目惚れしたイタリア女性を横取りする同僚なども、普通なこととして描かれています。

彼らが助けた少年は、村中が大虐殺に遭い、生き残ったのだけどその時のショックから一緒に逃げて殺された少年が見えたり、不思議な力を持っている。

名前は、アンジェロ。つまり、天使。

彼の存在や、裏切り者となるパルチザンの青年など、宗教的な要素も多分に含まれています。

本当に沢山の人が殺されるのですが、最後には温かいものが残ります。

様々な運命のめぐり合せを奇跡として紐解きながら、最後の奇跡は予想通りですけどね。

号泣している女性もいましたよ。

手放しで良い映画でしたとは言えないけど、色々なことを考えさせられる映画でした。

(満足度:★★★★、オススメ度:★★★☆)

|

« 愛読書!『空をつかむまで/関口尚』 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '09』@東京・夢の島陸上競技場(1) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30835440

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『セントアンナの奇跡』鑑賞:

» セントアンナの奇跡 [LOVE Cinemas 調布]
スパイク・リー監督最新作。社会派で常に人種差別問題を提起してきた監督らしく、今回もその信念が息づいている戦争ドラマです。メインの出演者は「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」デレク・ルーク、『7つの贈り物』のマイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラーの4人。2時間43分の大長編です。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 22時05分

« 愛読書!『空をつかむまで/関口尚』 | トップページ | Live! 情熱大陸『SUMMER TIME BONANZA '09』@東京・夢の島陸上競技場(1) »