« オススメ!映画紹介『ボルト(字幕スーパー)』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『南極料理人』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『G.I.ジョー』鑑賞

Gi_joe

『トランスフォーマー』に続いて、玩具からアニメ、映画と進化した作品が誕生しました。

世界征服を企む悪の組織【コブラ】によって、世界の平和が脅かされようとしていた。
あらゆる物を破壊する力を持つ兵器ナノマイトを盗んだ彼らは、まず手始めにパリのエッフェル塔を破壊する。残る弾薬は3発。
アメリカ政府は世界中から集められた史上最強の国際機密部隊【G.I.ジョー】を送り込み、彼らに戦いを託した。
エジプト、パリ、東京など世界各地を舞台に壮絶な戦いを繰り広げられる!

映画は始まって、いきなり中世ヨーロッパの貴族が出てきて「これ、G.I.ジョーだよね?」と思っていたら・・・。

今度は一転して、【G.I.ジョー】に参加する以前の主人公・デュークが、ナノマイトの護送を任されるシーンが始まる。

そこに敵が現れて、部隊は壊滅。生き残ったはデュークと相棒のリップコードの二人だけ。

敵の女リーダーは、デュークの元恋人のアナだった。

と、何?、何?、何?という間に、世界に引きずり込まれました。

上手いです。

有名であることより、舞台やインディーズ系映画で、しっかりとした演技の出来る役者を配しているのが目に付く。

その中で、初のハリウッド進出作品となったイ・ビョンホンは、脇役の宿命のライバルという位置付けなので、出番的には多くないけど、目立っていました。

忍の末裔ということで、アジア系の俳優を探していて、アクションがマーシャルアーツ系ということで韓国人スタッフが多く、白羽の矢が立ったのでしょうね。

ただアクションだけでなくて、一族を引き継ぐべき立場にありながら、父でもある師匠が、何処の誰とも知らぬ少年を寵愛することに対する不満や屈折した心を引きずったまま大人になった哀しい男をクールに、哀愁感も漂わせながら演じます。

いかにもビョン様目当てのオバ様方も大挙して来場していました。

さて、事件は解決しますが、様々な謎を残したままエンドロールを迎えました。

大統領が核シェルターの中で出逢った人物は誰だったのだろうか・・・?

続編、作る気満々みたいなので、ヒットして欲しいなぁ。

(満足度:★★★★、オススメ度;★★★★)

|

« オススメ!映画紹介『ボルト(字幕スーパー)』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『南極料理人』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30897734

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『G.I.ジョー』鑑賞:

» G.I.ジョー [LOVE Cinemas 調布]
G.I.ジョーと言えばアクション・フィギュア。ある特定の世代以上にとってはかなり入れ込んでいる人も多いはず。本作はこのフィギュアをTVアニメ化した番組をベースに実写化した作品。監督は「ハムナプトラ」シリーズで製作・監督を務めたスティーヴン・ソマーズ。出演は『パブリック・エネミーズ』のチャニング・テイタムや韓流スター、イ・ビョンホン、『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイド他。... [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 01時11分

« オススメ!映画紹介『ボルト(字幕スーパー)』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『南極料理人』鑑賞 »