« オススメ!映画紹介『3時10分、決断のとき』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『風が強く吹いている/三浦しをん』 »

オススメ!映画紹介『ナイトミュージアム2』鑑賞

Nightmuseum2

真夜中の博物館を舞台に、人形や恐竜の骨格といった展示物たちが大暴れする壮大なファンタジー・アドベンチャーの第2弾。

今回はワシントンDCにある世界最大の博物館・スミソニアンの展示物たちが動き出すということですが・・・。

息子との絆を取り戻したラリーが夜警をしていたニューヨーク自然史博物館が改装されることになった。
夜警の体験をヒントにした発明品で実業家として成功したラリーが、久しぶりに博物館を訪れると、不要になってしまった展示物たちが、首都・ワシントンDCのスミソニアン博物館の倉庫に運ばれようとしていた。
そして、その引越しが終わった夜、展示物の仲間からラリーに電話が入る。ニューヨークに残されるはずだった魔法の石版が猿のデクスターのいたずらで一緒に運び出されてしまい、スミソニアンの展示物たちまでも動き出してしたのだ!
急いでワシントンに向かったラリーは、仲間たちを助けるために石版を取り戻そうとする。
しかし、そこには古代エジプト時代の謎が隠されていた・・・。

前作は息子を取り戻すためという大義名分があって、そこに悪党が絡んできて、ハラハラ、ドキドキのアドベンチャーとして成立していたし、ベン・スティラーのコメディアン振りも見事にはまっていました。

しかし、今回は息子も取り戻し、ビジネスマンとしても成功した主人公が騒動を通じて、「今の自分は幸福か?」と振り返るという展開で、少し弱いかなぁと・・・。

また、NY自然史博物館の皆とは絆が完成していますし、敵役が人間ではなく、かつて夢破れたエジプトの王子、ナポレオンやなぜかアル・カポネという展示物なので、悪役というよりなんだか滑稽な印象が強かったです・。

今回のヒロインは、大西洋横断に成功した女性パイロットのアメリア・イヤハート。

エイミー・アダムスが演じたのですが、この人、一作一作、全く別人のように演じてくれますね。

好奇心が強くて、ちょっぴりプライドが高くて、それでいて可愛らしい。

ユーモラスな演技がよく似合っていました。

今回は三次元の展示物だけでなく、絵画などの二次元の世界にも命が吹き込まれます。

終戦の歓喜の中でキスをする二人の写真の中に逃げ込んだラリーが、その中でも携帯電話が使えるという下りも、それがある伏線になっている点もニヤリとさせられました。

最後まで、お見逃しなく。

夏休みだし、難しいことを考えずに、映画の世界に身をまかせてみれば、このドタバタは楽しめるのではないでしょうか。

(満足度:★★★☆、オススメ度:★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『3時10分、決断のとき』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『風が強く吹いている/三浦しをん』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30975956

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『ナイトミュージアム2』鑑賞:

» ナイトミュージアム2 [LOVE Cinemas 調布]
博物館の展示物が夜になると動き出す!奇想天外なファンタジーストーリーの第2弾。主演は前作と同じくベン・スティラー。共演にはお馴染みのロビン・ウィリアムズやオーウェン・ウィルソン、そして新たにヒロインとして『サンシャイン・クリーニング』のエイミー・アダムスが加わった。製作・監督は前作と同じくショーン・レヴィ。この手の作品で私としては珍しく字幕版デジタル上映での鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 23時04分

« オススメ!映画紹介『3時10分、決断のとき』鑑賞 | トップページ | 愛読書!『風が強く吹いている/三浦しをん』 »