« オススメ!映画紹介『サマーウォーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ノーボーイズ、ノークライ 』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『色即ぜねれいしょん』鑑賞

Shikisoku

個性派俳優の田口トモロヲ氏が、サブカルチャーの申し子・みうらじゅん氏の自伝的青春小説を映画化した。

これ、個人的になんですけど、かなり来てます。

1974年の京都。仏教系男子校に通う高校一年生の純は、ボブ・ディランに憧れ、作曲に燃えてはいてが、女子にもてることもなく、平凡で退屈な毎日を送っていた。
そんなある日、中学時代からの親友である伊部と池山から隠岐島への旅に誘われる。そこに行けばモテモテになるという言葉を信じ、彼はギター片手に向かうことに。
島でのひと夏の出会いと別れを経験したことで、純とその周囲の関係が少しずつ変わり始める。

高校時代にバンドをやっていました。

自作の曲も何曲か作ったけど、ライブとかで公表することもなく、カバーばっかりだったなぁ。

それからユースホステルの会員でした。

隠岐には行ったことはないけど、島や岬の突端のユースは特徴的でしたね。

閉鎖された場所なんだからでしょうか?

2泊もすればやけに仲良くなります。

5、6歳年上でも、同じ旅人としてタメ口だったなぁ。

今も年賀状程度の付き合いが続いていたりしますよ。

ミーティングのキャンプファイヤーはもろ懐かしいし、ユースは基本アルコール禁止なのに、ヘルパーと仲良くなって食堂で飲んだなぁ、とか想い出は尽きないのだけど。

純を演じた渡辺大知君は、神戸の高校生バンドのボーカリストということで、ぎこちない演技が少年の不器用さに合っていたし、学園祭のライブでの迫力は見事でした。

ユースのヘルパー【ヒゲゴジラ】の峯田和伸君が良かった。

父親役のリリーさん、母親役の堀ちえみ(小6の頃、ファンでした)は、理想的な両親だなぁ。

逆にオリーブみたいな女の子には参るよね。

15歳位年上の方の青春と僕の青春がシンクロしたわけですが、じゃあ、今の若者達が見て、どう思ったのだろうか。

非常に興味があります。

(満足度:★★★★☆、オススメ度:★★★★☆)

|

« オススメ!映画紹介『サマーウォーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ノーボーイズ、ノークライ 』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/31037250

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『色即ぜねれいしょん』鑑賞:

» 色即ぜねれいしょん [LOVE Cinemas 調布]
人気イラストレーター・みうらじゅんの同名の小説を映画化。70年代の京都を舞台にした高校生の青春ドラマ。監督は俳優の田口トモロヲ。主演は2000人を越えるオーディションから選ばれた渡辺大知。共演に『USB』の峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美らが出演。予告編を観る限りでは割と地味な感じを受けていましたが、ベタな青春ドラマ好きとしては観たい一作です。... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 00時52分

« オススメ!映画紹介『サマーウォーズ』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ノーボーイズ、ノークライ 』鑑賞 »