« オススメ!映画紹介『そんな彼なら捨てちゃえば?』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ナイトミュージアム2』鑑賞 »

オススメ!映画紹介『3時10分、決断のとき』鑑賞

310

1957年に製作された異色西部劇『決断の3時10分』のリメイクということで、年配の、特にご夫婦で来場されている方々が多かったのではないでしょうか。

西部劇というと「勧善懲悪で分かり易いもの」をイメージしますが、この作品はそこに収まっていないのが面白かったです。

干ばつと借金で生活に困り、家族の関係も冷めつつある小さな牧場主のダンは、町で捕まった強盗団のボスのベン・ウェイドを、刑務所がある「ユマ行き3時10分発」の列車に乗せる護送の仕事を引き受ける。
そして、ウェイドの言葉や行動に翻弄され、危険にさらされる護送団のメンバーを一人ずつ失っていく中、ダンとウェイドには不思議な絆が生まれる。
だが、ホテルに身を隠した一行は、追ってきたウェイドの部下たちに包囲されてしまう。見逃せば命と金の保証をすると申し出るウェイドに、ダンは自分の本当の心の内を明かす。そして、銃撃の中を二人の男は列車に向かう。

何気に登場人物が多いので、前半は誰が誰だか整理するのに時間が掛かってしまいました。

ラッセル・クロウのボスはふてぶてしくて、様になっていました。

クリスチャン・ベイルは、借金苦で家族には頼りにされていない牧場主ですが、脚が不自由だし、埃やススで顔を真っ黒なので、勿体無いなぁ、と思っていました。

行動を共にする内に、互いに友情みたいなものが芽生えていくのですが、今回は心の機微を演じるためのキャスティングだったことに気が付くのでした。

ラストの約20分間。ホテルから駅に入って来る汽車に乗り込むまでに、ドラマが凝縮しています。

息付く間もなく、凄いです。

二人の大人の想いが、息子に通じて、この砂漠の牧場で代々受け継がれていけば良いなぁ、と思ったのでした。

2007年製作なので、2年前の作品なのですね。

主演二人の知名度を考えると意外な気もしました。

(満足度:★★★、オススメ度:★★★)

|

« オススメ!映画紹介『そんな彼なら捨てちゃえば?』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ナイトミュージアム2』鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83452/30971684

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!映画紹介『3時10分、決断のとき』鑑賞:

» 3時10分、決断のとき [LOVE Cinemas 調布]
1957年の『決断の3時10分』のリメイク作品。オスカー俳優で最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいラッセル・クロウと『タームネーター4』のクリスチャン・ベイルという2大スターの競演する西部劇です。監督は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のジェームズ・マンゴールド。実はアメリカでは2007年公開済みなので、それぞれの俳優の最新出演作の方が先に公開されていたりします。... [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 21時59分

« オススメ!映画紹介『そんな彼なら捨てちゃえば?』鑑賞 | トップページ | オススメ!映画紹介『ナイトミュージアム2』鑑賞 »